名言DB

9412 人 / 110637 名言

エメ・ジャッケの名言

twitter Facebook はてブ

エメ・ジャッケのプロフィール

エメ・ジャッケ。フランスのサッカー監督。

エメ・ジャッケの名言 一覧

勝ったのは奇跡ではない。それだけのことをやったからです。
【覚書き:ワールドカップ・フランス代表監督時の発言。他国の数倍の9人のコーチを使い、欧州の各サッカーリーグの視察をさせ、敵味方両方を分析させた。その結果、ワールドカップ98年大会で優勝を収めることができた。その勝利を振り返っての発言】


エメ・ジャッケの経歴・略歴

エメ・ジャッケ。フランスのサッカー監督。

他の記事も読んでみる

菅下清廣

「相場は明日もある」は有名な相場の格言。株式は、焦って買うと高値をつかみがち。投資では焦っていいことは1つもない。焦って買うくらいなら見送る、というスタンスが正解。


河合敦

黒船来航による騒動を肌で体感した衝撃が彼らを「志士」に変え、明治維新を達成させたともいえる。


村山滋

深刻な顔をしているだけでは、好運は逃げてしまう。常に明るく振る舞うことで、初めてチャンスを手にできる。リーダーが率先して楽しむことが、不具合の解決には欠かせない。


妹尾八郎

評論家の田原総一朗さんに(ウェブサイトに)登場していただいたら、一気にアクセスが増えたんですよ。それでコンテンツの重要性も学びましたね。


山田真哉

サッカーのスウェーデン代表は、イングランド代表を相手に、1968年以来、一度も負けておらず、「39年間無敗神話」を続けていました。しかし、実際の成績はというと、12戦4勝8分け……。神話といえるほどではありません。それでも、「39年間無敗」「40年目も無敗神話が続くか?」などといつもメディアに採り上げられることで、観客からつねに注目を集めているのです。


福原裕一

外国人留学生の採用も始めました。彼らは起業意欲が高く、向上心も旺盛なので、日本人社員にも良い刺激を与えています。


井上英明

発想が乏しくならないように努力は怠りません。例えば、今年から4、6、8、10月の合計4カ月は会社に来ないようにしました。これまでも毎年1カ月はオフィスに顔を出さないようにしていましたが、その期間を増やしました。オフィスに来る代わりに、海外に行ったり読書をしたり、情報のインプットを増やすのが狙いです。もちろん、その間も社外で仕事はしているのですが。


松井忠三

手帳に行動や考えを記録することは、経営者としての指針を見出す手助けともなります。私は、読んだ本とそこから気がついたことや覚えておきたいことを手帳に記します。年末を迎えると、それを「経営姿勢」としてまとめるのです。この経営姿勢を表わす言葉は毎年増え、これを常日頃、見直すようにしています。


野村忠宏

自分で限界を決めてはいけない。かすかに残されているエネルギーを絞り切って、限界を突破した時に、さらに強い自分と出会える。


鳥飼茜

先日、とあるマンガ家さんが、女性の解放を阻んでいるのは女性ではないか、とおっしゃっていたんですね。本当に鋭い意見だと思います。それを打ち破る方法の一つが、私はかっこいい女性リーダーの登場だと思う。リーダーというと色がついちゃうけど、単純に心意気についていきたいみたいな。


寺井広樹

目や耳に入った情報は、まず、ひっくり返してみます。もしかしたら、そこに、ヒントがあるかも。また、人の心の奥底を観察すると、「涙活(るいかつ)」など、新しいアイデアが浮かぶこともわかりました。


進藤晶弘

メガチップスの経営原則の中には、「自主独立で発展する」という一文があります。自分で立つという起業家魂。これこそが、メガチップスの成長を支えた活力だと思っています。


鳥居勝幸

顧客を知ることとともに、自己の能力開示を行うことが重要です。自社だけではなく、自分自身の能力アピールもぜひ実践してください。キャリアや専門領域をわかってもらうために「異動前は技術部門にいたので、技術方面のご相談はお任せください」などといえば相手に響きますし、新人営業マンのファーストコンタクトなら、「野球部出身なので体力とフットワークには自信があります」でもいいのです。顧客は相手の開示した能力を見定めながら何を任せるか考えるので、このような個人の特徴や能力のアピールは極めて有効に機能するのです。


秋山英一(経営者)

韓国に百貨店をつくるので来て欲しいと呼ばれた当時、韓国にも百貨店はありましたが、私が見る限り様々な問題があるように思えました。とりわけひどいと思ったのが従業員の接客態度です。売り場で腕組みしていたり、商品を見るだけで買わずに立ち去るお客様に「チッ」と舌打ちしたり、といった具合です。私は店に来たお客様に楽しく買い物をしてもらえるように、日本の百貨店でやっているようなお辞儀を導入することにしました。社内には「お辞儀などどこもやっていない」という批判もありましたが、結局、押し通しました。百貨店が開業すると、お辞儀の接客は大きな話題となりました。ところが、ある日、一人のお客様が私にこんなことを言ってきたのです。「何も買っていないのに、ありがとうと言われるのはやはりおかしい」。お客様の言葉に、私は日本式の接客を続けるかどうか悩みました。それでも、お客様を大事にする姿勢は間違っていないと信じ、続けることに決めたのです。すると、そのうちにほかにもお辞儀をする店が出てくるようになり、今ではどこの百貨店でもお辞儀をするのが当たり前になりました。


杉浦敏介

新たな挑戦を図っていくには、弾力的に組織・人事を動かし、派閥ができにくくする必要がある。