エドワード・モンザーの名言

エドワード・モンザーのプロフィール

エドワード・L・モンザー。アメリカの経営者。産業機械メーカー「エマソン・エレクトリック」社長。

エドワード・モンザーの名言 一覧

子会社はなるべく作らない。小さな企業体にした方が環境変化に適合させやすい。


エドワード・モンザーの経歴・略歴

エドワード・L・モンザー。アメリカの経営者。産業機械メーカー「エマソン・エレクトリック」社長。

他の記事も読んでみる

浜田宏

会社と勉強を両立するには時間を有効に活用するしかありません。通勤時間の往復2時間はもちろん勉強。歩いている時間はリスニングにあて、雑音がうるさい電車の中では文法の勉強です。また週3日は、同僚とランチに行くのを我慢して昼休みに勉強。さらに社内プロジェクトが終わる11時から、終電が発車する12時15分まで会社で勉強。1日4時間は勉強していました。


北尾吉孝

自分に起きたことはみな天の配剤だと思って受け入れる。これは私の考え方の基本にあるものです。だからクヨクヨ悩んだりもしません。たとえば、ある会社を買収しようとして上手くいかなかった場合、「ああよかった。これはきっと天が買収しない方がいいからと、そう仕向けたんだ。買収したら何か問題が起こったに違いない。そんなことに資金を使わずに済んでよかった」と考えます。


白石康次郎

人間はイメージできないものは絶対に実現できません。


林野宏

社長をライバルに見立て、そのポジションを本気で目指せば目の前の課題だけでなく大きな視点でものごとをとらえる習慣がつきます。この時点で、狭い視点で汲々とするライバルに一歩差をつけられます。目標が部課長ではなく組織の頂であるため努力が長続きするのです。努力が長続きすると、自分なりの戦略も持ち、ライバルに勝る武器を持とうと絶えず精進できます。上司に依存せずに自分でものを考え行動するので知恵もつきます。


高杉晋一

世の中の人はそれぞれ思想も好みも違う。部下の意見を好んで聞く人もあれば、聞くのを嫌がる人もいる。人間というものは自分の個性を殺してまで人に迎合する必要はなかろう。なにごとも私心を挟まない限り、正々堂々と自分の意見を述べるのに遠慮はあるまいと思う。


安藤忠雄

日本のマンションは非常に機能的ですが、天井は低いし面白みがない。あれでは生活に感動が生まれません。住んでいる人間が朝起きた時、「ここに住んでよかった」と思える建物を、私はつくりたい。


米長邦雄

「若者に教えを請う」と言っても、世の中ギブ&テイクですから、ただ飛び込むだけでは無理があります。若者だって尊大な年寄りが自分たちの中に割って入ってきたのでは嫌がるばかりです。「一緒に研究をする」という謙虚な気持ちと情熱がなければ、若者は去っていきます。これは男と女だって同じことです。尊大な男は嫌がられますが、謙虚さがあって、なおかつ堂々としている男は大いにモテるのです(笑)。


清水克彦(報道キャスター)

自分がラジオ局ではなく、当初希望していたテレビのキー局に就職していたら、働きながら大学院に行こうとは考えなかった。本を書く今の自分もいなかったはず。「30年後にラジオ業界はどうなっているだろう」という不安が行動のきっかけになった。


栗田淳一

人間は都合よくできているもので、苦しかったことは次第に忘れていく。いや忘れるわけではないが、時の経過とともに痛みが消えて、それはかえって楽しい思い出にさえ変わってくる。


鳥越俊太郎

プロになるほど直感を大切にするし、知識と経験が蓄積されたうえで起こるひらめきは、必ず役に立つ。


白戸太朗

運動する時にやってはいけないことは「マイナス発言」ですね。運動選手は本番前、たとえ悪条件でもわざとプラスの言葉を発して気分を高めます。チームプレーの場合、1人のマイナス発言がチーム全体のモチベーションを下げることもあります。仕事にも共通すること。どうせやるなら前向きに楽しんでやりましょう!


矢﨑雄一郎(矢崎雄一郎)

失敗の経験を経て、素人なら素人なりに、身の丈にあった経営をしようと思い直しました。2社目のテラは経営のプロではなく、細胞治療を面白いと思ってくれる人を集めて立ち上げたのです。


谷原誠

厳しいことを言われても、穏やかな表情を崩さず、相槌を打って、相手が話しやすいようにしましょう。人は、他人の些細なクセを敏感に感じ取ります。貧乏ゆすりや、やたらと足を組み替える等落ち着きのない様子は、「自分との話は退屈」などと不安を抱かせ、不愉快な気分にさせます。


北井博

志は、衆知を集めることではじめて達成できると、最近つくづく思います。親父(創業者)は賢かったけど、私はそうではないしね。そして、衆知が自分の元に集まってくるためには、やっぱり信用がないとダメ。


川上徹也(コピーライター)

スピーチで最も大切なのは、聞き手の心に刺さり、いつまでも頭に残るフレーズをつくること。


ページの先頭へ