名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

エミール・クーエの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エミール・クーエのプロフィール

エミール・クーエ。フランスの薬剤師、催眠療法家。薬剤師をしていたが暗示により病気が改善することに気づき自己暗示法を編み出す。ナンシー応用心理学研究所、クーエ研究所を設立し自己暗示の研究を行った。後世の能力開発分野に大きな影響を与えた。著書に『暗示で心と体を癒しなさい!』。

エミール・クーエの名言 一覧

あなたが何かをしようと思うとき、果たすべき義務があるとき、つねに「簡単にできる」と考えなさい。「むずかしい」「私にはできない」という言葉をあなたの語彙から消しなさい。「私にはできる」「私はやる」「私にはできるはずだ」と自分に言い聞かせなさい。


エミール・クーエの経歴・略歴

エミール・クーエ。フランスの薬剤師、催眠療法家。薬剤師をしていたが暗示により病気が改善することに気づき自己暗示法を編み出す。ナンシー応用心理学研究所、クーエ研究所を設立し自己暗示の研究を行った。後世の能力開発分野に大きな影響を与えた。著書に『暗示で心と体を癒しなさい!』。

他の記事も読んでみる

古森重隆

私が営業部長になった1980年代半ば頃はVHSとベータマックスによる家庭用ビデオの規格争いの最終局面でした。ビデオデッキの普及とともに、ビデオテープも爆発的に売れるようになりましたが、価格競争もすさまじく、毎日店頭価格が下がるような状態でした。このときの経験から、特徴のある製品を売っていかなければならないと肝に銘じました。製品は必ず差別化し、単なる価格競争を防ぐ。でなければ、オンリーワン製品、ナンバーワン製品がよいのです。


小宮一慶

私は成功した経営者だけでなく、会社を倒産させた経営者も大勢見てきました。実は、会社を倒産させた経営者たちも心は前向きでした。にもかかわらず、最終的に会社を潰してしまったのはなぜか。それは失敗したときに反省しなかったからです。反省を怠った人は自分の中に積み重なるものがなく、何度も同じ失敗を繰り返す。


枡野俊明

人の心を育むのは普段の生活態度にほかならない。


吉田たかよし

光(日の出)によって人が自然に目覚めるようになっているのは、やはり外敵に襲われないようにとの本能ゆえ。太陽が地平線から出てからではなく、むしろ出る前、東の空が白んでくる頃の光が脳の体内時計のスイッチを入れるのです。さあ、朝だ、起きるぞと体のほうから目覚め始めるのです。


森田勉(経営者)

テンションをあげるためには遊びも大事。遊びを充実させれば、仕事に向かうエネルギーが出てくるし、お客様との雑談にも使えるからね。ただ、遊びが下手だと仕事に悪影響が出かねない。たとえばゴルフで散々な結果だったら、翌日テンションが上がるわけがないからね。そのために、俺は遊びの達人になるよう努めたよ。ゴルフは指にタコができるくらいやったし、仕事が終わってからパチンコ屋に通う日々を3か月続けたこともある。そのほかにも競輪、競馬、麻雀、キャバクラ遊び……。なんでもとことんやったね。


小笹芳央

成熟社会に生まれ育った世代は、お金とポストだけが働くモチベーションではありません。自分と同じように、お金とポストで部下が動くと思い込むのは、新米マネジャーが陥りやすい落とし穴です。


増田宗昭

趣味は仕事ですよ。時間があったら仕事をします。だって面白いじゃないですか。これ以上に面白い遊びはありませんよ。


小久保裕紀

私が野球を始めた経緯を明かすと、実は両親の離婚がきっかけです。女手一つで私を育てることになった母が、甘やかしてはいけないと思って、近くの少年野球チームに入れてくれました。母は「礼儀と言葉遣いと体力が身につけばいい」というぐらいの気持ちだったそうですが、野球と出合えたのは母のおかげです。そんな感じで始めたわけですから、野球をずっと続けることができ、身を立てるまでになれたのは、たくさんの幸運に恵まれたからだと思います。


ジャック・マー(馬雲)

第一が顧客、第二が社員、第三が株主。


吉田尚記

僕自身、結婚して子供もそれなりに成長したときに「あ、ここからは自分にとっての幸せが何か、もう一回ちゃんと考えなきゃいけない」って自覚した瞬間があって。自分がどう生きたいのか、何をしたいのかってことと向き合わないと、この先しんどいな、って思ったんです。


マーク・ベニオフ

顧客と1対1の関係を築き、顧客を第一に考えることが重要。


桐山一憲

そんなにかかるのか、と思われる方もいるかもしれないが、風土改革は最低でも10年はかかると考えた方がよい。こうした、組織の認識を変えていくような取り組みには「ここで終わり」ということがないのが常である。仕組みからのサポートと風土改革を継続的に進めなければ、制度の運用が進まない。ということは、運用がうまくいけば効率化するのにそれが実現せず、結果として効率化から得られたはずの成果を、著しく損なうことにもなりかねない。