名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

エマニュエル・ガイベルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エマニュエル・ガイベルのプロフィール

エマニュエル・ガイベル。19世紀ドイツの詩人、作家。合唱曲『流浪の民(ジプシーの生活)』の詩を書いた人物。当時のロマン派音楽を代表するドイツの作曲家ロベルト・シューマンがガイベルの詩を好み、その詩のために曲を作った

エマニュエル・ガイベルの名言 一覧

生きていると言えるのは、お前の今日が明日を持っている時だけだ。


とげやアザミはひどく刺す。しかし、オールド・ミスの舌はもっと鋭く刺す。
【覚書き:アザミはキク科アザミ属の植物で茎に鋭いトゲがあり、触ると痛い。ノルウェーの侵略から城を守った花という理由でスコットランドの国花とされている。上記は言葉と棘の鋭さだけでなく、城を守ったという故事と独身を守り続けているオールドミスという皮肉もかけている】


エマニュエル・ガイベルの経歴・略歴

エマニュエル・ガイベル。19世紀ドイツの詩人、作家。合唱曲『流浪の民(ジプシーの生活)』の詩を書いた人物。当時のロマン派音楽を代表するドイツの作曲家ロベルト・シューマンがガイベルの詩を好み、その詩のために曲を作った

他の記事も読んでみる

毛利元就

たとえどのような事があろうとも、堪忍しなくてはならない。自分らは、兄の興元が死んでから40年もの間、井上党(毛利の実権を握っていた家臣の井上氏)の者どもを主人として奉って辛抱していた。その間のくやしさというものは、どのようなものであったか想像してほしい。40年の長い間のことであるから、その辛抱も容易なものではなかった。


田原総一朗

優秀な経営者は、グレーなところを飲み込む懐の深さを持っている。


名越康文

人の頼みを断われない人は、一度でも断わると自分の居場所にヒビが入るのではないかと不安を抱えています。誰でもそうした不安を抱えるものですが、居場所を失うことを過剰に恐れる人は、一種の「基底欠損(きていけっそん)」である可能性があると思います。基底欠損とは、精神分析の用語で、本来は安定しているべき心の基底にいわばヒビが入っている状態を指します。たとえば、幼いころに親との間で情緒的な交流がうまくできなかったりすると、基底欠損を伴いやすい。私の臨床経験でいうと、日本人の大半は多かれ少なかれ基底欠損的ではあるのです。基底欠損の人は、自分の心にあるヒビを毎日、漆喰(しっくい)で塗り固めようとしています。普段からそうなので、頼みを断わって新たに大きなヒビを作ることには、なおさら耐えきれない。そこで、無理をしてでも引き受けてしまう。


秋山浩保

部下から報告や提案を受けたあとに黙り込んでいるときは、考えているときです。これじゃダメ!と書類をバーンと投げ返しちゃうわけにはいきません。上司は部下のモチベーションを維持しなければならない。どういうふうに話して、このダメな人をリカバリーしようか、この場をどうやっていい方向に持っていこうか。自分の中で一生懸命に考えているうちに時間が経ってしまうのです。


アレクサンドル・デュマ

どんな女でも、本気になって口説くことを決心した男にはなびかずにはいられないように、人生というものも、それを元気よく口説く人間には、その最上のものを提供せざるを得ないものだ。


内藤忍

資産運用の実績は、「資産配分」「個別の銘柄選択」「投資タイミング」という3つの要素で決まります。その中でも特に大事なのが「資産配分」。年金や各種ファンドの運用実績を分析した研究で、投資実績の8割が資産配分に左右されることが確認されています。


ピタゴラス

怒りは無謀をもって始まり、後悔をもって終わる。


小川善美

通販専業者はすでに紙メディアやテレビショッピングといったロジスティック(物流システム)のノウハウを持っています。それに対抗するには、インターネットや携帯になんとなくお店を開いて商品を並べれば売れるというわけにはいきません。


鳥羽博道

単なる1の働きはどんなに働いても1の成果しかない。しかし、アイディアをもって1の働きをすれば、5の成果が出る。つまり、アイディアが重要でアイディア次第で目標達成のスピードや達成の度合いが変わってくると考えています。


秋元久雄

お客さまの信頼を得ようとして、要望を何でも聞き入れようとする営業マンをたまに見かけるが、私にいわせると間違いだ。人間の能力には限界がある。やがてその限界に達してギブアップした途端、お客さまは「私の信頼を裏切った」と不満を抱き、商談も破談になってしまう。だから、私は細かい設計変更の要望を受けても、設計の素人であるし、安請け合いしなかった。正直に「わかりません」と話して、次回訪問する際に設計者に同行してもらい、「できる」「できない」をはっきりさせた。実はそうしていくことでお客さまに誠実さが認められ、「信頼のおける営業マン」から「より深い信頼を得た営業マン」へ昇華するのだ。


窪田光洋

採用の基準は能力ではなく、「いい人」です。たとえば家族を大事にする、仲間を尊重するなどの価値観が同じであることを大切にしています。そして社員ファースト。お客様第一で社員が疲弊すると結局はお客様に迷惑がかかります。だから社員が第一なのです。


水留浩一

日本航空では業績報告会というのを毎月、3日間フルタイムでやっていました。部門ごとにある数字の集計を部門長、その部下が集まった前でそれぞれ報告する。それについて稲盛(和夫)さんが「なぜこうなっている」と質問するのです。稲盛さんは帳簿を見ると、おかしい数字が浮き出て見えると言う。問われたほうはその理由を答えられればいいですが、できなければみんなの面前でボコボコに叱咤される。日本航空の方はみんなプライドが高いので、同僚や部下の前でボコボコにされたくなかった。でも、そうすると怒られた人間は次はそうならないように努力します。さらにそれを見ていた人間も、みんなああなりたくない、きちんと報告できるようにと動き出す。当然のことですが、自分の責任範囲の数字にものすごく敏感になる。敏感になるとおかしなことがあれば修正するものなのです。