名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

エマニュエル・ガイベルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エマニュエル・ガイベルのプロフィール

エマニュエル・ガイベル。19世紀ドイツの詩人、作家。合唱曲『流浪の民(ジプシーの生活)』の詩を書いた人物。当時のロマン派音楽を代表するドイツの作曲家ロベルト・シューマンがガイベルの詩を好み、その詩のために曲を作った

エマニュエル・ガイベルの名言 一覧

生きていると言えるのは、お前の今日が明日を持っている時だけだ。


とげやアザミはひどく刺す。しかし、オールド・ミスの舌はもっと鋭く刺す。
【覚書き:アザミはキク科アザミ属の植物で茎に鋭いトゲがあり、触ると痛い。ノルウェーの侵略から城を守った花という理由でスコットランドの国花とされている。上記は言葉と棘の鋭さだけでなく、城を守ったという故事と独身を守り続けているオールドミスという皮肉もかけている】


エマニュエル・ガイベルの経歴・略歴

エマニュエル・ガイベル。19世紀ドイツの詩人、作家。合唱曲『流浪の民(ジプシーの生活)』の詩を書いた人物。当時のロマン派音楽を代表するドイツの作曲家ロベルト・シューマンがガイベルの詩を好み、その詩のために曲を作った

他の記事も読んでみる

鳥越淳司

おとうふの味が目減りする原因の一つは、パッケージ詰めの工程にあります。温かいおとうふを一度冷却し、手作業でパック詰めしていたからです。おとうふは柔らかいため、長らくこの作業を機械化できませんでした。そこで、今までになかったおとうふのパッケージマシンを開発することにしました。試行錯誤の末に誕生したのは、おとうふにパッケージを被せる方式の機械です。パッケージにおとうふを入れるのではなく、流れてくるおとうふの上からパッケージを乗せれば、おとうふが崩れることはありません。パッケージ詰めの工程を自動化したことで鮮度が高く、また人を介さないために衛生環境も向上し、賞味期限が伸びました。それに加え、一定の品質の商品を安定供給できること。この3つが評価され、取引先が広がっていきました。


池谷裕二

「やる気」「モチベーション」という言葉自体が、実は幻想なのです。モチベーションというものが存在するから行動できる、という考え方は間違い。正解は逆で、行動するからモチベーションが発生するのです。


勝海舟

世の中は時々刻々変転極まりない。機来たり、機去り、その間実に髪を入れない。こういう世界に処して、万事、小理屈をもって、これに応じようとしてもそれはとても及ばない。


ジョン・カビラ

僕の仕事は、どちらかといえば尋ねることが多いため、下調べは必要です。基本的に番組で人に話を聞く場合、アポイントメントが取れているのが前提なので、準備さえしていれば、それが誰であれ、緊張することはありません。


さそうあきら

どんなタイプの物語でも、いい作品には読者にページをめくらせるための“推進力”があります。それは多くが「問題と解決」という形をとっていると思うんです。そして問題解決が説得力を持つためには、クリアすべきハードルの質と量が重要です。


田川博己

忙しくて情報収集をしたりものごとを考える暇がないと嘆く人もいますが、スケジュールの工夫次第で、時間をつくりだすことも難しくないはずです。


此本臣吾

「1つのセンテンスに10のエビデンスを」。入社2年目に野村総合研究所のDNAを課長から叩きこまれました。言葉や文章を軽々しく使うな。現地現物。何事もうのみにせず、色々な見方を勉強させてもらえと。人を育てる強い思いを持った方に巡り合えて、私は本当にラッキーでした。


ジョン・キム(法学者)

自分の人生で日々緊張感をもって一瞬一瞬に集中できるか。それを意識している人は、密度の濃い時間を生きているといえます。


御手洗冨士夫

これは長期構想ですが、私はグループの主な生産設備を自社製にしたいと考えています。他社で進められているのと同様、キヤノンでも生産設備や自社製にすればコストダウンを進めることができます。また、ソフト開発を自社で行えば秘密漏えい防止にも役立ちます。これはかなり時間を要しますが着実に進めるつもりです。


藤田田

健全なる肉体に健全なる精神が宿るように、笑顔の店には金が宿る。


井村雅代

チームをゴールに連れていくのがコーチの仕事。人の心はどちらの方向に動いているだろうか、世界の価値観はどのように変わりつつあるだろうか、ありとあらゆることにアンテナをはって、先を読んで、目標を決めます。目標を決めたら、なにがなんでもそこまで行く。その繰り返しです。


加藤一二三

持ち時間を使って考えるならば、「この直感は果たして正しいのか」を検証したほうが有意義なのではないでしょうか。ちなみに、羽生善治竜王はご著書で、直感は70%の確率で正しいと書いていました。ものすごく謙虚だと思いました。私の場合は、どんな対局でも盤面を見た瞬間に、95%くらいの確率で最善手が浮かびます。