名言DB

9490 人 / 112001 名言

エピクロスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エピクロスのプロフィール

エピクロス。古代ギリシアのヘレニズム期の哲学者。エピクロス派の始祖。幸福を生きる目的とし、現実のわずらわしさから精神を自由にすることを「快」とする哲学を提唱。72歳まで生きたとされている。エピクロス派の拠点であったエピクロスの園は学長を変えつつ250年以上継続したといわれている

エピクロスの名言 一覧

快こそ第一の生得的な善であり、快が浄福なる生の始めであり、終わりなり。


全生涯の最大の幸福を得るために知恵のみ獲得をするものにて、友情の所有こそ最大のものである。


我々は、旅の途上にあるかぎりは、これまでの道よりも、これからの道をより善いものとするように、努むべきである。そして、旅の終わりに達したときには、いつもとかわらず明朗快活であるべきである。


わずかなものに満足できない人は、どんなものにも満足しない。


あなたが善人になろうとするならば、まずあなたが悪い部分が持つことを知れ。


正義のもたらす最大の効果は、心を平静にすることだ。


死というものは存在しない。なぜなら、我々が存在する限り、我々に死は存在しない。我々に死が存在するとき、我々は存在することをやめているからである。


自分の持っているものを、十分に自分にふさわしい富と考えない人は、世界の主となったとしても不幸だ。


肉体より魂を癒すことの方がはるかに必要なことだ。なぜならば、死は悪い人生よりましだからだ。


エピクロスの経歴・略歴

エピクロス。古代ギリシアのヘレニズム期の哲学者。エピクロス派の始祖。幸福を生きる目的とし、現実のわずらわしさから精神を自由にすることを「快」とする哲学を提唱。72歳まで生きたとされている。エピクロス派の拠点であったエピクロスの園は学長を変えつつ250年以上継続したといわれている

他の記事も読んでみる

小川孔輔

これまで日本のサービス業は、顧客のために、あるいは他社との差別化のために投資をして、サービスをひたすら向上させてきた。しかし、労働力の供給量が不足するこれからの時代は、世の中から本当に求められているサービスを見極めつつ、働く人が、より効率よく楽に働けるように投資をしていくことが求められる。


小堺一機

僕がラッキーだったのは、自分の好きな道で、その道のエキスパートからどんどん学ぶ機会があったことです。


冨安徳久

「運は動より生ず」という言葉があります。運やチャンスは自分が行動しないと生じません。自分の人生を変えたいと思うのなら、行動をしなければならない。「誰かが変えてくれる」と他人に期待するのはナンセンスです。「誰かが気付きを与えてくれるのを待つ」のではなく、自分自身がどうしたいのか主体性を持って考え、行動することが大切です。全ては自己責任であり、誰かのせいにしてはいけません。


長島徹

従業員を大切にする、雇用を維持し、増やすというのは経営者として非常に大事なことです。しかし、状況によって雇用を減らさなければならないときが出てきてしまう。本当はそんな状況に陥る前に、手を打って、雇用を維持する必要があるのです。それこそ経営者の役割で、既存路線にあぐらをかいている経営者と、次の時代を見すえて動いている経営者には如実に差が出ます。


今村暁

未来のことを朝書くと、目標やその日やることを忘れずに、日中行動できるようになります。そして、夜はその日の出来事と感情を整理して書くことで、目標に向かって前向きな気持ちを持ち続けるようになります。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

士業のなかには、落ち目になりつつあるものも多い。IT化で仕事がなくなる可能性もある分野が増えている。間違いなくお金になると思われてきた税理士や司法書士でさえも、単に手続き業務をしているだけでは危うくなるでしょう。「資格を取れば安心」ではなく、どう活かすかが鍵になる。コンサルティング力や専門的ノウハウを磨くなど、自分通りに資格活用の戦略を立てるのがポイントです。


川野幸夫

改善活動の仕組みはパートナーさんの働きがいにもつながります。小売業の喜びは、自分たちの努力がお客様の反応として返ってくることにあります。経営学者のピーター・ドラッカー氏はこう語っていました。「統制や命令による仕事では、喜びは得られない」。まさにその通りで、主体的に働くことで、喜びは生まれます。


山崎将志

大抵の人は、「面白いことなんて何もない」というが、ボーッとしていたら、面白い話に気づかない。大切なのは、身の回りのことをよく観察して、何でも面白がることである。


松井忠三

人間は締切がある。あるいは明後日に企画の提案や昇進試験があるとなれば、能率は通常の三倍や五倍に上がるものです。生産制を理屈で攻めてもいろんなエクスキューズ(弁解、言い訳)が出てなかなか到達点に達しない。そうであれば、9時から7時という枠だけ決めてやる方がずっと早い。


作田久男

会社の経営も、個人の人生もそうですが、「戦うことが生きること」だと思っています。理想や信念、目標を実現したいという自分の思いと、それを阻む外的条件や世の中の不条理。この対決から逃げた瞬間に、生きることがもう半分は意味がなくなってしまうのではないでしょうか。その戦いを、周囲の評価はともかく、自分として精一杯やったなと思えるようなものにしたいのです。


小阪裕司

人びとの消費欲求が、havingからbeingに向かっています。havingとはモノに直結する消費ですが、beingは自分が大好きだと思える私になるための消費。この消費行動を起こさせる情動がフルフィルメントです。私はワクワクと言い換えていますが、必ずしも浮き立つ気分だけを指すのではありません。リゾートで心静かにしみじみと過ごすひとときや、マラソンでゴールしたときに得られる達成感もワクワクに入ります。


和田博(ヴァリアント社長)

僕は出来るだけラクをしてベストな結果を出したいタイプですよ。仕事でもゴルフでも勝てる勝負しかしようとしないから。よく言えば器用。なるべく負けない勝負をするということですね。リスクを背負うのはいいんです。ただ、せめて自分の中で勝算がある所に仕掛けていかないと、楽しくないから。