名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

エリザベート・バダンテールの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エリザベート・バダンテールのプロフィール

エリザベート・バダンテール。フランスの哲学者、歴史家、フェミニスト。著書に『母性という神話』『ふたりのエミリー』『母性のゆくえ―「よき母」はどう語られるか』。

エリザベート・バダンテールの名言 一覧

愛とは非常に不安定なもの。そして、それは日々築いていくもの。


エリザベート・バダンテールの経歴・略歴

エリザベート・バダンテール。フランスの哲学者、歴史家、フェミニスト。著書に『母性という神話』『ふたりのエミリー』『母性のゆくえ―「よき母」はどう語られるか』。

他の記事も読んでみる

糸井重里

僕らはどんな仕事も、心配よりもやりたいという動機を大事に動いてきた。


樋口廣太郎

スーパードライが市場に出た時、業界の間では「あのつくり方は昔から理論的にはわかっていた」という声も聞かれました。しかし実際にやらなければ何の意味も持たない。スーパードライはまさしくコロンブスの卵だったわけです。前例がないから「やらない」のか、前例がないから「やる」のかここで大きな差が出たわけです。


森正文(経営者)

クロージングではとにかく「いま決めてください」といっていました。創業当時は私ひとりの会社だったので、すぐ次の営業先を訪問しなくてはならず、そうとう忙しかったのです。商品説明をするときも、最後まで説明して断わられると、大きなエネルギーの消耗と時間の無駄になります。もちろん相手にとってもです。ですから、まず最初に「こういうサービスのご案内にうかがいました。ご興味ありませんか?」と質問し、相手が「興味がある」と答えれば説明を始める。説明が一区切りついたら「この先もお聞きになりますか?」と質問して、「聞きたい」と答えたら続ける。これを繰り返して、最後のクロージングにつなげていました。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

靴屋は靴のほかに何も作れない。しかし、素晴らしい靴を作ることができる。


藤田晋

企画会議などでは、アイデアを通したい気持ちが出過ぎて、不都合な事実をあえて記載しない資料を用意してくる人もいます。そんなな人を騙すような資料でも、疑いを持たずに真に受けてしまう人がいるから困ります。資料には思考の整理や理解を助けるという利点がありますが、一方で思考の枠を狭めたり、停止させてしまう危険性を秘めていることも覚えておきましょう。


村田昭治

人間は普通、他人を見る眼はきびしく自分に対しては甘い。だから折に触れて歯に衣着せぬ指摘や忠告をしてくれる先輩・友人をもつことは、特に経営者、リーダーには必要。良きアドバイザーは人生の大きな宝となる。


山田進太郎

海外展開をアメリカから始めたのは、アメリカが世界の縮図だからです。アメリカの多様な人種の中で受け入れられるサービスをつくれば、世界のどこででも通用します。実際、フェイスブックやグーグルなど、世界中で使われているインターネットサービスはほとんどアメリカ発。アメリカは市場の競争が激しく、人件費も高くて大変ですが、アメリカで成功しなければ世界はないと考えています。


ロバート・キャプラン

最新作の冒頭には『孫子』の兵法書の一部を引用しました。「戦術のない戦略では勝利への道のりは遠い。戦略のない戦術は敗北前の騒音である」。経営戦略を遂行するうえで、戦略と業務を連携する重要性を実によく表しています。


アルバート・アインシュタイン

年老いて腰が曲がったものには、死は解放としてやってきます。自分自身が年老いて、死を最後には返さなければならない古い借金のようなものだと思うようになったいま、つくづくそう感じます。


伊藤與朗

日本はいま、深刻なデフレと言われていますが、30年前の苦労を知らない経営者がバブルに乗ったツケが大きいのではないでしょうか。要は、自分の実力を知らなすぎたのです。本来、東京にドーム球場を建設したって採算が難しいのに、福岡に作ればどうなるか、自明の理でしょう。昨今は経営破たんが相次いでいますが、危機感が乏しく、身の丈を超えた経営をやってきた会社がみんな駄目になっています。


坂本朝夫

専門職人が分業してつくり上げる漆器の工程を身につけるのは一生かかってもムリ。それなら、私のやり方で、全部自分でつくれるようにしようと。ほかではやらない、自分が欲しいモノだけをつくろうと決めた。


米山公啓

効果的に集中力を高めるには、外界の雑音をシャットアウトして、何もせずにぼんやりとする瞑想タイムが有効です。脳が受け取る情報の8割は目から入ってくると言われます。そこで目を閉じることで、外から入ってくる情報はかなり遮ることができます。そのままぼんやりした状態に入れば、脳はリラックスしながらも活性化したアイドリング状態に入ります。これは瞑想に近い状態です。そこから仕事に取りかかると、作業効率が格段にアップし、記憶力が増す、ひらめきが冴えるなど脳のパフォーマンスが向上することを感じるはずです。