名言DB

9429 人 / 110879 名言

エドワード・ファイゲンバウムの名言

twitter Facebook はてブ

エドワード・ファイゲンバウムのプロフィール

エドワード・アルバート・ファイゲンバウム。計算機科学者。人工知能分野で活躍し「エキスパートシステムの父」と呼ばれた。ニュージャージー州出身。カーネギー工科大学(のちのカーネギーメロン大学)で博士号を取得。ラジ・レディとの共同研究で、計算機分野の最高賞チューリング賞を受賞。スタンフォード大学教授などを務めた。

エドワード・ファイゲンバウムの名言 一覧

厳しい言い方になりますが、現状のままで日本企業がアップルやグーグルなどに追いつくのは不可能でしょう。ソフトウェアは蒸気のようなもので目に見えない。日本のビジネス文化は目に見えないソフトウェアの重要性を理解してこなかった。理科系の大学を卒業した学生は、電気エンジニアとして働くことが良しとされ、プログラマーには活躍の場もなく、正当な評価もされなかった。この認識はいまなお日本の文化に根深く残っており、その認識こそが大学や企業、デザイン分野にまで影響を及ぼしている。状況を正しく理解するためには、Siriが開発され、iPhoneに統合され、我々が使うようになるまでの過程に目を向けるべきだろう。


Siriの原型は米国防総省の機関である国防高等研究計画局(DARPA)が3億ドル(約270億円)の補助金を出して開発に着手しました。日本でも補助金の出るプロジェクトはありますが、その後が違う。プロジェクトの終了とともに、米国では製品化するために企業が興される。そして大企業がその会社を買収する。こういう一連のプロセスがあって、革新的な技術を実用化しているのです。


エドワード・ファイゲンバウムの経歴・略歴

エドワード・アルバート・ファイゲンバウム。計算機科学者。人工知能分野で活躍し「エキスパートシステムの父」と呼ばれた。ニュージャージー州出身。カーネギー工科大学(のちのカーネギーメロン大学)で博士号を取得。ラジ・レディとの共同研究で、計算機分野の最高賞チューリング賞を受賞。スタンフォード大学教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

古屋大貴

うちは、なんでもみんながいるところで決めています。たとえ僕の企画でも、みんなの反応が悪ければボツ(笑)。合議制で決まるんです。


高橋理子

在学中もファッションデザイナーを目指していたので、日本のファッションデザイナーとして世界に出ていきたいのならば、自分の国の衣服のことを知らないのは恥ずかしいことだと考え、着物を学び始めました。


近藤宣之

日本電子時代、30代で千人にも上る人員削減・企業再建に直面しました。40代で赴任した米国法人でも、2度にわたってアメリカ人社員に解雇を告げなくてはなりませんでした。私の前で涙を流す社員を見て、私は「安定的な雇用確保こそ、経営者の絶対の役割だ」と確信しました。


岩田松雄

いま社会の変化は激しく、自分が就職した企業や業界が30年後にどうなっているかなんて誰にも分かりません。慎重になるのもうなずけます。ですが、そんな不確実な状況だからこそ、「自分はいったい何をしたいのか」という根源的な問いに対する答えを見つける努力が重要だと思います。


山口哲史

以前、私の会社はスポーツアイテムが通信販売の主力商品でしたが、他社の参入で売上げが落ちていた。その時期に現在のオーガニック商品への転換を決断したのは、ランニング中の直感があったからこそ。おかげで業績は回復しました。それ以来、走ればビジネスのいいアイデアが浮かぶと思い、週末の習慣になっています。


篠塚孝哉

使わないモノを捨てるときは、とにかく恐れないこと。「いつか使うかも」は、「使わない」と同じと考えてください。そもそもいまの時代、捨てるとあとで困るモノというのは意外と少ないのです。なぜなら、企画書や資料などはほとんどがデジタル化されているからです。捺印された契約書など原本が必要な書類を除き、複製不可能な書類はほとんどないのではないでしょうか。


澤田秀雄

大変化の時代、旧来と同じことをやっていてはダメになっていく。


戸田覚

私の場合、名刺は基本的に、もらったら即スキャンして、即捨てます。必要なのは、紙ではなく情報ですから。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

井上英語で私の学び得たものは、(1)全国規模の広告に対する統計調査、(2)蓄音機の大量発注によるコストの低下、(3)善意の大衆相手の月賦は貸し倒れが出るものではないという事実である。これらの経験は、後年、日本で最初のミシン月賦企業に参画したとき、何ものにも代えがたい大きい認識の土台となった。
【覚書き|通信教育会社「井上英語講義録」の経営立て直しを友人に頼まれたときを振り返っての発言】


北尾吉孝

戦略を打ち立てる場合、用意周到に進めながら、タイミングをしっかりと考えなければなりません。つまり、「天の時」を得ることが大切です。