名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

エリック・バーンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エリック・バーンのプロフィール

エリック・バーン。カナダの心理学者。ケベック州出身。マギル大学で医学博士号を取得。ニューヨークとサンフランシスコの精神分析協会で精神分析医の訓練を受けた。その後、新しい集団療法の研究を行った。著書に『性と愛の交流分析』『人生ゲーム入門 人間関係の心理学』ほか。

エリック・バーンの名言 一覧

過去と他人は変えられない。しかし、いまここから始まる未来と自分は変えられる。


エリック・バーンの経歴・略歴

エリック・バーン。カナダの心理学者。ケベック州出身。マギル大学で医学博士号を取得。ニューヨークとサンフランシスコの精神分析協会で精神分析医の訓練を受けた。その後、新しい集団療法の研究を行った。著書に『性と愛の交流分析』『人生ゲーム入門 人間関係の心理学』ほか。

他の記事も読んでみる

内藤誼人

物事をスッパリと白か黒かで分けてしまうような話し方は、よくない。断定的な口調、決めつけるような発言をすると、聞かされる相手は、ムッとすることが心理学のデータからわかっているからである。ほかにいくらかは考える余地があるようなあいまいさを残しておくのがポイントだ。断定的な話し方は鼻につく。


小林正明(アートディレクター)

かつての大企業なら、たった1枚の広告写真や1つのビジュアルで自社の主張を表現すればよかったのです。しかし今は、多くの人が使うスマートフォンの小さな画面で、常にコミュニケーションをしなくてはいけません。


貞末良雄

お客様の評価を獲得しさえすれば、自動的に会社は伸びる。


仲暁子

「ハードワークはもう時代遅れ」という論調が目立ちますが、一方で、「イノベーションは濃密なコラボレーションからしか生まれない」というのも真理だと思います。米アップル社のiPhoneのような世界を一変させた革命的製品は、チームが物理的に同じ空間で濃密な時間を共有し、膨大なハードワークを積み重ねた上に成り立っています。


小堀秀毅

いま言い続けているのは「三現主義」だ。杭打ち問題も、現場で起きていることを管理者が把握していなかったことがポイントになった。自ら現場に行き、現物を見て、現実を知ることを各層で積み上げていく。


前田修司

文章で表現しようとすると、文字を細かく追う必要がありますし、人によっては読み飛ばす個所が出てきたり受け取り方にニュアンスの差が生まれてくるでしょう。そうなると、メンバーの意識を整えるのに時間がかかってしまいます。その点、絵や図解だと、誰もが感覚的に理解できますし、認識にズレがなくなるのです。


江上治

「私には、何もプラス面が思い浮かばない」という人がいるかもしれない。たいへん謙虚な人だろうとは思うが、そのような人でも、明確にプラスとは言えなくとも、プラスにできる「種子」は拾うことができるのではないか。種子さえ見つけられれば、それを育てて大木にすることも夢ではない。


角田秋生

米国や南米に進出して35年以上が経ちましたが、年数と経験を重ねていくと、だんだんと各国で共通の課題が表れてきます。日本で30年前に起きた課題がいま、北米で起きているということもあります。そんな時は、過去にその課題を解決したことのある日本のインストラクターが北米へ行き、自分の経験を語ることが可能です。日本で長い時間をかけて見いだした解を、知恵として伝授できます。これは、世界中で同じ教材を使っている強みのひとつであり、私たちの価値観を共有するうえでとても役立っています。


ポール・ハドソン

成長を持続させていくためには、変化を先取りしながら、より良い医薬品を適切なタイミングで提供していくことが不可欠です。これを確実に実践するべく、優れた能力をもつ各部門のリーダーが結集し、互いに問題を共有しながら、会社のミッションやビジョンに沿って部門ごとの役割を果たしていく。そのような組織体制が必要です。


小杉俊哉

気分というものは単純です。楽しいことがあったから、内側から楽しい気分が生じるのではありません。明るい色のネクタイを締めて出社する。女性なら、化粧に気合いを入れる。そうした外側からの働きかけでコントロールできるものです。


出井伸之

若いうちはその時のことで精一杯でしょう。18歳になったら10年後のこと考えるように孫に言いましたが、「青春を謳歌しているのにそんな先のことを考える余裕など無い」と返されてしまいました。しかし、それでも若い頃から考えることに意味があります。


鎌田正彦

M&Aが成功するかどうかは人です。私はこれまでいくつもの企業や人に投資をして経験を積んできました。買収した会社に単身で行って、私という経営者をただで買ったと思ってくれ、将来はこういう会社にしよう、一緒に夢を見ようと毎晩のように交流して相互理解を深めます。