名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

エバ・チェン(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エバ・チェン(経営者)のプロフィール

エバ・チェン。台湾出身の経営者。「トレンドマイクロ」社長兼CEO(最高経営責任者)。テキサス大学でMBAを取得。トレンドマイクロを米国で共同創業。米国本社執行役員、CTO(最高技術責任者)などを経て社長兼CEOに就任。

エバ・チェン(経営者)の名言 一覧

安全に対する欲求も、人類の本能的なものです。だからこそセキュリティ企業は、安心したいという顧客の気持ちに寄り添うことが大事。


顧客の欲求を100%満足させることは不可能ですが、我々は終わりのない努力を続けていく。


すべての国が肥沃な市場。


当社には、絶対にやってはいけない禁止事項を意味する「10ノーノー」という規定があります。社員として、管理職としてやってはいけないことを、しっかりとルール化すべきだと思います。


かつて技術開発部門の責任者を務めていた時期、私は技術で何でも解決できると思い込んでいました。製品さえ作って提供すれば、顧客は喜ぶだろうと考えていたのです。ところがCEOに就任して10年がたち、それが間違いだったと思うようになりました。顧客が求めているのは製品ではない。安心してコンピューターを活用できる環境が欲しいのです。それを実現できる、信頼できるパートナーになる必要があります。


米カリフォルニア工科大学と共同で、スマートグリッド(次世代送電網)に関する研究を手掛けたことがあります。米国の電力会社に問い合わせたところ、彼らは胸を張ってこう言いました。「うちの電力系統は外部と遮断されているから、完全に安全だ」と。ところが実際には、38カ所で外部とつながっていたことが判明しました。社員が勝手にWi-Fiのアクセスポイントを設置し、通信していたのです。政府機関であれ企業であれ、まずはセキュリティー状況を診断し、現状を把握した方がよいでしょう。


サイバー攻撃は冗談ではなく、現実の脅威です。海外の事例は対岸の火事ではなく、日本にも大きく影響する話です。傍観したり、自社のセキュリティ対策を過信するのは禁物です。


セキュリティで重要になるのが、多層防御という考え方です。最も外側の防御層はユーザーです。危険なファイルをクリックしないよう、認識を高めないといけません。万が一、ユーザーがクリックしても、ネットワークの段階で網を張っておけば、ウイルスなど危険なものを除去できます。もしそこが突破されても、最終的にサーバーの防御ができていれば、被害を防ぐことが可能です。どこかの部署でセキュリティーの問題が生じても、全社に広がらないよう被害を隔離できるでしょう。


セキュリティに100%はあり得ません。いかにリスクを管理し、それを低減するかが大事になります。たとえ攻撃を受けたとしても、被害を最小限に食い止める方策を考えるべきでしょう。


私は企業をひとつの小さな「國」だと考えています。國という漢字は、3つの要素から成り立っています。外側の四角は領土を意味し、「戈」はそれを守るための武力を象徴しています。そして左下の「口」は国民のことです。国家の定義はつまり、武力で自国の国民と領土を守ること。かつては戦闘機などが重要でしたが、今はサイバー空間での防衛も考えないといけません。


米ディスカウントストア大手のターゲットで2013年、大規模な情報漏洩が起き、CEOが辞任に追い込まれました。株価は瞬時に暴落し、集団訴訟も起こされました。セキュリティー対策は、こうした事態を防ぐために必要な投資なのです。サイバー攻撃からどうやって企業を守るのか。経営者は戦略を真剣に考え直すべきです。


セキュリティをコストだと考えて削るのは間違いです。セキュリティー対策が失敗したときに、どれだけのコストを支払うことになるのか。CEOにはぜひ理解してもらいたい。


最近増えてきたのが、「CEOメール」という攻撃手法。CEOからの命令を装ったメールを財務や購買部門に送り、お金を支払わせるというものです。CEO名で「請求書通りに支払え」と書かれていたら、何も考えずに従う人も多いはず。特に東洋ではトップダウンの文化が根付いていますから。


