エマニュエル・ファベールの名言

エマニュエル・ファベールのプロフィール

エマニュエル・ファベール。「仏ダノン」CEO(最高経営責任者)。コンサルティング会社を経てダノンに入社。CFO(最高財務責任者)、COO(最高執行責任者)などを経てCEOに就任。

エマニュエル・ファベールの名言 一覧

世界に大きなインパクトを与えるには、グローバル企業にしかできないことがたくさんある。


企業はもう一度、なぜビジネスをしているのかという、「Why」を問い直さなければならない。


エマニュエル・ファベールの経歴・略歴

エマニュエル・ファベール。「仏ダノン」CEO(最高経営責任者)。コンサルティング会社を経てダノンに入社。CFO(最高財務責任者)、COO(最高執行責任者)などを経てCEOに就任。

他の記事も読んでみる

高野悦子(映画運動家)

歳も30近かったものですから、初めは言葉との格闘で死にそうでした。しかし、映画監督がやりたいのですからフランス語を覚えなければいけない。毎日、単語を50ずつ、狂ったように覚えました。人間というのは本当に望むとできるんですね。3か月ぐらいたちましたら、人の言うことが「ハッ」と分かるようになり、それで、ヘタなフランス語で大学に入って、皆さんと互角に勝負しました。
【覚え書き|フランスの映画学校に留学したときを振り返って】


和地孝

社員の働く喜びややりがいは、究極的には使命感のもと、皆が力を合わせて働くなかから生まれるのではないでしょうか。


松本晃(経営者)

今やどのメーカーの商品もおいしい。それなのに売れるものと売れないものが出てくるのはなぜか。それは結局のところ「身銭を切ってでも食べたい」と人に思ってもらえるかどうかが分かれ目になっているからです。自腹で買ってきて食べてみて、「また買いたいと思うかどうか」を自分で判断することでしかわからないんです。


吉野真由美

営業の成功のポイントは「7割聞いて、3割話せ」です。情報収集することで相手を知り、そこで初めて自分の武器、つまり商品やサービスを出します。戦だって相手を知ることが最も大切なことです。情報収集することに営業成功の7割の秘訣が隠されているといっても過言ではありません。


佐々木常夫

私は昔から、上司や部下の誕生日をすべて手帳に書き込んでいます。そして当日になったら、「おめでとう」と声をかけるのです。すると相手は、「私の誕生日を覚えているなんて」と感激して、こちらに好感を持ってくれるようになる。何十人分もの誕生日を手帳に書いて忘れずに声をかけるのは、なかなか大変な作業です。でも、その努力は必ず報われる。人間関係は努力があってこそ培われるものだということを肝に銘じるべきです。


依田宣夫

家庭生活の真実の報告書を持つことが、家庭経営の第一歩だ。そのためには企業経営では常識とされる複式簿記を家計管理に応用することが必要になる。


山田ズーニー

最初から「論理」だけで相手を納得させるのは難しい。通じるところを探し、理解が生まれたら、やっとロジックがその上に乗ってくる、そんなイメージです。


本田有明

いまは職場がギスギスしてしている、閉塞感があるといわれていますが、その一因は職場での会話が減ったことにあります。仕事のIT化や専門分化が進み、オフィスのレイアウトもそれに合わせてパーティション(仕切り)が目立つようになりました。各種の通知はメールが基本になり、肉声で話す機会が以前と比べてグッと減ったのです。その中では、会話を増やし、組織の中の絆を太くすることが大きな課題になってきます。


林野宏

元気は、義務感からは生まれません。同じ成果を得るにも、言われたことをこなしただけでは喜びを感じにくいでしょう。自ら考え、工夫して得た成果こそ、喜びとなり自信となる。それが「次はこうしてみよう」というやる気と元気の素になる。だから、仕事を任せる時は、権限を与え、意見を聞く。そうして「自分事」として意識させることが大切です。


ウォーレン・バフェット

喜んで10年間株を持ち続ける気持ちがないのなら、たった10分間でも株を持とうなどと考えるべきですらない。


南雲吉則

売れる本を書くには、筆者が言いたいことを伝えるだけでなく、読者がどのようなものを求めているのかを考える必要があります。疑問に対して答えになる本でなければいけません。


島田昌幸

自分の作りたいものを作って、それを世に問う。そこからもの作りは始まる。


大山健太郎

我々も闇雲に飛び込んでいるわけではありません。全国にある1万8千店舗のデータが集まっているので、今何が売れているかを把握できます。それを継続的に分析すれば、次に何が売れるかも見えてくる。だからこそ、すぐに行動することができるのです。


北条重時

生死のことについ、はっきりと覚悟を決めておかなければ、たとえ孝行をしたいと思っても、親のない後はどうにもしがたく、死別の後はたとえ肉親であっても逢うことができない。


小宮隆太郎

これから海外の人との仕事は増えるでしょう。議論を恐れず、時には少数派になることを恐れず、積極的に背景の異なる人々と触れ合うのが大事です。


ページの先頭へ