エリザベス一世の名言

エリザベス一世のプロフィール

エリザベス一世。テューダー朝第5代目にして最後の国王。有能な顧問団を従え政治を行い、安定的な運営を行った。エリザベス一世の統治期間はエリザベス時代と呼ばれ、イングランド黄金時代とされている。

エリザベス一世の名言 一覧

私がここに来たのは、皆と生死をともにするつもりであり、王国と国民の名誉のために命を捨てる覚悟だからです。
【覚書き|スペインの無敵艦隊との戦いに出発するイギリス軍に対しての激励の言葉。女王が最前線に来ての励ましに、イギリス軍は奮起し、当時世界最強と言われていたスペイン無敵艦隊に勝利する。この勝利の後、イギリスが制海権を握り大英帝国の輝かしい歴史に進み始める】


エリザベス一世の経歴・略歴

エリザベス一世。テューダー朝第5代目にして最後の国王。有能な顧問団を従え政治を行い、安定的な運営を行った。エリザベス一世の統治期間はエリザベス時代と呼ばれ、イングランド黄金時代とされている。

他の記事も読んでみる

吉田耕次

仕事で使う言葉限られていて、初歩の英語を少し変えるだけで事足りる。


御手洗冨士夫

経営者に求められるのは国際感覚があることだ。いろいろな価値観がある世界で、フランスに行けばフランス人と同じ考えで行動できる人、それが真の国際人だ。当社は151か国と付き合っているので、どの国の人でもその考え方が理解できるようなマルチ文化的な人間が求められる。単に海外経験が長ければいいというものではない。


河上和雄

私は「嫌なものはイヤ、好きなものはスキ」という判断で生きてきた。


川本隆一

企画書で最終的に相手を説得するには、読み手が見たことも聞いたこともないものを、いかに上手な比喩で表現するかも重要です。技術者として図面を描くときは、あらかじめ完成図のブループリント(青写真)が頭の中にできているものです。しかし、部外者に説明するとき専門用語を使っても伝わりません。


吉越浩一郎

これはいい習慣だなと思ったら、TTPするといいでしょう。TTPというのは「徹底的にパクる」の意味だそうです(笑)。「これは!」と思う仕事のやり方はどんどん真似て、自分の血肉にする。そうすることで、仕事の成果は目に見えて伸びていくことでしょう。


前澤友作

楽しく働くためには、会社の環境づくりはもちろん大事です。だから6時間労働をはじめとして様々な仕組みをつくっているのですが、一番大事なのはスタッフ一人一人の自発性を引き出すことだと思っています。


泉谷しげる

ハッキリ言えば、相手を尊敬してりゃあ挨拶するのよ。どんなに礼儀がなってないヤツでも、その人の前で立ち上がる。


内藤誼人

自分の味方は誰かを平時に判断するのは不可能に近い。心理学者でもない限り、他人の心を確実に見抜くことなどできません。その点、足を引っ張られ左遷されるといった状況に陥るのは、味方を見極めるという意味で実はいいことなのです。本当に信用できるのは誰かよくわかる。逆境にある自分に対し、いつもと変わらず連絡を絶やさずくれるような人は、間違いなく信用に値します。


島田安浩

夢を現実化することでどんどんチャンスが舞い込んできます。その流れを作るためにはまず自分の頭でイメージし、行動に移すことが大切。


五十嵐和也(コンサルタント)

士業の能力を分解すると、「受注力×満足獲得力」となると思います。資格を取り満足獲得力が高い人はとても多いのですが、それだけで顧客が獲得できると考えている人もまた、非常に多い。


三木谷浩史

新しいことを始めようと思ったらベンチャーしかありません。GE(ゼネラル・エレクトリック)はすごい会社だけれど、GEが米国を変えるとは誰も思っていない。変えるのはやっぱりベンチャーですよ。


観世清和

稽古を積み、余計なことを考えず、平常心を心がけることが大事。


山本真司

企業でも個人でも、競争で勝ち残るために不可欠なのは、唯一無二の存在になること、自分を差別化する戦略です。そのためには、差別化できる分野に、時間とエネルギーを集中させなくてはなりません。その際、資源は有限ですから、「これはやる。これはやらない」という「捨てる意思決定」が必要になります。


奥島孝康

僕自身、いまごろになって、ようやく恩師や両親から受けた恩に気づくことがしばしばある。おそらく、いまだに気づかない恩もきっと多いに違いない。


樋口泰行

マイクロソフトはパソコン向けに数を売るビジネスから始まったため、なるべく人を少なくして、製品開発にできる限り投資し、マーケティング力で需要を喚起する考え方でした。しかし、法人向けは、お客様にきちんと説明し、ニーズに合った製品をお届けしたうえで、保守していくというビジネスモデルですから、まだまだ人は足りないと思います。


ページの先頭へ