名言DB

9490 人 / 112001 名言

エマニュエル・プラットの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エマニュエル・プラットのプロフィール

エマニュエル・プラット。LVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン・ジャパン社長。パリ大学文学部修士課程修了後、シャルジュール・レユニに入社。その後、モエ・ヘネシーグループに移籍。モエ・ヘネシーとルイ・ヴィトンの合併で誕生したLVMHグループの日本法人各社の代表を務めた。

エマニュエル・プラットの名言 一覧

ラグジュアリービジネスを展開するには、ふたつのインテリジェンスが求められます。ひとつは感情を豊かにして創造性を高める力。もうひとつは理詰めでマネジメントできる力です。そう反するように見えるこのふたつのインテリジェンスを磨いていくことが大事です。分析しつつ創造し、創造しつつ分析できる能力です。


マーケットごとの特色を把握して、それに合った店づくりをすることが大切です。


ラグジュアリービジネスを展開するには、伝統と革新の間でバランスをとることも大切です。シャンパンのモエ・エ・シャンドンが創業したのは1743年で、フランス革命よりも前のことです。日本で江戸時代中期にできたブランドが今日まで成長していることになります。ナポレオンはモエ・エ・シャンドンを愛してやまず、ロシア遠征でも手元に置きました。このような歴史と伝統を守りながら、なおかつイノベーションを起こしていく必要があります


LVMHの個々のブランド価値を高めていくのが我々のミッションです。たとえば、ルイ・ヴィトンの製品は、すべて自前で育成した職人が自社工房で手作業でつくり、製品は世界各地の直営店を中心に正規店のみで販売しています。1954年の創業以来、値引きをしたことは一度もありません。また、製品のリペアサービスも充実しています。このようにこだわって作った製品の価値が将来にわたって維持できるということが、お客様の信頼につながります。


エマニュエル・プラットの経歴・略歴

エマニュエル・プラット。LVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン・ジャパン社長。パリ大学文学部修士課程修了後、シャルジュール・レユニに入社。その後、モエ・ヘネシーグループに移籍。モエ・ヘネシーとルイ・ヴィトンの合併で誕生したLVMHグループの日本法人各社の代表を務めた。

他の記事も読んでみる

入山章栄

アイデアだけでイノベーションは起こらない。アイデアを具現化して初めてイノベーションは起こる。


井上暉堂

人生は死の捉え方・覚悟ひとつで驚くほど変わる。知恵ひとつでラストシーンは素晴らしくなる。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

最もやってはいけないのは「買っちゃった」「やっちゃった」という無計画な支出です。これは、「贅沢品を衝動買いしてはいけない」という意味も当然含まれてるのですが、それよりも「家やクルマなどの大きな買い物を勢いでやってしまうのは、絶対に避けねばならない」という意味の方が大きい。


おちまさと

人は何かを選択すれば、その代わり何かを捨てなくてはいけません。捨てたほうに目を向けてイライラするのではなく、選んだほうに目を向ければ、イライラしなくなります。


藤田晋

選択のセンスの差は、「自分の価値観をしっかり持っているかどうか」で決まるような気がしています。間違った選択をよくする人は判断時に、周囲の情報や他人の意見に左右される傾向があります。自分の軸がないために、目の前の欲に目がくらんだり、自分に言い訳をしながら妥協したりして、選択を誤ります。欲や言い訳がちらつく選択は、多くが失敗するからです。


南部靖之

私が学生の頃、試験の成績が悪くて落ち込んでいたら、父が「何を恥じることがある。人に迷惑を掛けたら恥じよ。試験の成績が悪いのはお前が寝坊したからだ」と叱られた。言われてみれば、周りに対して恥ずかしいと思っていたが、成績が悪い理由は自分が勉強しなかったからだと気が付いた。


池上彰

いざとなったら、ここがダメでもほかの収入もあるというのは大事。テレビのコメンテーターが専業の人は、それが干されたらおしまいだからどうしてもバランスを取ったコメントをしてしまう。私の場合は、選挙特番で政治家を怒らせてテレビから干されてしまっても、本で食べていけると思っているから辛口で突っ込めるわけです(笑)。


高田明(ジャパネットたかた)

ひとつの商品を一日限りで徹底的に売る「チャレンジデー」という企画は、私は反対でしたが、ぜひやりたいという担当者の熱意でOKを出しました。結果は大成功。逆に私自身が、過去の経験に囚われていたのだと反省するとともに、嬉しくもありましたね。


ジェイソン・ダーキー

日本の人材教育ではどんな知識を教え、講師が誰かなど「インプット主義」に陥りがちですが、ぜひ「アウトプット主義」になりましょう。誰に、どんなシーンで、何を使って欲しいのかを意識することです。


加藤俊徳

昨今は男性の家事、育児への参加が叫ばれていますが、これも脳にとってはプラスです。乳幼児という仕事とは全く違う相手に対して、試行錯誤しながら事を進めることになるので、脳にとっては非常にいいトレーニングになります。


酒井光雄

顧客に感動を与える具体的な方法は、商品の価値を高めるのは当然として、顧客がその商品を購入して、使うまでの一連の「時間」の価値を高めることを強く意識することに尽きる。この「時間価値」を高めることが、高単価、継続購入につながるからだ。顧客に高い時間価値を感じさせるために重要なのは接客だ。いい接客は、「その商品を購入すると、高い時間価値を得られるぞ」と顧客に想像、予感させることに直結するからだ。


菊地哲(経営者)

良い経営方針を作っても、社員が動いてくれなかったら何の意味もない。会社の考えと、社員の思いがひとつになってこそ、能力を発揮しやすい組織になる。そこで大事なのは自分の言葉で社員にメッセージを伝えることです。