名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

エリザベート・バダンテールの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エリザベート・バダンテールのプロフィール

エリザベート・バダンテール。フランスの哲学者、歴史家、フェミニスト。著書に『母性という神話』『ふたりのエミリー』『母性のゆくえ―「よき母」はどう語られるか』。

エリザベート・バダンテールの名言 一覧

愛とは非常に不安定なもの。そして、それは日々築いていくもの。


エリザベート・バダンテールの経歴・略歴

エリザベート・バダンテール。フランスの哲学者、歴史家、フェミニスト。著書に『母性という神話』『ふたりのエミリー』『母性のゆくえ―「よき母」はどう語られるか』。

他の記事も読んでみる

小倉広

アドラー心理学では、人を育てるには「上から評価して褒める」のではなく、「横から勇気づける」ことが有効だと考える。褒めることの正体は依存心を育て自律性を奪うという意味で「勇気くじき」にほかならないわけだが、では、人はどんなときに最も勇気が湧くかといえば、組織や共同体への貢献を「横から感謝された」ときである。


関根眞一

理詰めでこちらの過失を突いてくるタイプの人には、「おっしゃるとおりです」「勉強になります」そう繰り返していると相手は「言っていることは伝わったし、自分もネタが切れてきた」という感じになってきます。理詰めでくる人にはつい対抗したくなりますが、時間の無駄です。挑発されても、乗っかってはいけません。そんなときは「すみません、お手洗いに行ってもいいですか」とでも言って場を崩すといい。戻ってきたら「話はどこまでいきましたでしょうか」と言えばよいのです。


永山治

これまでの薬や診断薬は今後も中心として残ります。でも、それ以外で患者さんやお医者さんが求めているソリューションがあります。今までは薬は症状がある人に全部使って、3割効いたとか4割効いたとかいう世界でした。そこで、事前に遺伝子的に効かないことが分かっている場合には事前に外すということが可能になるように、バイオマーカーとセットで薬を開発するようにしています。


鈴木喬(経営者)

うちは「製造業」というより「お客様満足業」。お客様の好き、嫌いで戦っている世界です。今、生きているのが不思議ですね。毎日バクチをやってるようなもの。一寸先は闇ですよ。


斉藤惇

価値の転換をしなければ、このままでは日本の将来世代は大変になる。「仕事がなければ、自ら会社をつくる」という若い起業家たちを育てる環境が必要です。


澤田秀雄

新しい試みをするときは、上がまずやって見せ、それから教えて実行させることが大事。


林真理子

私自身、ずいぶんとお金を使ってきました。おいしい食事、着物、洋服先やバッグなどのブランド品、家具などなど……。あのレストランで食事をしてみたい、あのブランドのコートを着てみたい、最高級の生地で和服をつくりたい。そういった、いろいろな欲望を満たすために使うお金は、有意義なお金だと思っています。本当においしいお寿司もフレンチも、食べてみなければおいしさを知る由もない。歌舞伎だって、劇場で観て初めて、いかにすばらしいかがわかる。


矢作兼

人生も偏ってるほうがいいよ。だから、40代になっても小さくまとまらないようにしたい。大げさに言えば、仕事がなくなってもなんとかなるぐらいの、自由な気持ちを持ち続けていたい。


植木義晴

プライドは本人が自発的に持つこともできますが、私は周囲に宣言するという方法を取りました。副操縦士の頃から「誰よりも優秀な機長になる」と公言していたのです。言った以上は、努力を怠るわけにはいかない。私は自分が人の影響を受けやすいと知っていたので、目標を宣言してしまえば、周囲の目を意識せざるを得ないだろうと考えたのです。有言実行を旨とし、自分を常に高みに置くことで、機長に必要なプライドが自然に養われたように思います。


樺沢紫苑

最近は効率を重視して、パソコンでメモを書くビジネスパーソンが増えていますが、直感力を鍛える意味では、これはあまりお薦めできません。手書きのメモのほうが「これが重要です」と脳の中で強調され、情報が整理されることが脳科学の研究でわかっています。直感をもとにしたアイディア出しは、ざっくりでよいので紙にメモ書きしたほうが思わぬアイディアが浮かびやすいですよ。


東国原英夫(そのまんま東)

私にとってノートを書くことは、あまりにも生活の中に溶け込んでいて、コツなどを改めて考えたことはないですね。とにかく、ひたすら書くだけ。常に持ち歩いているA6サイズの大学ノートは「知識ノート」と呼んでいます。


山田昌弘

どんなにモノがあふれていても、人はひとりぼっちで幸せになることはできません。自分自身で選びとり、努力して維持していく「つながり」こそが、今後の新しい幸福の源泉になるでしょう。