名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

エドワード・ブレナンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エドワード・ブレナンのプロフィール

エドワード・ブレナン。アメリカの経営者。保険及び医療分野に強い大手コンサルティング会社であるモンゴメリー・ワードの会長兼CEO。同社は関連企業を含め6万人以上の従業員を抱える会社。世界中に事業展開をしている。

エドワード・ブレナンの名言 一覧

戦略を徹底的に論じたら、あくまでそれに執着すべきだ。


エドワード・ブレナンの経歴・略歴

エドワード・ブレナン。アメリカの経営者。保険及び医療分野に強い大手コンサルティング会社であるモンゴメリー・ワードの会長兼CEO。同社は関連企業を含め6万人以上の従業員を抱える会社。世界中に事業展開をしている。

他の記事も読んでみる

高橋フミアキ

報酬系は「快楽」が基本ですが、「苦痛」を刺激する手法もあります。読み手の不満や不安、フラストレーションを突く言葉を入れると、その解決法を知りたいという欲求が生まれます。たとえば、「あなたの会社、ブラック企業かも?」「日本人の老後資金が危ない」というように。


ジャック・マー(馬雲)

自分は不細工だが世界を変えた。人生に困難が待ち構えているからこそ、努力を重ね、大人物になったのだ。


遠藤功

小さな予算に合わせた片手間の仕事しかしていなかったら、大きな仕事をもらえるチャンスはこなかっただろう。


関戸正実

体調を崩し社長をいったん退いた後、それまで当然のこととして目もくれなかったような基本的なことも、はたと立ち止まり、考え直すことができるようになりました。自分の体験、失敗から学ぶことはケタ外れに大きいと実感しています。


真田茂人

サーバント・リーダーの10の特徴

  1. 傾聴……相手が望んでいることを聴き、どうすれば役に立てるかを考える。
  2. 共感……相手の立場に立って、気持ちを理解する。
  3. 癒やし……相手の心の傷を癒やし、本来の力を取り戻させる。
  4. 気づき……鋭敏な知覚を使って、物事をありのままに見る。
  5. 納得……権限を使って服従を強要しない。相手の納得を促せる。
  6. 概念化……大きな夢を持ち、それを相手に伝えることができる。
  7. 先見力・予見力……現在と過去の出来事を照らし合わせ、将来を予測できる。
  8. 執事役……自分の利益よりも、相手の利益を考えて行動できる。
  9. 人々の成長に関わる……仲間の成長を促すことに深く関わっている。
  10. コミュニティーづくり……人々が大きく成長できるコミュニティーをつくる。

南美希子

多くの専門家は75歳から生存率が急落すると指摘する。特に女性の場合、75歳を過ぎると急速に歩行速度が遅くなり、中には横断歩道を青信号中に渡ることができなくなるという。よって60歳から74歳くらいまでのプレ老年期のうちに、後に控えた高齢期を充実したものにするための準備期間と、しかと心得るべきだと思う。


澤田秀雄

最初は取りあえず食べていこう、次に会社を伸ばそうという考えだけでした。でも会社が成長するにつれ、社員から何のために働いているのか分からない、ただ忙しいだけじゃないかという不満が出てくる。そこでポリシーをつくりました。これがHISの背骨です。そういうものがないと、会社がどこに向かっているのか、何のために会社が大きくなるのか見えなくなってしまいます。


三原淳

無人店舗だからといって、「投資用として洗濯機を並べるだけ」という姿勢では、あまりにも血が通っていませんよね。確かに店舗は無人かもしれませんが、お客様も経営する側も同じ人間です。どうやったらよりお客様に喜んでいただけるかを考え抜いて初めて対価を頂戴できるわけですから、もし「仕組みがいいのだからからどうせ儲かるだろう」と考えている人がいたとしたら、それは驕りでしかありません。


吉山勇樹

まずは優先順位をつけるための時間を確保してください。TODOリストの作成なら毎日の習慣にしている人が多いでしょうから、TODO管理をするときに優先順位づけもセットで行なうのが効率的です。


大林伸安

頑張ってやり続けるだけではもったいない。反省点を次に活かせるように、振り返りを徹底しましょう。


星﨑尚彦(星崎尚彦)

今後は、眼鏡、コンタクトレンズ、補聴器業界で最先端であり続けるとともに、そこに留まらず、リンクするあらゆる市場に対してチャレンジをしていきます。


松下幸之助

賽(さい)の河原の小石は崩れても、仕事の小石は崩れない。些細なこと、平凡なこと、それを積み重ね積み重ねてきて、その上に自分の知恵と体験とを加えてゆく。それではじめて、危なげのない信頼感が得られるというものであろう。