名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

エド・ディーナーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エド・ディーナーのプロフィール

エド・ディーナー。アメリカの心理学者。ポジティブ心理学の世界的権威。イリノイ大学心理学部名誉教授。

エド・ディーナーの名言 一覧

幸せな人は、幸せでない人に比べ、14%も寿命が長い。


エド・ディーナーの経歴・略歴

エド・ディーナー。アメリカの心理学者。ポジティブ心理学の世界的権威。イリノイ大学心理学部名誉教授。

他の記事も読んでみる

三谷忠照

当社の事業領域は6つのセグメントなのですが、仕事でとらえればスキルや知識というのはセグメントをまたいで有効なものもありますし、高い山に登れば違う景色が見えるように、ひとつの仕事を究めれば他の仕事も類推することができます。また、違う発想を持つ者同士が一緒に仕事をすることでブレークスルーも起きやすくなる。ですから、全く違うセグメントへの異動も行われますし、それが当社の強みになるということです。


片瀬那奈

私は昔から体育会系でまっすぐなタイプ。自分で言うのも何ですが、かなりマジメです。だから、モデルにしてもキャンペーンガールにしても、お引き受けしたからには100%の力で臨み、要求に応えるのが当然だと思ってはいました。そして、いつしか、自分が「やる」と決めて、全力でやれば、何でもできると思うようになっていました。うぬぼれていたわけではないんですが「やればできる」という思いが、思い込みのようなものになっていたのかもしれません。


金井誠太

ライバル車と比較するとき、大抵は「A車にはここで負けるけれど、こういう事情があるから仕方ない。自社比ではこれこれの改善」といった結論になりがちなのです。それは絶対に許さない。必ず数字で根拠を説明してもらい、突破策を提案してもらう。当社比という言葉は金輪際聞きたくないと宣言しました。


駒崎弘樹

ワークライフバランスというと日本では、「女性のもの」「子育て支援」という文脈で語られることが多いですよね。しかしもともとは欧米で、産業構造の変化から生まれたものです。労働市場でのニーズは、ものづくり中心の工業経済下で必要だった「長時間働き続ける工員」から、知識経済下で必要な「付加価値を発想してくれるできる人」に移った。付加価値を生み出すには、勉強したり、社外の人とコミュニケーションを取らなくてはならない。そこで出てきたのがワークライフバランスです。会社が社員の人生に配慮して生まれた考え方ではなく、ビジネス上の要求なのです。その一番のポイントは長時間労働の是正です。


青木定雄(兪奉植)

いま、日本人の間から、かつての質素や勤勉、自立心といった美徳が失われかけている気がしてなりません。不況から抜け出せないのは政治や行政、金融機関が悪いからだというのは簡単です。しかし、資本主義の下で、日本が元気になるにはそれぞれの企業が良いモノやサービスを生み出して競争に勝つしかありません。そのためには苦しみ抜くしかないんです。「苦労は買ってでもしろ」。そんな精神をもう一度、取り戻してもらいたいと私は切に思います。


堀切功章

需要は創り出すもの。例えば、当社の「いつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ」という商品は、加熱処理をしていない生しょうゆを、鮮度を維持する密封容器に入れた商品なのですが、「このしょうゆは美味しい」と話題になりました。これは新しい価値を付加できたからではないかと思います。


宮原博昭(経営者)

ベッドのシーツは、1か所を引っ張ると、他も引っ張り上げられていきますよね。このように、人材も、どこか1か所を引っ張れば、他の人もついてくる。


関家憲一

次世代の幹部から「いまは時代が変わったのではないか」などと言われ、議論がかみ合わない。これではいけない、企業ビジョンを作ろうと思い、企業のあるべき姿をメモにして役員会に出してみたところ、極めて反応が悪い。そこで経営トップと若手幹部が一緒になって10人程度のチームを作り、企業のあらゆる価値観について原点に立ち返って議論を始めました。その結果を「ディスコ・バリューズ」という企業としての行動規範にまとめ上げました。


佐々木正悟

最近では、ほとんどの連絡や伝達事項をメールで行っているところが多いようですが、このメールを頻繁にチェックすることで、その場の思考は停止、さらに新しい情報が脳内にインプットされ、思考の整理どころではなくなってしまいます。これでは効率的な仕事はできません。


益本康男

技術革新は新たな付加価値をつける点では大事ですが、競争相手を間違っているのではないでしょうか。技術者は機械が売れなくなるから付加価値をつけると言いながら、自分の過去と競争して「勝った、負けた」と騒いでいる。それが成功体験の恐ろしさです。ビジネスの勝敗は、「ライバル企業」と、「使う人」で決まるものです。私は、この二つを見てどうすべきかをいつも考えろと言っています。


高橋英樹(俳優)

仕事をうまく進めるために重要なのが、好奇心を持つこと。好奇心が旺盛であれば、物事に対して真摯に取り組む姿勢ができる。


ジェイ・エイブラハム

経済危機において買い手の確信や動機の薄れとともに売り上げが落ち込むときには、たまらなく魅力的で、誰にもまねできない、断れないオファーをする必要がある。あなたのゴールは、景気のいい時も悪い時も、常に購買に対する彼らの抵抗を和らげること、初回購入のバリアを下げ、ハードルを低くする努力をすることだ。