名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

エピクテトスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エピクテトスのプロフィール

エピクテトス。古代ギリシアのストア派の哲学者。奴隷の子として生まれる。30代後半にニコポリスに亡命し哲学学校を開設。エピクテトスの学校にはローマ五賢帝の一人第14代ローマ皇帝ハドリアヌスなども訪れた。80歳まで生きたといわれている

エピクテトスの名言 一覧

幸福への道はただひとつしかない。意思の力でどうにもならない物事は、悩まないことである。


人間の良心のみが唯一、あらゆる難攻不落の要塞より安全なよりどころだ。


この地上で最も程度が低いものは貪欲・快楽欲・大言壮語。最も高いものは寛容・柔和・慈悲心だ。


順境に友人を見つけることは簡単だが、逆境に友人を見つけることは極めて難しい。


正しき人は、心の状態を最も平静に保つ。不正なる人は、心の状態が極度の混乱に満ちあふれている。


あなたを罵倒したり、殴ったりする人間が、あなたを虐待するのではない。それを恥辱だと考えるあなたの考えが、あなたを虐待するのだとよく考えなさい。


自由な意思は、盗人の手の届かない財宝である。


あなたの敵にどうやって復讐すべきだろうか?できる限り多くの善行を行うよう努力しなさい。


与えられたものを受け取りなさい。与えられたものを活かしなさい。


病気は身体の障害であるが、気にしない限り意志の障害にはならない。


神は人間にひとつの舌と、ふたつの耳を与えた。しゃべることの2倍多く聞けということだ。


快楽に抵抗する人は賢者。快楽の奴隷になるのは愚者。


人間を不安にするものは物事そのものではない。物事に対する見解が人間を不安にさせる。


エピクテトスの経歴・略歴

エピクテトス。古代ギリシアのストア派の哲学者。奴隷の子として生まれる。30代後半にニコポリスに亡命し哲学学校を開設。エピクテトスの学校にはローマ五賢帝の一人第14代ローマ皇帝ハドリアヌスなども訪れた。80歳まで生きたといわれている

他の記事も読んでみる

澤田貴司

当社のゴールは会社をひとつひとつ元気にして、日本経済を元気にすることです。それには、本当に有能な経営者が育たないと駄目なんです。だから、若い人は経営者を目指してほしい。自分が経営者だったらどうするか、といつも考えて欲しい。


宮原耕治

会社でも元気な60代が増えてきた。このパワー、活力を使わないと、もったいない。彼らの持つ専門的な知識や技術、経験、人脈は多いに活用されるべき。年金の支給開始が段階的に65歳まで引き上げられるため、企業による雇用延長は社会的にも重要だ。


藤岡頼光

最初に「フィリピンで英語学校を作りたい」というアイデアを旅行代理店にプレゼンした時は、企画書を投げ捨てられました。英語を学ぶのなら、やはり欧米で、という考えが主流でしたし、フィリピン自体にも危険なイメージが残っていましたから。でも私は確信していました。フィリピンへの英語留学は絶対にウケると。


安田佳生

「走りながら考える」とよく聞きますが、あれほど効率の悪いことはありません。これは私の持論ですが、走りながら考えることはできません。考える時間と、企画づくりなどアウトプットする時間は別物です。作業が遅い人は、考えながら作業しているからです。それではダメなのです。


横川竟

お店に対する愛着やモチベーションを上げてあげればいいんです。例えば「儲かったら自分にも戻ってくる」となれば、もっと頑張ろうと思いますよね。だからうちは、従業員に持ち株を渡しているんです。今後は1年以上勤務したパートの方も、株を持てるようにしようと思っています。儲かれば儲かっただけたくさん配当を出してあげる、そうすれば気持ちも変わるし、仕事の質も上がるというわけです。


武田信繁

それぞれその者に対して、その能力に応じて使うようにしなくてはならない。古語にも、「良工は使用の材料を選ばず、良将はいかなる部下をも適材適所に置く」とある。


岡村正

世界が直面する問題点を、いかに正しく予測できるかが最も大事。将来の事について正確に予測するのは難しいと思いますが、常に頭の中が整理されている状態を保てなければ経営者として務まらないでしょう。


水谷克己

お金でなく、いまは自分の飲食事業と人脈への投資こそが、この世で最高の投資だと思っています。


高橋俊介

戦略とは「中長期的に維持可能な競争上の優位性を築くための経営資源の傾斜分配」を意味する。この原点に立ち、経営トップ主導で事業構造を見直すと同時に、人件費を一律何%カットするとか、売上比率何%カットするといった硬直的な人員管理ではなく、本当に必要なところに人員を傾斜配分する戦略的マネジメントを追求すべきなのだ。


藤井孝一

本がネットと大きく異なるのは、「体系的である」という点です。一つの分野を新しく知ろうとしたら、本を一冊読むだけで、重要なテーマや課題、その分野のキーパーソンが誰なのかまで一冊でまとめて得ることができます。一方で、本はネットに比べて即時性に欠けます。そこで本を読んで知識のベースを作り、ネットや雑誌などから最新情報をアップデートしていくのが現代における知識構築の最適な方法の一つです。


井上武(経営者)

実行するときには、常に全力投球で率先垂範を。


吉越浩一郎

世の中は常に容赦なく変化しており、会社はこうした変化への対応が宿命づけられています。変化に対応せず、同じ状態に留まることは、世の中を無視することにほかならず、それでは経営が成り立たないことは言うまでもありません。