名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

エバ・チェン(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エバ・チェン(経営者)のプロフィール

エバ・チェン。台湾出身の経営者。「トレンドマイクロ」社長兼CEO(最高経営責任者)。テキサス大学でMBAを取得。トレンドマイクロを米国で共同創業。米国本社執行役員、CTO(最高技術責任者)などを経て社長兼CEOに就任。

エバ・チェン(経営者)の名言 一覧

安全に対する欲求も、人類の本能的なものです。だからこそセキュリティ企業は、安心したいという顧客の気持ちに寄り添うことが大事。


顧客の欲求を100%満足させることは不可能ですが、我々は終わりのない努力を続けていく。


すべての国が肥沃な市場。


当社には、絶対にやってはいけない禁止事項を意味する「10ノーノー」という規定があります。社員として、管理職としてやってはいけないことを、しっかりとルール化すべきだと思います。


かつて技術開発部門の責任者を務めていた時期、私は技術で何でも解決できると思い込んでいました。製品さえ作って提供すれば、顧客は喜ぶだろうと考えていたのです。ところがCEOに就任して10年がたち、それが間違いだったと思うようになりました。顧客が求めているのは製品ではない。安心してコンピューターを活用できる環境が欲しいのです。それを実現できる、信頼できるパートナーになる必要があります。


米カリフォルニア工科大学と共同で、スマートグリッド(次世代送電網)に関する研究を手掛けたことがあります。米国の電力会社に問い合わせたところ、彼らは胸を張ってこう言いました。「うちの電力系統は外部と遮断されているから、完全に安全だ」と。ところが実際には、38カ所で外部とつながっていたことが判明しました。社員が勝手にWi-Fiのアクセスポイントを設置し、通信していたのです。政府機関であれ企業であれ、まずはセキュリティー状況を診断し、現状を把握した方がよいでしょう。


サイバー攻撃は冗談ではなく、現実の脅威です。海外の事例は対岸の火事ではなく、日本にも大きく影響する話です。傍観したり、自社のセキュリティ対策を過信するのは禁物です。


セキュリティで重要になるのが、多層防御という考え方です。最も外側の防御層はユーザーです。危険なファイルをクリックしないよう、認識を高めないといけません。万が一、ユーザーがクリックしても、ネットワークの段階で網を張っておけば、ウイルスなど危険なものを除去できます。もしそこが突破されても、最終的にサーバーの防御ができていれば、被害を防ぐことが可能です。どこかの部署でセキュリティーの問題が生じても、全社に広がらないよう被害を隔離できるでしょう。


セキュリティに100%はあり得ません。いかにリスクを管理し、それを低減するかが大事になります。たとえ攻撃を受けたとしても、被害を最小限に食い止める方策を考えるべきでしょう。


私は企業をひとつの小さな「國」だと考えています。國という漢字は、3つの要素から成り立っています。外側の四角は領土を意味し、「戈」はそれを守るための武力を象徴しています。そして左下の「口」は国民のことです。国家の定義はつまり、武力で自国の国民と領土を守ること。かつては戦闘機などが重要でしたが、今はサイバー空間での防衛も考えないといけません。


米ディスカウントストア大手のターゲットで2013年、大規模な情報漏洩が起き、CEOが辞任に追い込まれました。株価は瞬時に暴落し、集団訴訟も起こされました。セキュリティー対策は、こうした事態を防ぐために必要な投資なのです。サイバー攻撃からどうやって企業を守るのか。経営者は戦略を真剣に考え直すべきです。


セキュリティをコストだと考えて削るのは間違いです。セキュリティー対策が失敗したときに、どれだけのコストを支払うことになるのか。CEOにはぜひ理解してもらいたい。


最近増えてきたのが、「CEOメール」という攻撃手法。CEOからの命令を装ったメールを財務や購買部門に送り、お金を支払わせるというものです。CEO名で「請求書通りに支払え」と書かれていたら、何も考えずに従う人も多いはず。特に東洋ではトップダウンの文化が根付いていますから。


エバ・チェン(経営者)の経歴・略歴

エバ・チェン。台湾出身の経営者。「トレンドマイクロ」社長兼CEO(最高経営責任者)。テキサス大学でMBAを取得。トレンドマイクロを米国で共同創業。米国本社執行役員、CTO(最高技術責任者)などを経て社長兼CEOに就任。

他の記事も読んでみる

星野佳路

私の場合、何か困ったとき、解決したい問題が発生したときに、それを解決してくれる本を探して読みます。逆に困らなければ、本は読みません。


小林喜光

企業だけで閉じた研究開発はもう古い。強い部分は閉じ、弱い部分はみんなで協力して早く進める「オープン&クローズ戦略」が必要。


大山健太郎

能力評価には時間をかけています。時間をかけるからこそ、本人も周囲も納得のいく評価ができるわけです。


村上龍

私がインタビュアーをつとめる『カンブリア宮殿』という経済番組を通してわかってきたことがいくつかありますが、営業職の変化もそのひとつです。かっての接待・受注型の営業では、押しの強さや話術が重要でした。しかし、今は、提案型の営業が主流になりつつあります。顧客のリクエストに「耳を傾け」、理解して、「だったらうちのこういった商品・サービスだと、こういう効果が期待できますけど」と切り出すわけです。そういった営業戦術においては、「聞き上手」は有利です。「聞き役ばかり」と嘆く前に、「最高の聞き役」を目指してみてもいいのではないでしょうか。


ケリー・マクゴニガル

目標を達成する途中で手ごわい課題にぶち当たったら、「人に助けを求めること」が重要。自分自身の努力だけでゴールにたどり着くのは、非常に難しいのですから。周囲の助言やフィードバックなどのサポートを得られれば、ゴールしやすくなります。


水野敬也

本の主人公は著者ではなく読者だと僕は思っています。「自分を見てくれ」ということが本をつくる目的ではありません。


加来耕三

歴史には、一度は敗者となるも努力して成功をつかんだ例は少なくありません。人生には大逆転があります。歴史を知れば、たとえつまずいても敗者復活戦があると確信できます。


桐山一憲

他を受け入れるとか、尊重するということに、日本人は慣れていない。そこを克服すれば、活躍できる機会は広がると思います。


深谷かほる

私の飼っている黒猫のマリは、何かに襲われたのか片目が潰れ、もう片方も瞳が濁っています。子猫のとき、獣医さんには長くはもたないと言われました。でも、すごく元気に強い猫に育って、今では14歳です。「こんなに欠けている部分があっても全然大丈夫なんだ」とマリは私の視野を広げてくれました。


枝野幸男

立憲民主党が支持されたのは、国民の顕在化されていなかったニーズ――政治に対する不信・不満というものに応える、あるいは応えてくれるのではないかと期待される存在と、認めていたのではと思っています。


津川友介

医学界では1つの研究だけでは根拠不十分。同様の研究論文が複数あり、ある程度同じ結論を示唆していることを確認し、初めて信用できるのです。「最新の研究では」という枕言葉が要注意である所以です。最新の研究は論文発表がまだ1件だけしかないという場合も多いですから。


山田昇(ヤマダ電機)

だって、皆さんね、たとえば電気製品を買われるときに、自分の住まいの広さや間取りを考慮して購入されるように、全部住まいに関連する商品ばかりなんですよ。家電という側面で住宅のことを考えると、家丸ごと、算出できる業種なんですよ、家電というのは。