名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

エリザベス一世の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エリザベス一世のプロフィール

エリザベス一世。テューダー朝第5代目にして最後の国王。有能な顧問団を従え政治を行い、安定的な運営を行った。エリザベス一世の統治期間はエリザベス時代と呼ばれ、イングランド黄金時代とされている。

エリザベス一世の名言 一覧

私がここに来たのは、皆と生死をともにするつもりであり、王国と国民の名誉のために命を捨てる覚悟だからです。
【覚書き|スペインの無敵艦隊との戦いに出発するイギリス軍に対しての激励の言葉。女王が最前線に来ての励ましに、イギリス軍は奮起し、当時世界最強と言われていたスペイン無敵艦隊に勝利する。この勝利の後、イギリスが制海権を握り大英帝国の輝かしい歴史に進み始める】


エリザベス一世の経歴・略歴

エリザベス一世。テューダー朝第5代目にして最後の国王。有能な顧問団を従え政治を行い、安定的な運営を行った。エリザベス一世の統治期間はエリザベス時代と呼ばれ、イングランド黄金時代とされている。

他の記事も読んでみる

イチロー(鈴木一朗)

僕にとっては、高校を出てすぐの92年にプレーしていたオリックスの2軍、あのチームの雰囲気は最高でしたから、すごく楽しかった。でも、楽しいのと面白いのとは、ちょっと違うと思います。いまだって、草野球の中に入って野球をやれば楽しいし、きっと笑いっぱなしですよ。でも、おもしろさというのはそういう次元では味わうことができない。


三枝利行

東急という名前がすでにブランドになってしまったので、ある意味、仕事の話は外から来るわけですよ。中に籠っているだけでもそれなりに仕事になってしまう。でも、事業を拡大していくためにはやっぱり外に出て、新しい情報に触れるとか、未知の人と出会ったりすることが大切なのです。そういうことをやらないと会社は大きくなっていかないし、組織を革新することもできません。だから、社内のルールをぶち壊せといつも言っているのですけどね。


鬼頭宏昌

すきまビジネスはちょっとした思いつきや日常のふと感じたことがヒントになることが多い。大上段に構えたビジネスアイデアよりも、すきま時間の思いつきこそビジネスの可能性がある。


小池百合子

しっかりした改革を行うためには、外部からの目を入れ、高いレベルでの透明性と公正性を担保する必要がある。


三木雄信

議事録については、社内でフォーマット化しておくことを勧める。できればA4一枚を基本とし、記載は必要の最低限のポイントのみで、わかりやすく書き記す。そして、上司にもプリント配布かメール送信で報告し、チェックを受けよう。


坂之上洋子

相手が本当に望んでいるものは何か、それは本当に必要なのか。どうすればベストなのかを考え抜くことが大切です。


大宅壮一

わかりやすい表現を恥じる必要はない。難しい文章を書くのは概して頭の悪い人に多い。頭のよい人は物事を咀嚼(そしゃく)して、わかりやすく書くものである。


石黒和義

部長でも取締役でも社長でも、常にプレイヤーであるという気持ちは持ち続けていたいと思っているのです。その気持ちが人材を育てることにもなり、自分自身の楽しみにもなるからです。


大塚万紀子

その人に期待している役割をしっかり言語化して伝えることも大切です。「課長」「部長」といった役職の名称ではなく、仕事の内容や職責の幅に可能性を感じる人が、今後男女問わず増えていくでしょう。登用を打診する経営側の戦略が肝要です。今、女性活躍が目標として掲げられているのは、男性にはない、女性ならではのアイデアや能力をイノベーションにつなげ、企業の成長や社会への貢献をもたらすためです。単にジェンダーの問題としてではなく、日本の企業が活力を取り戻すための経営戦略としてとらえるべき課題なのです。


野間口有

私は研究所の時代から今日まで、「ヒット商品をつくれ」とは言わないできました。意識してヒットを狙うのではなく、自然にヒットが出るような体質づくりこそ大切だと考えているからです。常に技術を磨き、工夫して品質改善を重ねる。足腰を鍛え、鋭いスイングのできる筋肉や技術を蓄える。土壌があればヒットは自然に生まれるはずです。


辻本良三

このゲーム(モンスターハンター)では、企業としてユーザーに話題を提供することに注力しました。ただ、イベントなどを連発して盛り上げすぎることには注意しています。テンションが上がりっぱなしだと、疲れて飽きられてしまうかもしれませんから。


佐々木常夫

厳しく注意をしても部下の態度が改まらないということは、部下の心に言葉が響いていないということです。だから、上司が何を言っても、真剣に耳を傾けようとしない。これは、上司と部下のあいだに信頼関係が成立していないということです。