エマニュエル・ガイベルの名言

エマニュエル・ガイベルのプロフィール

エマニュエル・ガイベル。19世紀ドイツの詩人、作家。合唱曲『流浪の民(ジプシーの生活)』の詩を書いた人物。当時のロマン派音楽を代表するドイツの作曲家ロベルト・シューマンがガイベルの詩を好み、その詩のために曲を作った

エマニュエル・ガイベルの名言 一覧

1 / 11

生きていると言えるのは、お前の今日が明日を持っている時だけだ。

エマニュエル・ガイベルの名言・格言|希望があってはじめて、生きていると言える


とげやアザミはひどく刺す。しかし、オールド・ミスの舌はもっと鋭く刺す。
【覚書き:アザミはキク科アザミ属の植物で茎に鋭いトゲがあり、触ると痛い。ノルウェーの侵略から城を守った花という理由でスコットランドの国花とされている。上記は言葉と棘の鋭さだけでなく、城を守ったという故事と独身を守り続けているオールドミスという皮肉もかけている】

エマニュエル・ガイベルの名言・格言|オールドミスの舌はアザミの棘より鋭い


エマニュエル・ガイベルの経歴・略歴

エマニュエル・ガイベル。19世紀ドイツの詩人、作家。合唱曲『流浪の民(ジプシーの生活)』の詩を書いた人物。当時のロマン派音楽を代表するドイツの作曲家ロベルト・シューマンがガイベルの詩を好み、その詩のために曲を作った

おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

1 / 11

ページの先頭へ