名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

エリザベス一世の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エリザベス一世のプロフィール

エリザベス一世。テューダー朝第5代目にして最後の国王。有能な顧問団を従え政治を行い、安定的な運営を行った。エリザベス一世の統治期間はエリザベス時代と呼ばれ、イングランド黄金時代とされている。

エリザベス一世の名言 一覧

私がここに来たのは、皆と生死をともにするつもりであり、王国と国民の名誉のために命を捨てる覚悟だからです。
【覚書き|スペインの無敵艦隊との戦いに出発するイギリス軍に対しての激励の言葉。女王が最前線に来ての励ましに、イギリス軍は奮起し、当時世界最強と言われていたスペイン無敵艦隊に勝利する。この勝利の後、イギリスが制海権を握り大英帝国の輝かしい歴史に進み始める】


エリザベス一世の経歴・略歴

エリザベス一世。テューダー朝第5代目にして最後の国王。有能な顧問団を従え政治を行い、安定的な運営を行った。エリザベス一世の統治期間はエリザベス時代と呼ばれ、イングランド黄金時代とされている。

他の記事も読んでみる

佐藤可士和

僕は仕事の時に物事を考える手順を決めています。流れを簡単に言うと、まず、考える材料になる情報を集めます。次に情報を基に「切り口」を決める。例えば今回の場合、「全く新しいデザイン」「現行の社章のアップデート」という方向性のことです。切り口を決めたら、それに基づいて具体的に、すべきことを考えて実行に移す。


楠本修二郎

僕たちは渋谷の「キャットストリート」の再開発や、各地のカフェやレストランの運営を通じて、暮らし方や世代の異なる多様な人たちを「混ぜこぜ」にして、その地域ならではのコミュニティの場をつくってきました。異なるライフスタイルの人たちが集まると、温かい交流が生じて街は活気づきます。


岡田尊司

答えを一番よく知っているのは本人であり、自らそれを発見したときこそ最大の力を発揮する。だから徹底して話し手主導でないといけない。


中村貞裕

オンタイムでもオフタイムでも、人脈を広げ、たくさんの人と接していると、自分の中にフックができます。すると、何かをプロデュースしたいと思ったとき、自分のフックにひっかかったものを掘り下げれば、それが昼の仕事にもつながります。


本庄八郎

みんなが反対するものほど売れる。


横田英毅

(販売ノルマやきつい成果主義について)そのようなやり方は目先の「対処」であって、本質的な「解決」にはなりません。


舟橋孝之

一度つながりができた顧客に対して、作物を手入れするように地道に関係を育てて、リピート受注や紹介受注につなげていく「農耕型営業」が重要になってきました。農耕は、タネをまいたら水や肥料、ときには草むしりが必要になるなど手間がかかるものです。しかし手をかければかけるほど、一度だけでなく来年、再来年と繰り返しての収穫が期待できます。ですから、営業として長く成果を挙げ続けようと思うなら、農耕型営業を意識したアフターフォローが不可欠なのです。


松田丈志

日本代表キャプテンという役割にのしかかる責任は決して軽くはありません。だけどそれを重荷に感じすぎると、変な緊張が伝わってチームにいい影響をもたらさない。だから僕は「与えられたポジションが自分を成長させてくれる」と考えました。自分にプラスになることがチームにもプラスに働くと信じて、楽しんでキャプテンを務めようと。


ジャック・ウェルチ

現状、どの企業でも行われている予算策定プロセスは、誰も望まない類のものだ。非生産的と言ってしまったほうがよっぽど正しい。市場に変化が起こっているのに数字を作ろうとするような思わしくない行動に人を走らせる。それは会社からエネルギーと楽しさを吸い取ってしまう異常なものだ。たいていの予算策定のプロセスは現実から切り離されているからだ。


伊勢谷友介

物理的なものが幸せではないと若者は感じ始めています。だから、新たな価値観を提供できると思っています。それは、「人から生かされることが大事なんだと思えること」です。そういう人は当然、人を生かそうとする人ですから、互いを高め合うことができる。利他の究極というのは、必ず返ってくると思うんですね。そういうことを子供にも伝えたいと思っています。そのためには、自分の命も顧みず、世の中を変えようと思わない限り、変わらないと思っています。


清宮克幸

僕はずっと、どこで相手に勝つんだと選手に言ってきました。そのひとつがスクラムでした。勝ちにこだわるならキックでもよかったけど、自分たちらしさを出すという部分で意味がった選択でした。


井手明彦

経営計画は会社の命運を握る大事な方針です。今思えば、最初から関係者とひざ詰めで議論し、積み上げていくべきでした。半年後、姫野庄三委員長には「もっときちんと説明してくれれば協力したのに」と言われました。会社を良くしたいという思いは共通だったのです。
【覚え書き|経営計画部時代を振り返っての発言】