エリザベス・キューブラー・ロスの名言

エリザベス・キューブラー・ロスのプロフィール

エリザベス・キューブラー・ロス。スイス出身の精神科医。スイス・チューリッヒ出身。チューリッヒ大学医学部卒業後アメリカへ渡る。人が死ぬ際の心の準備ができるようにするプログラム「キューブラー・ロス・モデル」を開発した。

エリザベス・キューブラー・ロスの名言 一覧

言葉を超えた沈黙のうちに、死に行く患者と一緒に座る力と愛とを持った人たちは、この瞬間が恐ろしくも痛ましくもなく、肉体の機能が平和のうちに終わる瞬間であることを知るであろう。人間の平和な死を見るとき、我々は消え行く星星を想う。広大な空にまかれた何百万もの小さな光の一つが、一瞬きらめいて永遠の無限の中へ消え去っていく。


エリザベス・キューブラー・ロスの経歴・略歴

エリザベス・キューブラー・ロス。スイス出身の精神科医。スイス・チューリッヒ出身。チューリッヒ大学医学部卒業後アメリカへ渡る。人が死ぬ際の心の準備ができるようにするプログラム「キューブラー・ロス・モデル」を開発した。

他の記事も読んでみる

岩田松雄

リーダーは私心をなくし、世のため人のためという気持ちを持たなくてはならない。


藤田紘一郎

実は最近の研究で、人間の健康の大部分は「腸内環境」で決まることがわかってきています。腸内にはおよそ二百種百兆もの腸内細菌がいて、これら無数の腸内細菌が腸内に「腸内フローラ」という「細菌のお花畑」を形成しています。それが活性化すればするほど、健康にいい影響を与えます。そして、そのためにはより多くの種類の菌を取り込むのが一番なのです。


ピーター(池畑慎之介)

理想は、求められれば何色にも変化できる無色透明な存在であること。本質の部分を磨き、柳のように揺れながら、しなやかで折れない人生を歩んでいきたい。


伊藤信吾

安い豆腐に未来はありません。たくさん売れても利益が出ないから、開発にお金もかけられない。僕は、とにかく美味しい豆腐を適正な価格で提供していきたいんです。


松本紹圭

奥底にある不安や恐れを、真のリーダーと呼ばれる人は必ず乗り越えています。


冨安徳久

祖母や両親は、自らが模範になって私に大切な事を教えてくれました。私はそれを「静かなる躾」と呼んでいます。


柳弘之

米国アトランタで物流と生産管理に携わっていたとき、工場には不良品の山ができ、生産計画が時々刻々と変化する状況でした。そのアメリカでの経験から私が学んだのは、生産計画や進捗の状況などを「見える化」する重要性です。生産進度、不良率、モノや人の動き……。細々とした説明などはとにかく省き、それらを図にしてポイントを紙に書き出したりしながら、パッと見ただけでみんながわかる工場にする。問題をシンプルに表現する努力を重ねることが、アメリカの工場をマネジメントするコツだったんです。


ティム・ブレット

日本市場向けに開発された製品で、世界中に展開されているものも多数ありますし、日本国内においても、我々は地域ごとにローカルボトル会社を持っています。このローカルとグローバルの組み合わせこそが重要だと考えています。


大西洋

ホールディングスの社長といえば、社長室や会議室にとじこもり、役員や部長と話をしているイメージがあるかもしれませんが、私は違います。むしろ現場の社員と密にコミュニケーションを取ることを心がけています。


冨山和彦

得てして日本人は、何とか家や何々会社のようなムラ組織に入ってしまうと、ムラの空気を読んでそこに合わせるという行動原理になりがちです。


横田南嶺

人の存在は、たとえるなら大海に浮かぶ泡のように、はかなくあやういもの。しかし、泡は海と一体であり、果ては大気になります。自然はすべてつながり、一体となって切り離せないものです。そのつながりの一部に自分が存在しています。頭で考えて自分を守ろうとするから、心に不安と動揺が生まれます。全体の中の一部として、与えられた役割を精一杯務めることが大切でしょう。


ヒラリー・クリントン

自分を笑う。これは生き残るためには不可欠な手段であり、隠れ家に引きこもってしまうよりずっといい。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

私が小学生くらいの頃でしょうか、おやじが道楽ばかりするので、よく夫婦喧嘩をしていました。母親は喧嘩して涙を流していても、お客様の前に出ると一転して笑顔になりました。もしお客様に泣き顔なんか見せると、あの店は暗いといって次から買いに来てくれない。商売とはそういうものだというのを教わりました。


大山健太郎

問屋を通さないのが当社の強み。売れたものにしか発注が来ないから基本的に週単位で小売りの販売トレンドが分かります。こうしたデータは新商品の開発にも役立てています。


浦沢直樹

一流の人と自分を比較し、焦りを感じる人も多いでしょう。そんなときは、彼らの新人時代を追体験してみることをおすすめします。たとえば、僕がやったのは黒澤明監督の全作品を一作目からたどること。デビュー作の『姿三四郎』は荒けずりだけど面白い若手監督が出てきたなと思い、二作目の『一番美しく』は戦争中で戦意高揚色が強い中、しっかりメッセージを入れているなとか、五作目の『わが青春に悔なし』は若くして彼の代表作になるかもとか……。彼らも試行錯誤しながら成長していったことを知れば、一流の人にも臆する気持ちがなくなります。


ページの先頭へ