名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

エメ・ジャッケの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エメ・ジャッケのプロフィール

エメ・ジャッケ。フランスのサッカー監督。

エメ・ジャッケの名言 一覧

勝ったのは奇跡ではない。それだけのことをやったからです。
【覚書き:ワールドカップ・フランス代表監督時の発言。他国の数倍の9人のコーチを使い、欧州の各サッカーリーグの視察をさせ、敵味方両方を分析させた。その結果、ワールドカップ98年大会で優勝を収めることができた。その勝利を振り返っての発言】


エメ・ジャッケの経歴・略歴

エメ・ジャッケ。フランスのサッカー監督。

他の記事も読んでみる

本多静六

少しばかりカネができても、早く金持ちになろうとか、急に財産を殖やそうと焦るのは、たとえ一時の小成功を収めることはあっても必ず最後はつまずきを招くものである。よくよく注意しなければならない。


久米信行

モチベーションを高めるために大切だと思っていることが二つあります。「脳のパラボラ力」と、「心のズームカ」です。

  1. パラボラ力とは、いろいろな興味関心をキャッチできるアンテナのこと。このアンテナがひとつしかないと、仕事で心配事があったとき、そればかりが気になってしまいます。アンテナが複数あれば、仕事で気になることがあっても、道を歩けば「あ、綺麗な花だ!」「こんな店、あったつけ?」と新しい発見があり、仕事での嫌なことを忘れてしまえます。世の中に興味関心があることがたくさんあると、モチベーションが高まります。
  2. もうひとつのズーム力とは、ひとつのことに焦点を当ててよく見つめ、心から面白がれる力です。

仕事と家を往復するだけでなく、脳のパラボラカと心のズームカを高めることで、自ずと幸せになり、モチベーションが高くなると思います。


成毛眞

リスニングやスピーキングの勉強をする時間があるなら、そのぶん英単語を覚えた方がいいでしょう。ラテン語などと違い、英語はそれほど複雑な言語ではないので、単語をつないでいくだけで自分の言いたいことはだいたい伝わりますよ。


アリストテレス

「垣根」は相手がつくっているのではなく、自分がつくっている。


島井宗室

野菜屑を漬け込み、使用人の惣菜にせよ。米が高値のときは雑炊にせよ。ただし、主人夫婦がまず食べること。こうした心がけは万事必要である。


椎名保

住友商事を完全に辞めるのは重い決断でしたが、必要なことでした。2足のわらじでは社長は務まりませんし、そこで働く社員も納得しません。これからは戻るところはない、前に進むしかない、と決心した。

【覚え書き|アスミック・エースエンタテインメント社長就任時を振り返って】


大橋博(教育者)

一番は学生第一、生徒第一の学校づくりや教育に徹してきたこと。往々にして過去の学校は勤務している人を優先する色彩があったような気がします。私が大学をつくったのも「学生中心の大学が必要だ」という想いからでした。これは小・中・高の先生だろうと大学の教授だろうと関係ありません。そこで学生第一に考えて教育をする大学が必要ではないか。研究をするためだけの大学ではなく、大学に在籍している学生に主眼を置いた大学こそが望まれる大学なのではないかと。


赤川次郎

自分や自分が大事にしている家族や恋人がこんな境遇に追い込まれたらどうなってしまうのか。小説という虚構の世界を通じて、読者に登場人物と同じ体験をしてもらう。そうすれば、読んだ人は自分のこととして感じたり、考えたりすることができる。


飯田久恵

よく使うモノほど近くに置くこと。遠ければ戻すのが面倒で、つい置きっぱなしになるからです。


水木しげる

好きなことにのめり込み、才能が開花してどんどん伸びたとする。でも、食べていくのは大変だ。なかなか儲かるもんじゃない。努力に見合うマネーはなかなか得られないもんです。だからといって、絶望したり、悲観したり、愚痴をこぼしてはいけない。ただただ、努力するのです。なにしろ、好きな道なんだから。


大倉忠司

リーマンショック以降、低価格路線に参入した企業は多いですが、大半は仕方なくそうされたのだと思います。「こんな安売りする会社に入った覚えはない」と、社員の方たちのモチベーションも下がったことでしょう。それに対して弊社の社員は、「280円均一」に志とプライドを持っています。そこが一番大きな違いなのです。


小嶋光信

鉄道のような公共交通の再生で何より重要なのは、地元住民の支援です。地元の自治体などから貴志川線存続の相談を受けた時、まず現地を見てみることにしました。すると、6000人くらいの有志の住民が1000円ずつの会費を集め、貴志川線に乗って存続させようという運動をしていたんです。自治体主導の存続運動ではなく、自分たちでイベントを開いて人を集めたり、駅の清掃をしたりと、必死に活動をなさっていました。調べてみると、沿線の人口はわずかながら増加傾向でした。しかも、近くを走る幹線道路は渋滞が多い。公共交通のニーズはあると確信しました。