名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

エドワード・チャンセラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エドワード・チャンセラーのプロフィール

エドワード・チャンセラー。米国の投資歴史家、米国のフリージャーナリスト。投資史の専門家。『バブルの歴史』は世界的ベストセラーとなり、多くの投資家のバイブルとなっている。

エドワード・チャンセラーの名言 一覧

アメリカ人が投機を好むのは、かなりの部分、植民活動に起因している。将来は明るいし、ますます明るくなっていくとの見方が、アメリカの夢の背景になっている。「アメリカ人は、将来が素晴らしいものになることを知っており、いつも将来を楽しみにしている点で、他国民と違っている」とロナルド・レーガンは語った。建国の父の多くは、土地投機家であった。


エドワード・チャンセラーの経歴・略歴

エドワード・チャンセラー。米国の投資歴史家、米国のフリージャーナリスト。投資史の専門家。『バブルの歴史』は世界的ベストセラーとなり、多くの投資家のバイブルとなっている。

他の記事も読んでみる

山本忠人

若手のベンチャー経営者などで「趣味は仕事」という人は、仕事の延長戦でそうした情報収集やコミュニケーションを楽しんでいるのでしょう。仕事と趣味の境目があまりないから、とくに趣味はないと断言できるのかもしれません。しかし、多くのサラリーマンは、家と会社を往復しているだけでは、価値のある情報は手に入らないし、豊かな発想も出てきません。もしこのままではいけないと感じているのであれば、ぜひ、何か趣味を始めることに踏み出し、とことんまで突き詰めてみて欲しい。


石黒和義

高齢化というのは将来の話ではなくて現在進行形ですから、国に任せていては遅いと思うんですね。だったら、民間でできるところから始めようじゃないか、というのが私の考えです。


越智仁

三菱レイヨンのこれまでを振り返ると、苦しい時期が長かった。しかしながら、苦しみ、力を蓄え、数々の困難を乗り越えてきたからこそ、本当に人が強い。実直で粘り強い人間ばかりです。再び厳しい局面が訪れるかもしれませんが、こうした社員の力があればきっと乗り越えられる。苦難の時代も当社にとって決して無駄ではなかったのだと思います。


森川亮

人は誰しも言い訳をしたいという気持ちがあるじゃないですか。そして言い訳はだいたい、事実とは少しズレている。ところが経営者は、いいことも悪いことも、事実を受け止めなくてはなりません。言い訳を読んで、ついそこに共感してしまえば、事実が見えなくなってしまうかもしれない。ですから僕は、部下からのメールに長い言い訳が書いてあっても、大体読まないですね。


江上治

ターゲットを明確にすることが大切。誰が受け取るかわからないチラシ配りの「1時間」と、ターゲットとする顧客の年齢、家族構成、年収、貯蓄額まで理解した上での提案書作りの「1時間」。どちらが稼ぎに直結するかは言うまでもありません。


安藤文男

会社の基本は人ですから、人の良さをできるだけ引き出してあげるような仕組みをつくっていきたい。


村上憲郎

営業が上手な人というのは、自分でほとんどしゃべらないんですね。お客さんが勝手にしゃべって買ってくれます。


三原邦彦

リーマンショックで危機に瀕したとき、成長が期待できる新規事業を立ち上げるなどして、「この状況は何年も続かせないし、絶対に社員を辞めさせない」というメッセージを社員に伝えました。おかげでほとんどの社員が残ってくれたし、業績も急速に回復しました。


田口佳史

1日1人に自己の最善を尽くしきるとしましょう。1年で365人と感謝の人間関係ができます。10年で3650人ですね。仮に1万人の組織に尽くしきれば、10年間で日本人の約35パーセントにあたる3650万人があなたのファンになるのです。そうした精神を社員に持たせるのが名リーダーであり、その蓄積を図ってきているのが優れた組織です。


伊藤羊一

僕自身が作る資料は、今こうだけれどこうしたいよねと。商品、サービス単体でどう、というより、みんなでこうしようぜ、僕らが思うこんな未来に行こうぜと、まだ見ぬ世界に連れていく提案です。


御手洗冨士夫

気概に富んだグローバル人材を育成するため、キヤノンでは外国語ができるのかも重要な要素ですが、基本的には業務遂行能力を優先させ、どんどん社員を海外勤務に出しています。その人数は常時1000人近くになっています。現地で揉まれながら、苦難を経験し、呼吸していくのが、一番の教育法です。


ダ・ヴィンチ・恐山(品田遊)

子供の頃から、とにかく「変なもの」が好きでした。吉田戦車さんのシュールなギャグマンガやお笑い、ネットに繋いでからは、お笑い系テキストサイトにものめり込みました。「変」というのは、既存のフォーマットや規範に従わないことですよね。そういう「変なもの」を知ることで初めて規範は相対化され、その対立構造を俯瞰で見られるようになるんです。