名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

エラスムスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エラスムスのプロフィール

デジデリウス・エラスムス。オランダ南部に位置するロッテルダム生まれの司祭、人文主義者、神学者。オランダ紙幣に肖像が描かれた人物。『痴愚神礼賛』『自由意志論』『反論(ルターの奴隷意志論への反論)』『平和への訴え』などの著作を残した。衒学的になっていた教会と神学に対し警鐘を鳴らした人物

エラスムスの名言 一覧

他人に求められる前に、忠告をするな。


人生に執着する理由がない人間ほど、人生にしがみつく。


予防は治療に勝る。


値打ちがない人間ほど、自惚れが強く横柄であり、いよいよ尊大ぶって気取るようになる。隠れたる才能は、名を売らない。


戦争は戦争を生み、復讐は復讐を招く。これに反し、好意は好意を生み、善行は善行を招く。


人間の生きざまというものは、狂気の戯れ以外の何ものでもない。


エラスムスの経歴・略歴

デジデリウス・エラスムス。オランダ南部に位置するロッテルダム生まれの司祭、人文主義者、神学者。オランダ紙幣に肖像が描かれた人物。『痴愚神礼賛』『自由意志論』『反論(ルターの奴隷意志論への反論)』『平和への訴え』などの著作を残した。衒学的になっていた教会と神学に対し警鐘を鳴らした人物

他の記事も読んでみる

清野智

我々が気付かないアイデアがたくさんあります。特に最近の若い人は、どんどん面白いアイデアを出してきます。彼らのアイデアを募って、その中でいいものをどんどん具現化していく。そうすると、まちの活性化にもつながります。


ロバート・キヨサキ

ベトナム戦争でヘリが2度3度落ちたから、死ぬのは怖くない。だからビジネスも怖くないですね。やめるのはいつだってできる。それなら、なにも今やめることはないじゃないか。


原晋

ランニングで小さな目標をクリアしていけば、「達成感」や「やりがい」が得られ、自信がつく。仕事でなかなか成果が出ない時も、ランニングで成功体験を得られれば、「自分はやれる!」という前向きな気持ちになれる。その自信は、仕事に取り組むうえでいい影響を与えるでしょう。


高田明(ジャパネットたかた)

商品はその魅力が伝わらないと買っていただけません。従って常にどう伝えるかを考え、実践してきました。


二宮尊徳(二宮金次郎)

国や家が窮乏に陥るのはなぜかといえば、分内の財を散らしてしまうからである。これを散らさないようにさえすれば、国も家も必ず繁栄を保つことができる。国や家の衰えを興そうとするには、何よりもまず分度(予算)を立てるがよい。分度が立ちさえすれば、分内の財が散らないから、衰えた国も興すことができ、つぶれかけた家も立て直すことができる。


吉永賢一

買った本をすべて読み込めばいいかというと、そうではありません。忙しいビジネスマンにとって、通読はあまりに効率が悪い。本にも当たり外れがありますから、一冊をじっくり読んでも、自分にとって得るものがない場合もあります。通読はリスクを拡大するのです。ですからまとめ買いした本は、どんどん飛ばし読みをしてください。そして、通読する価値があると思えば、それから通読すればいいのです。


後藤卓也(花王)

上ばかり見ても、何もつかむことはできません。自分を成長させる種は、足もとにたくさん転がっているはずですよ。


小堺桂悦郎

「十分なお金が貯まれば、きっと不安はなくなるはず」と思うかもしれませんが、お金があると「失う不安」が生まれるのです。優良企業の経営者が、「このまま会社が続けられるかどうか心配なんだよ……」とつぶやくのを私は何度も聞きました。


辻庸介

最初は失敗の連続ですよ。毎日ヤバい、ヤバいと言っていました。でも、最低3年は続けようと決めていたので、起業をやめようとは思わなかったですね。リスクを取らない限り、イノベーションは起こせませんから。


小杉俊哉

一流か二流かが露呈してしまうのが、ミスをしたときや不測の事態が発生したときの対応です。誰でもミスを犯したときは「すみません」と謝り、ヘコむでしょう。ただし一流と二流の人ではこの後が違う。二流の人は気持ちを切り替えるだけで終わってしまう。一方、一流の人は「なぜ失敗したのだろうか」と考える。自分にできたことはなかったかと探し、課題を見つけ出す。「すみません」と言いながら前を向いているのです。


佐藤優

組織の力学を見誤ると、とんでもないしっぺ返しに合います。僕自身も外務省でのいろんな経験から、その怖さを痛感しています。自分が正しいとか間違っているという次元ではなく、組織の論理というものがある。組織が本気で牙をむいたら、個人はまず太刀打ちできません。


川崎貴聖

現地の人に任せるということは、使う言語が違う、育った文化も違う人材を登用して仕事をしていくのですから、コミュニケーションの苦労はあります。たとえば、「例の件、大丈夫?」と聞いて、「大丈夫です」と答えても、日本人と中国人では「大丈夫」の基準が違います。良い悪いではなく、コミュニケーションの前提がお互いに違うということを理解しなくてはいけません。