エラスムスの名言

エラスムスのプロフィール

デジデリウス・エラスムス。オランダ南部に位置するロッテルダム生まれの司祭、人文主義者、神学者。オランダ紙幣に肖像が描かれた人物。『痴愚神礼賛』『自由意志論』『反論(ルターの奴隷意志論への反論)』『平和への訴え』などの著作を残した。衒学的になっていた教会と神学に対し警鐘を鳴らした人物

エラスムスの名言 一覧

他人に求められる前に、忠告をするな。


人生に執着する理由がない人間ほど、人生にしがみつく。


予防は治療に勝る。


値打ちがない人間ほど、自惚れが強く横柄であり、いよいよ尊大ぶって気取るようになる。隠れたる才能は、名を売らない。


戦争は戦争を生み、復讐は復讐を招く。これに反し、好意は好意を生み、善行は善行を招く。


人間の生きざまというものは、狂気の戯れ以外の何ものでもない。


エラスムスの経歴・略歴

デジデリウス・エラスムス。オランダ南部に位置するロッテルダム生まれの司祭、人文主義者、神学者。オランダ紙幣に肖像が描かれた人物。『痴愚神礼賛』『自由意志論』『反論(ルターの奴隷意志論への反論)』『平和への訴え』などの著作を残した。衒学的になっていた教会と神学に対し警鐘を鳴らした人物

他の記事も読んでみる

児玉光雄

目標を立てる際に欠かせないのが、「いつまでに」という期限です。その期限が数値化されていないと、モチベーションは高まりません。


城岡陽志

社長も大失敗すると思えば社員も安心する。失敗なくして社長になっている人なんか、いないんじゃないの?


ケビン・ロリンズ

当社はリスクを大変嫌います。本気で推し進めたいと思う事業の場合、ゼネラル・マネジャーたちの心に思い入れが生まれることがあります。そのような時、それが本当にビジネスチャンスなのかどうか、まず実証してもらいます。我々を納得させられなければ、それ以上計画を進めることはできません。成功できるという確信が得られない分野は避けて通ります。


松田晋之介

電子チケットは本当に安全なのか、怖いなっていう認識があるのでそのあたりも解決していかないといけない。そういうのは少しずつこちらが知名度を上げていくっていうところしかないかなと。実際に一度電子チケットを使ってくれたお客さんは全然スムーズにリピートします。あとは電子チケットを使うっていう常識を作るかどうか、そこですよね。


石川祝男

偽物を取り扱っている業者に法的措置をとるというのは当然です。しかし、キリがない。法的措置とは別に、我々は本物のよさをしっかり伝えていくことが最良の対策になるのではないかと考えています。


小泉文明

ベンチャー企業は人材移動が活発というイメージがありますが、当社は社員に「何十年も働きたい」と思ってもらえる会社にしたい。産休・育休中の給与を100%保証する人事制度の導入はその表れで、職場復帰後に20年、30年と働いてもらうのだから、自然な判断だと思っています。


児玉光雄

目標を設定する最大の意味は、その目標を達成することではありません。むしろ、適正水準の目標設定をすることにより、モチベーションを最大にすることの方が重要なのです。適正水準の目標設定が強固なモチベーションを発生させます。


吉田松陰

創業は難しいようで易しい、守成は簡単に見えて難しい。


畑村洋太郎

相手に伝わりにくそうな言葉があれば、その言葉が使われていた社会的状況や、言葉を使っていた人々の生活や考え方についても一緒に言及してみましょう。背景を同時に伝えることで、言葉の意味をより深く相手に伝えられるはずです。


大山健太郎

経営で一番大事なのは働く社員の立場に立つこと。評価を正しくすれば、人間は誰でもモチベーションが上がる。だから当社では評価することにものすごく時間をかけています。


大西洋

伊勢丹が商品にこだわっていた理由は、立地という要因も大きく影響しています。伊勢丹は新宿のどの百貨店よりも駅から遠い。ですから、ほかにない商品を提供することで「伊勢丹」というブランドを確立し、そのブランド力で「わざわざお越しいただけるお店づくりを目指す」という強い思いが、伊勢丹のDNAとして刻まれていたのだと思います。


青木紘二

仕事は全部楽しいわけじゃないけれど、全部が楽しくない仕事だったら辞めたほうがいい。でないと、お金だけの人生になってしまいますから。


伊藤絵美

ストレスの対処法を考え、50個でも100個でも、できるだけ多くリストアップしてください。「自分にはストレスに立ち向かう方法がある」と思えれば、それだけで気持ちはかなりラクになるはず。


川西勝三

将来に果実を産む技術力のことを、ものづくり企業の経営者は常に考えていなければなりません。5年先、10年先のビジネスにプラスになる頭脳、ノウハウが大事です。現在の嵐は逆に、今何が重要かというテーマを我々に与えているのです。嵐で苦しいと考えるのではなく、嵐は我々に絶好の問題提起をしてくれていると考えるべきです。


竹田和平

十分に力を持った人が変化して、新しい仕事に取り組んでいき、元の職場を他の人に残してやらないといけません。そして、金のある人は文化に投資し、消費していかなければなりません。格差がいけないのではないんです。能力のある人が文化に金を使わず、新しい仕事に移っていかないことが問題なんです。


ページの先頭へ