名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

エドワード・ヤングの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エドワード・ヤングのプロフィール

エドワード・ジョウゼフ・ヤング。アメリカの聖書学者(旧約聖書学者)。カリフォルニア州サンフランシスコ出身。スタンフォード大学、ウェストミンスター神学校で学ぶ。卒業後、米国正統長老会の教役者として牧会に従事。ドイツのライプツィヒ大学、スペイン、エルサレムなどで学んだのち、ドロプシー大学大学院で博士号取得。ウェストミンスター神学校旧約聖書学教授として活躍。そのほか、ニュー・インターナショナル・コメンタリーの旧約部門初代編集主任などを務めた。主な著書に『旧約聖書緒論』『旧約聖書の神学』『ダニエルの預言』『アラビア語初歩文法』『イザヤ書注解』など。

エドワード・ヤングの名言 一覧

すべての人々は、自分以外の人間は皆死ぬものだと思っている。


エドワード・ヤングの経歴・略歴

エドワード・ジョウゼフ・ヤング。アメリカの聖書学者(旧約聖書学者)。カリフォルニア州サンフランシスコ出身。スタンフォード大学、ウェストミンスター神学校で学ぶ。卒業後、米国正統長老会の教役者として牧会に従事。ドイツのライプツィヒ大学、スペイン、エルサレムなどで学んだのち、ドロプシー大学大学院で博士号取得。ウェストミンスター神学校旧約聖書学教授として活躍。そのほか、ニュー・インターナショナル・コメンタリーの旧約部門初代編集主任などを務めた。主な著書に『旧約聖書緒論』『旧約聖書の神学』『ダニエルの預言』『アラビア語初歩文法』『イザヤ書注解』など。

他の記事も読んでみる

妹尾大

よく、「我が社はクリエイティブな場をオフィスの中につくりました」という話を聞きますが、実際にそこに人が集わなければ、そこは場所・空間にすぎず、「場」とは言えません。このような「場」をつくりやすくするためのコツの一つは、食べ物や飲み物を用意すること。昼食を一緒に取るのもいいでしょう。知り合いのある企業の部長さんは、「お菓子のない会議はやらない」と公言して自らお菓子を持ち込んでいます。食べ物や飲み物はカジュアルな雰囲気を演出し、対話をしやすくする効果があるためです。また、卓球台やビリヤード台などの遊具も対話を促す効果があるようです。「場」では、思いついたことを、すぐ口に出せることが大切であり、そのためには、堅苦しくないほうがよいのです。


糸井重里

これまで以上に、仕事のことは考えています。ドラッカーで言えば、「顧客の創造」についてですよね。私たちは、何によって社会に憶えられるか、です。「あんたらがいて、よかったわ」と言われるチームに、ますますなっていきたいものです。僕ら「たいしたことないもの」なりに、働く気は、いままで以上に湧いていますからね。


米倉弘昌

私がよく経団連で申し上げているのは、経済を動かすのは我々企業であって、企業自らが成長を実現していくんだという気概を持って経営していく、そういうことで本当に成長が実現できるだろうと思います。


トム・ピーターズ

あなたの価値は常に新しいことを学び続け、今まで以上に広範囲の人々とともに仕事をし、そして起業家としての精神を持つことができるかどうかにかかっている。


上條淳士

一番気をつけたことは、雰囲気で描かないということです。キャラが持つギターやスタジオの様子など、とにかくディテールを細かく描いていって、実際に存在しているくらいまで持っていくことで、ようやく読者は「○○っぽいバンドの音」というふうに自分の頭の中で置き換えてくれる。むしろ読者のイメージに委ねるような感じで描いていきましたね。


大串亜由美

いいプレゼンをするために話し方を改善したいと考えるなら、まずは本番前にリハーサルをすることです。当たり前のことのようですが、実はこれができている人が少ない。結果、聴き手をうんざりさせるプレゼンになってしまっていることが多いのです。


山中伸弥

研究者が自分の研究が本当に新しいか、誰かの真似になっていないかを常にチェックする必要があります。大阪市立大学大学院に在学中、助教授に言われた言葉が印象に残っています。それは、「阿倍野の犬実験になるな」です。日本の研究の多くは、「米国の犬がワンと鳴いたという論文があるが、日本の犬もワンと鳴いた」というものです。さらに日本の犬がワンと鳴いたという論文を見て、「阿倍野の犬もワンと鳴いた」と書く。研究者は油断すると、他人の方法論を真似て、阿倍野の犬のような論文を書いてしまう。こういう研究からイノベーションは生まれません。
【覚書き|阿倍野とは、大阪市立大学医学部がある大阪市阿倍野区のこと】


鎌田富久

以前はハードウエアベンチャーがグローバルに展開しようとすると、販売網や営業を整備しなければならないなど、非常に体力が必要でしたが、今ではすぐにグローバルを狙える環境となっており、ネット販売もできるし、ソーシャルで宣伝もできます。アイデアさえ良ければ世界に持っていけます。


根本裕幸

部下に弱音を吐くことは、飲み会でするのではなく、会議室などで「仕事として」するべきです。飲み会は「会社の延長」なのか「プライベート」なのかはっきりしません。ひと昔前は、その曖昧さが「飲みニケーション」として重宝がられましたが、今の時代は通用しません。業務のことは業務で終わらせましょう。


川村隆

日立もいろいろとポートフォリオ組み替えをしていますが、部分最適より全体最適という考え方で進めてきました。部分的にはこの事業は小さくなってしまうが、全体の成長にはやむなし、という論理でやっているわけです。


外山滋比古

数年投資をしていれば分かる。主観的に強く魅力を感じて選ぶ企業への投資は危ない。熱くなり過ぎ、判断が鈍るのが常だ。企業への特別な関心、惚れ込みリスクを避けるためには10~15銘柄は買いたい。業界も分散しやすくなり、リスクも下がる。予算内で工夫をする。「こっちが青ならこっちは黒」「あっちが三角ならあっちは丸」というように。そうして色々な選択をすると、偶然の確率が上がる。同じものばっかり、丸ばっかりだと全滅してしまう。色々なものが混ざって、丸が駄目でも三角や四角があると雑然とした状態がいい。だから、ポートフォリオは論理を超越したものになる。世の中が「丸がいいですよ」と言っていても、それに賭けたら駄目なんですよ。丸だけではなく、その反対のバツも持つ。バツも案外面白いかもしれないから、丸を買ったらバツも買う。こういうことも失敗と成功を繰り返しているうちに、自然と身に付く。経験から得る知恵のようなものだね。


白川敬裕

時間が惜しいからと闇雲にテキストを読み始めたり、問題集に取りかかってはいけません。本当に勉強の効率を重要視するなら、最初に時間をかけて行程表をつくるべきです。そのとき大事なのは最短でゴールに到達するプランにすることです。ゴールまでが長いとどうしてもダレたり、途中で挫折しやすくなります。