エリザベート・バダンテールの名言

エリザベート・バダンテールのプロフィール

エリザベート・バダンテール。フランスの哲学者、歴史家、フェミニスト。著書に『母性という神話』『ふたりのエミリー』『母性のゆくえ―「よき母」はどう語られるか』。

エリザベート・バダンテールの名言 一覧

愛とは非常に不安定なもの。そして、それは日々築いていくもの。


エリザベート・バダンテールの経歴・略歴

エリザベート・バダンテール。フランスの哲学者、歴史家、フェミニスト。著書に『母性という神話』『ふたりのエミリー』『母性のゆくえ―「よき母」はどう語られるか』。

他の記事も読んでみる

重久吉弘

日本人には他国民にはない、柔らかい心、フレキシブルな心があると思っています。私はこれは非常に大事なことだと考えていますが、どこの国の人もこれを必ず評価してくれます。日本人の柔軟性というか、柔らかさは世界ナンバーワンだと思います。


林悦道

ルールに守られた格闘技のスキルは、実際の喧嘩では意外なほど役に立たない。それと同じで、交渉術やマーケティング術をいくら勉強しても、現実の企業間競争では応用できないはず。企業同士の喧嘩に強くなるには、教科書的ではない別のノウハウが必要になる。


本田直之

新聞やテレビ、ウェブなどのフロー型情報は、「よい情報」をインプットしようとすると、新聞は端から端まで、テレビのニュースも漏れなく、ウェブの巡回も欠かさないというパッシブ型の勉強になってしまいます。これでは必要のない情報まで採り込んで、身動きがとれなくなってしまいます。フロー情報選びはアクティブ思考で、「自分に必要なもの」だけをセレクトしましょう。新聞やウェブも「必要なものは何か」という視点でチェックします。


小杉俊哉

始める気力が出ないとき、私なら、まず難易度が低く、簡単にできそうな作業から着手します。資料を集めるなど、考えずに事務的にできる作業です。頭を使う大変な作業はなるべくあとに持っていきます。


原田泳幸

無駄な仕事を削ることで、新しい発想も生まれるはず。捨てるべきものは捨てながら進んでいかないと仕事の効率は上がりません。「6時以降は働くな」は前のアップルでも実施したこと。それでもビジネスが滞ることはありませんでした。むしろ仕事の質が上がる。そういう経験のうえで進めていることです。


浅田次郎

僕自身も戦後生まれだから、戦争はまったく知らない。知らなさのレベルはおそらく皆さんと同じです。僕が物心付いた昭和30年代には東京は完全復興していました。焼け跡もなければ闇市もなくて、戦争は遠い昔話だった。でも、年代が物理的に近い分、多少は戦争についての生の声を聴いています。父が軍人だった世代だし、母だって学徒動員で工場に行っていた世代ですからね。だから、今の若い人より多少はリアルに戦争を書けるのかもしれません。


玉塚元一

経営判断は瞬時にしなくては現場が迷う。


ジョン・A・ソルハイム

「PINGの商品サイクルには一貫性がない」という声もよく聞かれますが、これこそがPINGのモノ作りに対するこだわりであり、新製品に関して、前作の性能を超える最高の結果、最高の評価が出たときにだけ発売しているため、それ故に商品サイクルなどはなく、新製品に関して絶対の自信を持って発売しているのです。


中島孝志

直感を働かせることができないのは、論理的思考が邪魔するから。物事を筋道立てて考える論理的思考はビジネスの王道。けれどそれは「少ない手間やラクをして、すぐに結果を出したい」というコスパ重視の考え方でしかない。だから、じつは正解かもしれない「直感的な答え」が浮かんでも、無意識にふるい落としてしまう。前例がない。突拍子もない。つまり「コスパが悪い」と。結果、マーケティングなどのデータに基づく、二番煎じで似たり寄ったりな答えしか出せない。


依田宣夫

健全な家庭生活を行うには、その日その日のキャッシュフローを把握するだけでは無理です。資産と負債と損益の正確な会計情報がなければ、意思決定はできません。企業では常識なのだから、過程に複式簿記をという発想は大切だと思います。


カスヤナガト

僕も20代の頃はいろいろなことに怒っていました。でも、ふてくされていたって仕方がありません。では、どうすればいいか。行動し、勝ち取るしかないんです。


朝倉千恵子

相手に成長してほしいと強く思うからこそ、厳しくしたり叱ったりしたくなる。本気で向き合っていたら、褒めるだけというわけにはいきません。


佐藤達哉(サトウタツヤ)

人は新たな価値を理解できればどんな情報でも受容できる。


久米一正

交渉も恋愛と同じ。押してばかりではダメなんです。押したり、引いたりがあってこそ、こちらの提案に興味を持ってもらえる。


滝久雄

UCLAのある教授が私にこう言いました。「滝さん、日本はすごいね。とくに東京の都市鉄道はすごい。路線の長さ、輸送量はもちろん、排ガスもなく、クリーンで安全。ロスはいま、排ガス問題が深刻だから、鉄道交通を再評価しているんですよ」と。この一言が私のライフワークを決定づけました。帰国後、すぐに鉄道ビジネスの世界を徹底的にリサーチして、駅広告の分野に大きな可能性を見出しました。都市の鉄道および駅に新しい付加価値を創造することを、自分のライフワークにしようと決めたのです。


ページの先頭へ