名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

エドワード・ファイゲンバウムの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エドワード・ファイゲンバウムのプロフィール

エドワード・アルバート・ファイゲンバウム。計算機科学者。人工知能分野で活躍し「エキスパートシステムの父」と呼ばれた。ニュージャージー州出身。カーネギー工科大学(のちのカーネギーメロン大学)で博士号を取得。ラジ・レディとの共同研究で、計算機分野の最高賞チューリング賞を受賞。スタンフォード大学教授などを務めた。

エドワード・ファイゲンバウムの名言 一覧

厳しい言い方になりますが、現状のままで日本企業がアップルやグーグルなどに追いつくのは不可能でしょう。ソフトウェアは蒸気のようなもので目に見えない。日本のビジネス文化は目に見えないソフトウェアの重要性を理解してこなかった。理科系の大学を卒業した学生は、電気エンジニアとして働くことが良しとされ、プログラマーには活躍の場もなく、正当な評価もされなかった。この認識はいまなお日本の文化に根深く残っており、その認識こそが大学や企業、デザイン分野にまで影響を及ぼしている。状況を正しく理解するためには、Siriが開発され、iPhoneに統合され、我々が使うようになるまでの過程に目を向けるべきだろう。


Siriの原型は米国防総省の機関である国防高等研究計画局(DARPA)が3億ドル(約270億円)の補助金を出して開発に着手しました。日本でも補助金の出るプロジェクトはありますが、その後が違う。プロジェクトの終了とともに、米国では製品化するために企業が興される。そして大企業がその会社を買収する。こういう一連のプロセスがあって、革新的な技術を実用化しているのです。


エドワード・ファイゲンバウムの経歴・略歴

エドワード・アルバート・ファイゲンバウム。計算機科学者。人工知能分野で活躍し「エキスパートシステムの父」と呼ばれた。ニュージャージー州出身。カーネギー工科大学(のちのカーネギーメロン大学)で博士号を取得。ラジ・レディとの共同研究で、計算機分野の最高賞チューリング賞を受賞。スタンフォード大学教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

ダニエル・ピンク

これからの世界で成功するには、論理や分析などの左脳的能力だけでは不十分。それに加えて、低賃金国にアウトソースできないような、芸術性、共感性などが必要になっている。


森稔

街は生きている。その呼吸を止めるほうが不自然だ。都市は、いまこの瞬間を生きる人の営みを受け止め、これからのライフスタイルや価値観を実現するものでなければならない。


榊原健太郎

出来る人は小さな約束でも必ず守ります。達成するために、寝ずに、どんな手段を使っても期限を守ろうと必死に努力し、成し遂げます。


河森正治

もちろん、頭の中ではメディアで流れている番組や情報が現実じゃないってことくらい当然わかっているんだけれど、頭の中でわかっているのと全身で感じてるのとはまるで別問題だった。
【覚書き:中国大陸を一人で旅し取材したことを振り返っての言葉】


南場智子

わが社が掲げる「DeNAクオリティ」という5つの約束事のなかに、「全力コミット」というのがあるんです。やはり、仕事をしている時間は、みんながみんなハードワーカーであってほしいんですね。それは妥協できないところです。


竹原慎二

世界戦は気持ちの部分で負けたくなかった。チャンピオンと体重が一緒だし、いままでやってきたボクシングのルールも一緒。このために辛い練習をしたんだと自分を奮い立たせました。


ジム・ロジャーズ

常に各国の中央銀行の動きとは正反対の方に賭け、現実世界に賭けるべし。


柳川範之

これから先、ビジネス環境がどう変化するかを正確に予測することはできません。ですから、「このスキルを身につけておけば間違いない」と言えるスキルはない。強いて挙げれば、「環境が変わったときに、その新しい環境に対応した新しいスキルを身につけられる能力」でしょう。身につけるべきは、個別のスキルではなく、環境の変化に対応できる能力なのです。


ヘンリー・フォード

成功に秘訣というものがあれば、それは他人の立場を理解し、自分の立場からも物事を見られる能力である。


井上和幸(経営者)

建設業の課題である人材の確保については、働き方改革への取り組みを強化するとともにロボットを積極的に活用していく。ロボットの活用が進めば相当な生産性向上につながると信じている。人手が足りない状況をチャンスに変えていきたい。


パンカジ・クマール・ガルグ

日本はビジネスの習慣が独特ですから、難しさはありました。実力だけでは動かない。周囲との関連性が大きいですし、餅は餅屋でIT屋の私が説いても怪しまれてしまいます。石橋を叩いても渡らない日本の体質ですが、好きなだけ叩いてもらいました。


永六輔

死ぬことについて心配することはありませんよ。ちゃーんと死にますから安心しなさい。