名言DB

9419 人 / 110788 名言

エドワード・ヤングの名言

twitter Facebook はてブ

エドワード・ヤングのプロフィール

エドワード・ジョウゼフ・ヤング。アメリカの聖書学者(旧約聖書学者)。カリフォルニア州サンフランシスコ出身。スタンフォード大学、ウェストミンスター神学校で学ぶ。卒業後、米国正統長老会の教役者として牧会に従事。ドイツのライプツィヒ大学、スペイン、エルサレムなどで学んだのち、ドロプシー大学大学院で博士号取得。ウェストミンスター神学校旧約聖書学教授として活躍。そのほか、ニュー・インターナショナル・コメンタリーの旧約部門初代編集主任などを務めた。主な著書に『旧約聖書緒論』『旧約聖書の神学』『ダニエルの預言』『アラビア語初歩文法』『イザヤ書注解』など。

エドワード・ヤングの名言 一覧

すべての人々は、自分以外の人間は皆死ぬものだと思っている。


エドワード・ヤングの経歴・略歴

エドワード・ジョウゼフ・ヤング。アメリカの聖書学者(旧約聖書学者)。カリフォルニア州サンフランシスコ出身。スタンフォード大学、ウェストミンスター神学校で学ぶ。卒業後、米国正統長老会の教役者として牧会に従事。ドイツのライプツィヒ大学、スペイン、エルサレムなどで学んだのち、ドロプシー大学大学院で博士号取得。ウェストミンスター神学校旧約聖書学教授として活躍。そのほか、ニュー・インターナショナル・コメンタリーの旧約部門初代編集主任などを務めた。主な著書に『旧約聖書緒論』『旧約聖書の神学』『ダニエルの預言』『アラビア語初歩文法』『イザヤ書注解』など。

他の記事も読んでみる

葉山有樹

あるものに対して、多大な犠牲の下で成り立っているのかどうかについては絶対に感知されてしまうから、こちらとしては一所懸命にやらなければ、底の浅さが露呈してしまう。人間が「美」を感じるのは、頭と体の限界まで犠牲を捧げきったところ、なのではないでしょうか。


大谷昭宏

いくら「お利口さん」でも、直接、人間とぶつかってみないとわからないことが山ほどある。


三須和泰

三菱商事の人脈やノウハウなど、活用できるものは何でも使いたい。


田原総一朗

常識なんてしょせん嘘っぱち。天皇陛下は神様だとさんざん教えていた政治家や教師が、戦争に敗れると突然民主主義こそ正しいと言い出す。そんな現場を見てきているから、僕は偉い人も政治家も、そして常識も信用しない。


田中良和(GREE)

昔からネットの世界にいる人は初体験には慣れっこなんです。当時は業界もなく、初めてのことをやるのは当たり前。だから、ゲームを誰も作ったことがなくても、何とかなるだろうと。


程近智

競争力を上げるには、ポートフォリオを再編して資本効率を高める必要がある。


高橋淳(経営者)

焼き肉やしゃぶしゃぶは低価格であったとしても、家族4人でお越しいただくと1万円を超えます。片やファミリーレストランなら4人で4000円ちょっとで食べられる。そう考えると、1万円に対してお客様から求められる基準は高いと思うんです。逆に、その高い基準をクリアできれば、お客様は信頼してまた来店してくださる。その期待を裏切ることはできません。


御手洗冨士夫

流動性の高い社会は、せっかくその人材に投資しても辞めてしまうので、教育投資効率が悪いともいえる。終身雇用は安心して生涯教育ができる。それから、入社して一生勤めるつもりであれば、自分の会社を傷つけることはしないはず。終身雇用には文化的ガバナンスがある。


三國清三

帰国してからの30代の私は、なんとか恩師のジラルデさんやトロワグロ兄弟といった料理の神様のような天才になりたいと、力づくで自分の料理を認めさせようとした。「どうだ、すごいだろう」と、挑発的につくられる料理。少し過激にいえば、相手をねじ伏せようとする武器代わりとしての料理。次第に私は、料理業界人や評論家からバッシングされ、「三國は生意気だ」「フランス料理に、しょうゆを使うなど邪道だ」などと非難を浴びた。フランスで身につけたはずのものが、日本では理解されない。そうしたジレンマを抱えた私は、逃げ場を海外に求めた。ニューヨークやタイなど、海外の一流レストランで開催した「ミクニ・フェスティバル」は、トップクラスの集客力を誇り、海外で高く評価され、ようやく私は、日本でも認められていった。


上田彩子

常にポジティブな顔をしていればいいかといえばそうとは限りません。相手を怒らせてしまったときなどにニコニコしていたら、さらに怒りを買うことは必至。日本人は特に、他人との共感を重視するため相手の心情に合わせた表情で対応することが大切です。相手が怒っているときは口角を下げて申し訳なさそうな顔=ネガティブ顔をする。そうすると、相手は自分の思いが伝わったと解釈し、怒りの感情が収まるのです。