名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

エドワード・ファイゲンバウムの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エドワード・ファイゲンバウムのプロフィール

エドワード・アルバート・ファイゲンバウム。計算機科学者。人工知能分野で活躍し「エキスパートシステムの父」と呼ばれた。ニュージャージー州出身。カーネギー工科大学(のちのカーネギーメロン大学)で博士号を取得。ラジ・レディとの共同研究で、計算機分野の最高賞チューリング賞を受賞。スタンフォード大学教授などを務めた。

エドワード・ファイゲンバウムの名言 一覧

厳しい言い方になりますが、現状のままで日本企業がアップルやグーグルなどに追いつくのは不可能でしょう。ソフトウェアは蒸気のようなもので目に見えない。日本のビジネス文化は目に見えないソフトウェアの重要性を理解してこなかった。理科系の大学を卒業した学生は、電気エンジニアとして働くことが良しとされ、プログラマーには活躍の場もなく、正当な評価もされなかった。この認識はいまなお日本の文化に根深く残っており、その認識こそが大学や企業、デザイン分野にまで影響を及ぼしている。状況を正しく理解するためには、Siriが開発され、iPhoneに統合され、我々が使うようになるまでの過程に目を向けるべきだろう。


Siriの原型は米国防総省の機関である国防高等研究計画局(DARPA)が3億ドル(約270億円)の補助金を出して開発に着手しました。日本でも補助金の出るプロジェクトはありますが、その後が違う。プロジェクトの終了とともに、米国では製品化するために企業が興される。そして大企業がその会社を買収する。こういう一連のプロセスがあって、革新的な技術を実用化しているのです。


エドワード・ファイゲンバウムの経歴・略歴

エドワード・アルバート・ファイゲンバウム。計算機科学者。人工知能分野で活躍し「エキスパートシステムの父」と呼ばれた。ニュージャージー州出身。カーネギー工科大学(のちのカーネギーメロン大学)で博士号を取得。ラジ・レディとの共同研究で、計算機分野の最高賞チューリング賞を受賞。スタンフォード大学教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

菅原洋平

近年、生産性を上げるため、眠り方の指導を社員に行う企業が増えています。ある企業では、社員の睡眠の改善に取り組んだところ、生産性が10%も上がりました。よい睡眠は仕事にいい影響を与えるのです。


沢渡あまね

一般的に、社員のエンゲージメント(組織や仕事に対する愛着心、誇り)が高いと、健全な成長欲求と問題意識が芽生え、本音で意見を言い合える関係が生まれます。すると、社員から自発的な改善の提案が出やすくなり、仕事の改革も進みやすくなります。逆に、エンゲージメントが低い社員は仕事のムダや矛盾を内に溜めがち。その結果、職場の問題が顕在化しにくくなり、組織としてのリスクが高まります。仕事のノウハウが共有され、業務のプロセス化が実現できている組織ほど、社員のエンゲージメントが高まりやすいという傾向もあります。


福田譲

ERPなどのシステムやソリューションはあくまでも道具であって、それをどう使いこなすかは人間次第です。どんなにいいゴルフクラブを持っていても、打ち方や打つ方向を間違えれば思ったところにボールが飛ばないのと同じように、システムやソリューションがあれば経営変革が進むというものではありません。変革のカギを握るのは、あくまで人であり、組織であり、プロセスなのです。


石川善樹

会社の仲間と飲み会に行くと上司の悪口を言って盛り上がりがちです。これはストレス発散しているつもりで、心の中でストレスを感じた場面を再現しているわけですから自律神経やホルモンバランスが再び乱れ、ストレスが倍増するだけ。社会的にも生産的ではありません。


逢沢明

ゼロサム社会でも、右肩下がりの時代でも「上位にいるものの価値は輝き続ける」。ベストな戦略としては、自分が社会の中で「オンリーワン」な存在であることが望ましい。皆に埋もれてはダメ。目立つほど努力を続けることです。ゼロサム社会は一発逆転ではなく、地道な頑張りで勝つ社会。そして「本当の頂上はどこか?」「そこにいるのは誰か?」、つまり「本物」を見極めた上でトップを目指すことです。


桜田厚(櫻田厚)

創業者からの事業継承ほど難しいものはないですね。後継者にも革新は必要なのですが、創業の理念など変えてはいけないものとのバランスをとることが最も大切です。


狩野みき

小学生に対して「考える力」を教えていて、つくづく感じることがあります。それは、めきめき伸びる子はみな「自分という人間を理解してもらいたい」という強い欲求があるということです。欲求があるからこそ、自分の意見を表明する。すると私は、「じゃあなぜそう思うの?」と突っ込んでいく。だからどんどん意見が明確になっていくのです。


ロバート・キヨサキ

反抗期時期は、親に言われたことではなく、「自分が学びたいこと」を学ぶ能力が伸びる。「考える力」「自分で選ぶ力」を発揮し始める。「なぜだろう?」と思っていることに対する答えを自分で探そうとする。あなたが親ならば、子供が自分で考えてみるように促すといい。


ジム・ステンゲル

リーダーにも得意、不得意がある。業務遂行に長けたリーダーは左脳の働きが優れており、分析的で、プロセスを重んじる傾向がある。時間通りに適切なコストで業務を遂行することを重視する。一方、芸術家肌のリーダーは、脳全体を使い、美的で、驚きを求める。美しい、新しいものを作り、消費者とつながりを持ちたいと考える。


矢野博丈

腐ったらいけない。運が悪いときほど、自分は成長する機会を人より多くもらえたんだと考えた方がいい。


加治敬通

「寝ても醒めても新たな試み」を20年かけ、今回の改装で121回やり続けてきたことの成果です。
【覚書き|「どうしたらこんな店ができるのか」という質問に対しての返答】


松岡友子

言葉は時代とともに変わりゆくもので、世代間で言葉の常識が異なることはよくあります。ですから、まわりの人が当たり前のように使っているからといって、それが適切で正しい表現とはかぎりません。