名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

エラスムスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エラスムスのプロフィール

デジデリウス・エラスムス。オランダ南部に位置するロッテルダム生まれの司祭、人文主義者、神学者。オランダ紙幣に肖像が描かれた人物。『痴愚神礼賛』『自由意志論』『反論(ルターの奴隷意志論への反論)』『平和への訴え』などの著作を残した。衒学的になっていた教会と神学に対し警鐘を鳴らした人物

エラスムスの名言 一覧

他人に求められる前に、忠告をするな。


人生に執着する理由がない人間ほど、人生にしがみつく。


予防は治療に勝る。


値打ちがない人間ほど、自惚れが強く横柄であり、いよいよ尊大ぶって気取るようになる。隠れたる才能は、名を売らない。


戦争は戦争を生み、復讐は復讐を招く。これに反し、好意は好意を生み、善行は善行を招く。


人間の生きざまというものは、狂気の戯れ以外の何ものでもない。


エラスムスの経歴・略歴

デジデリウス・エラスムス。オランダ南部に位置するロッテルダム生まれの司祭、人文主義者、神学者。オランダ紙幣に肖像が描かれた人物。『痴愚神礼賛』『自由意志論』『反論(ルターの奴隷意志論への反論)』『平和への訴え』などの著作を残した。衒学的になっていた教会と神学に対し警鐘を鳴らした人物

他の記事も読んでみる

吉永泰之

従来のやり方では、計画を作るまでが全体の99%でした。出来上がったらヘトヘトになって、「ああ、終わった」と言っていたぐらいです。それに対し、今回は計画を作るまでが全体の5%で、それを現場に落とし込み、実行に移すまでが95%です。


塚越寛

人生にはつらいときや苦しいときがあります。でもそんなときは「自分は小説の主人公なんだ」と思い込めばいいのです。そして、「小説の中でいまはつらい時期だ。しかし、この小説(人生)は必ずハッピーエンドで終わる」と考えれば、乗り切ることができます。


吉田松陰

進むこと鋭き者は、退くこと速かなり。


菊地哲(経営者)

人類の課題を克服していくうえでITは必須です。エネルギー分野では風力や太陽光など自然エネルギーによる発電をITでコントロールするスマートコミュニティなどの取り組みが始まっています。そういった挑戦の一翼を当社も担いたい。


柳弘之

琵琶湖で開催される「烏人間コンテスト」をご存知かと思いますが、テレビ中継で解説をしている鈴木というのはうちの社員です。学生時代からずっと参加し続け、いまもクラブチームを作って参加しています。趣味に生きる人間は会社では傍流になりがちですが、鈴木は非常に優秀な二輪の設計者で、いまは部長をやっています。彼のような人間が本流にいるのが、まさにヤマハ発動機の社風なのです。


世古詞一

以前のように「仕事だからやりなさい」という一方的な仕事の渡し方が通用せず、本人のやる気をどう高めていくかが重要になっています。しかも、かつてはやる気の源だった給料や出世は、今の若い世代には響きません。それよりも、「この仕事にどのような意味があるのか」「それを私がやる意味があるのか」といった意味づけが大事。そのため、マネジャーは仕事の意味や背景を丁寧に伝える必要があります。


小山昇

仕事で重要なのは完璧さより鮮度。どんなに時間をかけても完璧などあり得ないし、時間の経過とともに世の中が変わり、顧客のニーズも刻々と変化していく。だから、多少改善の余地が残っていたとしても、「求められているタイミング」に「その時点で最高のもの」を出すのが正解。


潮田健次郎

企業家とはそういう改革をする人を言うのです。自分の全責任のもとに会社を立て直し、ものすごく元気のいい会社にして行く。一般に企業家というと、創業者を含めて会社を所有している経営者を言うのですが、そうではなく、自分の全責任で仕事のイノベーションができる人。それが企業家です。


武田双雲

もちろん自分のすごさを誇示して成功している人もいます。でも、そういう人の周りに集まってくる人って、依存したい人ばかりです。だから、本人は頼られて相当しんどいはずです。一見成功してるように見えても、内面はボロボロという人も多いですし、なにより急激な環境変化にそういう人はすごく弱いのです。


佐藤誠治(経営者)

現在、2人しかいない小型店舗を複数展開しようとしています。米国に、同様のスタイルで顧客満足度が非常に高い証券会社があります。扱う金融商品は5~6種類で平均保有期間は20年と長期分散投資をしっかりやって、地域コミュニティーの金融の相談役になっているんです。高齢化社会の中で顧客の人生のゴールは何か。我々はそこに寄り添い、金融面での安心を提供する存在になることを目指したいと思っています。


岩野達志

日本は優秀な人が大企業に残る傾向があるから、自分はそこからはみ出た方が向いているだろうなとは思っていました。サラリーマンとしてやっていくというイメージはあまりなかったですね。


斎藤保

精神論だけでは会社経営はうまくいかない。