エドワード・ヤングの名言

エドワード・ヤングのプロフィール

エドワード・ジョウゼフ・ヤング。アメリカの聖書学者(旧約聖書学者)。カリフォルニア州サンフランシスコ出身。スタンフォード大学、ウェストミンスター神学校で学ぶ。卒業後、米国正統長老会の教役者として牧会に従事。ドイツのライプツィヒ大学、スペイン、エルサレムなどで学んだのち、ドロプシー大学大学院で博士号取得。ウェストミンスター神学校旧約聖書学教授として活躍。そのほか、ニュー・インターナショナル・コメンタリーの旧約部門初代編集主任などを務めた。主な著書に『旧約聖書緒論』『旧約聖書の神学』『ダニエルの預言』『アラビア語初歩文法』『イザヤ書注解』など。

エドワード・ヤングの名言 一覧

すべての人々は、自分以外の人間は皆死ぬものだと思っている。


エドワード・ヤングの経歴・略歴

エドワード・ジョウゼフ・ヤング。アメリカの聖書学者(旧約聖書学者)。カリフォルニア州サンフランシスコ出身。スタンフォード大学、ウェストミンスター神学校で学ぶ。卒業後、米国正統長老会の教役者として牧会に従事。ドイツのライプツィヒ大学、スペイン、エルサレムなどで学んだのち、ドロプシー大学大学院で博士号取得。ウェストミンスター神学校旧約聖書学教授として活躍。そのほか、ニュー・インターナショナル・コメンタリーの旧約部門初代編集主任などを務めた。主な著書に『旧約聖書緒論』『旧約聖書の神学』『ダニエルの預言』『アラビア語初歩文法』『イザヤ書注解』など。

他の記事も読んでみる

小笹芳央

一度染みついた思考習慣は、簡単には抜けないと思うかもしれません。でも、ほんの少しの工夫で克服できるようになります。私はリクルート時代、すぐにネガティブな言葉を口にする部下に対して、「ポイント制」を導入していました。「どうせ」「しょせん」と言った途端、聞きつけた人が棒グラフにシールを貼るのです。だんだんと棒が伸びていくと、本人もまずいと思い始め、最終的にネガティブな言葉を使わなくなる。


眞鍋政義

監督、選手だけでなくスタッフを含め一丸とならなくては勝てるチームはつくれません。そこで個々のスタッフの役割を明確にして、任せるべきことは任せました。一人一人を責任あるポジションに置けば「自分はこのチームに貢献している」という意識を持ち、チーム全体の一体感も高まるだろうという期待からです。


松下幸之助

心配またよし。心配や憂いは新しくものを考え出すひとつの転機ではないか。


加藤照和

新入社員の頃、『松下経理大学の本』に出会いました。そこには経理のことだけでなく、「衆知を集める」「ダム経営」「水道哲学」など、これまで幸之助さんが提唱されてきた経営のエッセンスも随所に記されていました。社会人としての第一歩を踏み出す時に、こうした一流の仕事観、経営観にふれられたというのは、誠に幸運なことでした。それ以来、幸之助さんの本をいろいろと買い求めて仕事の指針としてきました。


榊原定征

規制緩和と成長戦略の2つが、日本の経済成長のエンジンになる。これを進めて、日本経済の活力を引き出していくことが重要。規制緩和を進めれば、ビジネスチャンスは広がる。


渡部昭彦

転職は衝動的にするのではなく、3手先を考えることが大切。45歳以上に企業が期待するのは専門性で、まずこれがなければ入り込めませんが、そのあとで自分はどうキャリアを展開したいのかを描くこと。それはまた転職をするということだけではなく、転職先での展開も含めてです。


大橋博(教育者)

今も中退者だけではなく、小・中学校の不登校児童も減っていません。これは公教育が悪いのではなくて、公教育に当てはまらない子たちが増えてきたのだと思うんです。何もかもできる子が優秀と言われる学校教育にあって、オールマイティでない子供たちは精神的に苦しいのだと思います。それに友達のいじめや先生と合わないということもあるでしょう。だから、そういう子供たちでも勉強できる場所が必要だろうと考えて、国際自由学園というのをつくったのです。


マザー・テレサ

一緒に住んでいたり、または血のつながった親族といった人たちに微笑みかけることは、あまり親しくな人々に対して微笑みかけるよりも難しいときがあるものです。「愛は近きより始める」ということを忘れないようにしましょう。


古賀稔彦

前襟の合わせ、帯の結び、こうしたことは、柔道が強い、弱いにかかわらず、誰でも心がけしだいで、きちんとできるものです。でもやっぱり見渡すと、上達していく人というのは道衣をしっかりと身につけています。柔道というのは、ある意味、人前で自分を表現するスポーツですから、意識の高い選手は、もっときれいに、もっと完璧に、と自然に細部まで気を配るようになるんです。「これくらいでいいだろう」という気持ちの選手は、往々にして技も見た目も締まりがありません。


落合寛司

頑張っている人に共通するのは、前向きにトライしていることですね。課題に対して自責で取り組む。この自責というのは自分の責任という意味です。もちろん、うまくいかないことは変革期においてはたくさんあります。あるいは、今までと違ったコンサルをやると失敗するケースもあります。そのうまくいかないときに、世の中が悪いんだとか、金融を取り巻く環境が悪いと他に責任を転嫁する人は伸びていきませんね。


小林作都子

正しい言葉や敬語が使える人は、教養や品性があるように見えますし、「親のしつけができている」「きちんとした人間だ」などと人間としての内面性も高く評価されます。その結果、相手との信頼関係をほかの人より早く構築することができます。


引田淳

統率を教える中で、私が一番重要だと伝えているのは、まず、自らの使命感、責任感を確固たるものにしないといけないということです。我々が教えている学生は、卒業し、部隊に行けば初級幹部になりますから、率先垂範を示せと伝えます。「リーダー・イズ・ファースト」ですね。


太田彩子

足りないものに焦点を当てるより、自分にできることを足元から積み上げていく方がいい。


正垣泰彦

産地契約の農家の方々とは、ほかよりいい条件でやっているはずです。高く買わないと、農家の方も真剣にいいものをつくってくれないんですよ。逆にきちんとした値段で買うと、農家の人達はもっと安くできる方法はないかと考えてくれるんです。これが本当のカイゼンなのです。サイゼリヤも農家の方々も、皆が良くならないと意味がない。


宮崎龍己

当社のビジネスモデルは継続的にIT人材を創出していくものであり「採用」「教育」「営業」の3要素に加え、初期の人材教育を支える財務基盤が必要な独自性の高いものであるため、他社は容易に模倣できません。


ページの先頭へ