エバ・チェン(経営者)の経歴・略歴

エバ・チェン。台湾出身の経営者。「トレンドマイクロ」社長兼CEO(最高経営責任者)。テキサス大学でMBAを取得。トレンドマイクロを米国で共同創業。米国本社執行役員、CTO(最高技術責任者)などを経て社長兼CEOに就任。

他の記事も読んでみる

ホセイン・ヤサイ

お客様の成長なくして当社の成長なし。


中條高徳

リーダーには決断のために、その組織で最も情報と金が集まる仕組みになっています。状況がいい時は部下も得意先も安心して指揮官の顔は見ません。しかし悪くなってくると、「金も情報も持っているのだから、指揮官はこの事態をどう判断するのか」とまじまじと上司の顔を見るのです。困って顔面蒼白になっていたら、部隊が勝てる道理がないではありませんか。


二宮雅也

リスク管理の高度化や内部統制を厳格化するのは当然ですが、そのうえで、お客様目線の徹底という基本に立ち返る必要があると感じています。保険業界はもともと規制業種でしたから、マーケティングやお客様ニーズの把握などは不得手なほうです。しかし今後は、お客様の信頼を得てはじめて成長を語れるのだということを肝に銘じていきたいと思います。


大坪清

これまで請負や派遣社員を使ってきたのはやはりコストを抑えるためです。1000人強の派遣社員をこの際どうするのかという議論の中で、今後も派遣社員として使い続けていくのであれば、従来と何も変わりません。会社にとって本当に必要な人間であれば、レンゴーで働く人間は全員正社員にしようと決めたのです。結果としては大成功しました。


山崎将志

時代に合わせて、お客様が求める商品やサービスを生み出していかなければ、組織は存続できません。


楠木建

優れた戦略には「Aをすれば、Bが起きる、そうなるとCが生まれる、それがDを触発して、Eになるから儲かる」という時間展開があるわけです。数学的な比喩でいえば、ストーリーは組み合わせではなく順列です。ものごとが起きる順番にこだわらないと、良いストーリーはできません。


小宮一慶

良い本は何度も読んで心に刻みます。「良書」の基準は2つ。一つは何年経っても世に残るような、普遍的知恵に満ちたもの。もう一つは論理的な分析を伴うもの。読むときは常に実践を意識します。次の行動に結びつかない読書は基本的にはしません。とはいえ一方で、読書は心の豊かさを育むものでもあります。今は時間がなくてなかなか読めていませんが、文学作品も好きです。


今井繁之

マネジャーが駆使すべきなのは、プロセス質問です。プロセス質問とは、問題解決のプロセスに沿った質問です。部下に考えさせて答えを引き出す質問です。


福沢諭吉

愚民の上に苛酷な政府がある。良民の上には良い政府がある。


寺畠正道

様々なプロジェクトに関わってきましたが、1994~98年に買収した英マンチェスタータバコ社の経営に携わった経験が、私の原点とも言えるものです。というのも、そこで手痛い失敗をしたからです。新工場の建設で、私が現地の意見を取り入れて立案した計画は日本の本社に受け入れられず、結局、本社の案を採用しました。その案は高コストになる可能性が見えていたのですが、現地の意見を十分に伝えられず、結局うまくいかず工場を閉鎖しました。当時、私はまだ30歳前後と若く、経験不足で、日本と現地の双方を納得させる計画を作れなかったのです。その教訓は、RJRナビスコの買収に生かすことができました。頭ごなしに指示を出すのではなくて、議論してJTと被買収企業の双方が納得できるソリューションを見いだすことができました。その手法が、現在のJTのグローバル化に生きています。


山田昇(ヤマダ電機)

「創造と挑戦」は大事だけど、それだけじゃ駄目ですね。皆に感謝され、信頼されて、そして結果的に企業価値が高まって社会貢献できる。これができるようになれば、うちは永遠に安泰ですよ。


熊谷正寿

我々のビジネスの基本は、すべてを自分たちでつくり、自分たちで売ること。そのためパートナー(従業員)の約半数がエンジニアやクリエーターです。彼らがナンバーワンのプロダクトを生み出すためには、日頃から本物のアートに触れて感性を磨くことも大事です。