エマニュエル・プラットの名言

エマニュエル・プラットのプロフィール

エマニュエル・プラット。LVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン・ジャパン社長。パリ大学文学部修士課程修了後、シャルジュール・レユニに入社。その後、モエ・ヘネシーグループに移籍。モエ・ヘネシーとルイ・ヴィトンの合併で誕生したLVMHグループの日本法人各社の代表を務めた。

エマニュエル・プラットの名言 一覧

ラグジュアリービジネスを展開するには、ふたつのインテリジェンスが求められます。ひとつは感情を豊かにして創造性を高める力。もうひとつは理詰めでマネジメントできる力です。そう反するように見えるこのふたつのインテリジェンスを磨いていくことが大事です。分析しつつ創造し、創造しつつ分析できる能力です。


マーケットごとの特色を把握して、それに合った店づくりをすることが大切です。


ラグジュアリービジネスを展開するには、伝統と革新の間でバランスをとることも大切です。シャンパンのモエ・エ・シャンドンが創業したのは1743年で、フランス革命よりも前のことです。日本で江戸時代中期にできたブランドが今日まで成長していることになります。ナポレオンはモエ・エ・シャンドンを愛してやまず、ロシア遠征でも手元に置きました。このような歴史と伝統を守りながら、なおかつイノベーションを起こしていく必要があります


LVMHの個々のブランド価値を高めていくのが我々のミッションです。たとえば、ルイ・ヴィトンの製品は、すべて自前で育成した職人が自社工房で手作業でつくり、製品は世界各地の直営店を中心に正規店のみで販売しています。1954年の創業以来、値引きをしたことは一度もありません。また、製品のリペアサービスも充実しています。このようにこだわって作った製品の価値が将来にわたって維持できるということが、お客様の信頼につながります。


エマニュエル・プラットの経歴・略歴

エマニュエル・プラット。LVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン・ジャパン社長。パリ大学文学部修士課程修了後、シャルジュール・レユニに入社。その後、モエ・ヘネシーグループに移籍。モエ・ヘネシーとルイ・ヴィトンの合併で誕生したLVMHグループの日本法人各社の代表を務めた。

他の記事も読んでみる

小池百合子

密室での意思決定は、責任を曖昧にし、問題を先送りする。情報公開を進めて、官民の知恵を結集させれば、様々な課題にスピード感をもって取り組むことができる。


和田秀樹

勉強すれば10万円あげるといわれてやる気になる人もいれば、お金で釣られるのは嫌だと逆にやる気が失せる人もいる。臨床心理学では、何がきっかけでやる気を出すかは一人ひとり違うと考えます。


堀義人

グロービスが仮にこのまま成長できたとすると、僕が自身の成長を遂げようと努力してきたことと、革新的な発想をして既存の枠組みに囚われずに進めていこうとする意欲に満ち溢れていたことに起因するでしょう。トップがそういうマインドを持っていると、組織全体も良い意味で染まっていきます。ダメになっていく大企業の多くは、トップが意欲を失っているように思います。


稲盛和夫

精神主義かもしれませんが、「みんなのためなんだ」と周知徹底することは改革を進める上で何より重要です。


蛭子能収

私がテレビに出るようになってから、「昔の友達じゃないか」という人からわんさか電話がかかってきましたが、結局みんなの目的は「金を貸してくれ」でした。人に金を借りにくる人はだいたい無計画で無責任。もちろん貸した金が返ってくるはずもなく、大損しました。でも、しつこく返してくれとも言えないし、言えない自分がまた嫌で、そんな気持ちになるくらいなら友達なんていらないですよ。


小林義雄(経営者)

ブランドにぶら下がっていてはいけない。会社の看板に頼らず、自分たちで切り拓くことでブランドができる。


石坂典子

製造業さんたちが知恵を振り絞って新しい商品を作るのと同じぐらい、廃棄物の処理にも知恵を使ってきました。それらの新しい商品はいずれ廃棄物になって出てくるじゃないですか。だから、同じように技術と頭のある人たちがいないとリサイクルなどできないのです。それでも価格の面で叩かれてしまう。そうすると、こちらも環境を整えることができません。そして労働環境が厳しいままであれば、この業界に入って来る人もいない。そして人が集まらない。負の連鎖が起きてしまうのです。


須田健太郎(経営者)

日本の大手旅行会社は、高度経済成長期の日本人の国内旅行で大きく成長しました。国内旅行で育ってきた人がいま上で力を持っているから、自分たちが引退するまではインバウンドに力を入れる気にならないのでしょう。社内の空気がそうだから、優秀な人はインバウンド事業の部署に来ないと聞きました。


内田和俊

ただ一回ガツンと言っただけで、部下が「その通りです。来週から心を入れ替えます」などと改心することは絶対にありえません。それどころか、逆ギレしたり、開き直ったりします。上司としては注意するのもバカバカしくなるでしょう。しかし、もし上司が何も言わなかったら、部下はそのままでいいと思ってしまいます。一回逃げて楽をした「成功体験」を身につけてしまうと、その後も同じことを繰り返すようになります。


吉田沙保里

「約束」は「何が何でも勝つ」という覚悟となり、力になる。プレッシャーになると思う人もいるかもしれませんが、それは当人の受け取り方次第。


三浦淳寬(三浦淳宏)

勝利を引き寄せるためには全員の気持ちを一つにすること、メンタルを強く持つことが本当に大事。


福永雅文

高額商品のトップ営業パーソンに共通することは「紹介」で新規客を増やすこと。


福島正則

人の後について鬱屈した気持ちで過ごすより、武功を立てて大国を賜るか、目を驚かすような戦死を遂げたい。どちらかは天運に任せている。【覚書き|大凶の日に出陣しようとしたとき、家臣に縁起が悪いので中止しませんかと進言されての返答。】


山本梁介

結局、一人では何ともならない。失敗した時に、周囲が心配して何とかしてやろうと思うかどうかが重要。そう思わせる人は成功している。


城山三郎

一日に一つでも、爽快だ、愉快だと思えることがあれば、自ら慰めることができるのではないか。これは私の造語なのだが、「一日一快」でよし、としなければ。


ページの先頭へ