エドワード・ブレナンの名言

エドワード・ブレナンのプロフィール

エドワード・ブレナン。アメリカの経営者。保険及び医療分野に強い大手コンサルティング会社であるモンゴメリー・ワードの会長兼CEO。同社は関連企業を含め6万人以上の従業員を抱える会社。世界中に事業展開をしている。

エドワード・ブレナンの名言 一覧

戦略を徹底的に論じたら、あくまでそれに執着すべきだ。


エドワード・ブレナンの経歴・略歴

エドワード・ブレナン。アメリカの経営者。保険及び医療分野に強い大手コンサルティング会社であるモンゴメリー・ワードの会長兼CEO。同社は関連企業を含め6万人以上の従業員を抱える会社。世界中に事業展開をしている。

他の記事も読んでみる

トマス・J・スタンリー

資産の額はその人の年齢と収入に大きく影響される。収入が多ければ資産も多いはずだし、働いた年月が長ければそれだけ蓄財もできているはずだ。どの程度の資産があれば金持ちと言えるだろうか。私たちは長年、高所得の資産家を調査した結果、いくつかの多変数方程式を開発している。だが、自分が金持ちかどうかを計るには、次のような大雑把なルールさえわかっていれば十分だろう。

(年齢)×(税引き前年間家計所得)÷10=(期待資産額)


矢野薫(NEC)

自らイノベーションを起こしていくというDNAが、100年以上の会社の歴史を通してすべての社員に脈々と受け継がれてきました。イノベーションへの熱い思い、その歴史と継承こそがNECの強さなのです。


小林栄三

我々の市場は、日本の人口1億2700万人ではなく、世界の人口の73億人なのです。この73億人が百数十億人になっていく。そしてみんな、自分の生活を豊かにしたいと考える。それには様々な商品やサービスが必要になってくる。


アンディ・ウォーホル

ビジネスに長けているというのは最も魅力的な種類のアートである。お金を稼ぐのはアートである。仕事をするのもアートである。儲かるビジネスは最高のアートである。


松岡正剛

本を高尚なものだと思う弊害は、読者の顔が見えなくなっていること。対局にあるのは、例えば洋服ですね。有名デザイナーのものから量販店のものまでがあるけど、誰だって洋服は着る。だから「オレはこんなジャケットが好きだ」「もっとこんなカーディガンが欲しい!」と、誰しも好き勝手に消費者が主張する。またその声がさらに市場を活性化させているわけですよ。ところが、作り手も売り手も本は高尚だ、ということが社会的コンセンサスだから、読者は読んで理解できないとき「本ではなく自分が悪いのではないか」と思ってしまう。結果、自分がどんな本を読んだか、どんな感想を抱いたかを言い難い世界が広がっている。消費者が沈黙を強いられる。そして気づけば市場が縮まっていく。


遠藤功

営業情報の価値は鮮度にある。ライバルの値下げの動きといった予兆をとらえることができれば、先回りして策を講じることが可能なのです。鮮度の落ちた情報は、腐った果実であることを意識すべきです。


野口美佳

「なぜ」「どうして」と常に問題の本質を考える癖をつけることは、ビジネスパーソンにはとても重要でしょう。


近藤宣之

評価制度で大事なのは、社員本人がつけた点数と上司がつけた点数に差がある場合、なぜその差が生じたのかを、時間をかけてしっかり説明することです。当社では年に2~3回、個別に面接して本人評価と経営評価との差について納得のいくまで話します。その結果、評価のズレは年々小さくなっていきました。


福沢諭吉

金銭は独立の基本なり。これを卑しむべからず。


アルバート・アインシュタイン

深く探究すればするほど、知らなくてはならないことが見つかる。人間の命が続く限り、常にそうだろうと私は思う。


坂井哲史

おいしいものをお値打ちで提供すれば、お客様は必ず支持してくれる。それが強みです。


辻口博啓

ただやみくもに努力していたわけではありません。僕は狙ったコンクールがあると、過去の歴代の優勝作品の写真を枕元に置き、毎晩寝る前に必ず眺めるようにしていました。そうして、「このコンクールの審査員はこういう点を評価するんだ」といったことを分析していたんです。


荘司紀夫

大事なのは長期目線であり、社会のためになるか、天下国家のためになるかという判断。


植田実(経営者)

ATMの操作画面に、暗証番号などをのぞき見されないようにフィルターが貼ってあることは知っていたんです。なんとか携帯電話とのぞき見防止が結びつかないか、と必死で頭をひねっていて、メールが思い浮かんだんですよ。僕らも昔、文通の手紙を見られるのは嫌だったじゃないですか。だったら、メールだって打っているときや読んでいるときに、隣から見られるのは嫌なはずでしょう。よし、この「メールの覗き見防止」というコンセプトでいこうと思いましたね。


小林弘幸

プレゼンの場所まで、いつもの半分のペースでゆっくり歩きなさい。人は緊張したとき、必ずクッと息を詰めたり、呼吸が浅くなっているものです。そんなとき、体の中では血管がキュッと細くなり、末梢の血流が極端に悪くなっています。当然、脳にも十分な血液が行かなくなって、頭が回らなくなる。だからこそ緊張する場面では、まず「ゆっくりと行動して、息を乱さないこと」が大切なのです。


ページの先頭へ