名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

エドワード・チャンセラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エドワード・チャンセラーのプロフィール

エドワード・チャンセラー。米国の投資歴史家、米国のフリージャーナリスト。投資史の専門家。『バブルの歴史』は世界的ベストセラーとなり、多くの投資家のバイブルとなっている。

エドワード・チャンセラーの名言 一覧

アメリカ人が投機を好むのは、かなりの部分、植民活動に起因している。将来は明るいし、ますます明るくなっていくとの見方が、アメリカの夢の背景になっている。「アメリカ人は、将来が素晴らしいものになることを知っており、いつも将来を楽しみにしている点で、他国民と違っている」とロナルド・レーガンは語った。建国の父の多くは、土地投機家であった。


エドワード・チャンセラーの経歴・略歴

エドワード・チャンセラー。米国の投資歴史家、米国のフリージャーナリスト。投資史の専門家。『バブルの歴史』は世界的ベストセラーとなり、多くの投資家のバイブルとなっている。

他の記事も読んでみる

長谷川高

競争に勝つには、地道な努力が大切です。よい不動産物件を見つけたり、よい賃貸住宅をつくったり、そのためのパートナーとなる優れた不動産関連企業と出会うことも重要でしょう。現代の賃貸業は一般のサービス業と基本は同じで、顧客サービスに徹する必要があります。


孫正義

近くを見るから船酔いするんです。100キロ先を見てれば景色は絶対にぶれない。ビジョンがあれば、少々の嵐にもへこたれません。苦しいときこそ、船と仲間を命がけで守れる人でなければ、大将になってはいかんのです。試練なんて黙っていてもやってくるものなんです。


小室淑恵

マネジメントの役割は、各メンバーの持つ能力を最大限に発揮させ、チームとして成果を出すことです。チームの成果を最大限にする時間の使い方をすることが、結果的にマネジメントする管理職の負担を減らし、仕事の効率化につながります。


池田敦司

企業で働く目的に立ち返ってみるといいのです。それは自分が担当した仕事で成果を挙げてその充実感を味わったり、ビジネススキルを身に付けて、昇進、転勤、独立することでしょう。業務の選択を迫られたら、目先の損得勘定ではなく長期的に見て自分の最終目的に近づく、やりたい仕事を選択すべきです。


澤田浩

我が社としては製粉事業だけに頼るわけにはいきませんので、それをコアに事業の多角化を進めてきました。その路線は変わりません。事業の種類を増やすだけでなく、質的な面でもドライブをかけていきます。


スティーブン・コヴィー

問題の見方こそが問題なのである。「問題を一刻も早く解決してくれるような手っ取り早い解決方法はないだろうか」自らの問題に直面したとき、あなたはいつもこう思ってはいないだろうか。こうした即効性ばかりを求める問題の見方こそが問題なのである。


川西勝三

スポーツの世界では、高い目標を設定し、その目標に対する達成意識の高さ、情熱の維持、実現プログラムの完成度の高さ、必須条件の克服のための飽くなき努力について、一般社会・企業人よりはるかに上を行くものがあります。私はスポーツに習い、目標を達成する組織風土をつくりあげていきたいと考えています。


阿部俊則

幸いにも、引き渡し1年後のアンケートでは95%の方に「満足」と答えていただいています。一方で、「不満」という回答は1.6%。この割合は、1年間で90数件に相当しますが、この1.6%の数字にこそ、我が社への要望があると思っています。「不満」と答えたお客様の元には、支店長を走らせ、徹底的に何が悪いかを改善していきます。


榎本博明

大切なのは、「人からどう見られるか」ではなく、「自分が納得できるか」ということ。そのためには、比較対象を他人ではなく、自分にすればいい。理想の自己イメージを明確にして、その理想と現実の自分の言動を比べてみる。たいていは「まだまだ未熟だ」「もっと頑張れる」と、理想と現実とのギャップを感じるはずです。そのギャップを埋めようとする気持ちが向上心を刺激し、人格的成長や仕事力アップへとつながっていくんです。


茂木友三郎

セールスは現地の事情を一番よく知っている部門に任せるのが原則です。アメリカはアメリカ、ヨーロッパはヨーロッパ、アジアはアジアの現地法人に任せています。ただし、売上目標は管理しています。


石川諭(経営者)

お金の無駄遣いにはみんなうるさいのに、なぜ時間の無駄遣いにはうるさくないのだろうか。時間の無駄遣いはしないように。


栗山年弘

弊社は従来から市場の多角化にも取り組んでいます。我々はスマートフォンやテレビなどの最終製品に特化した会社ではないため、それぞれの市場で培ったノウハウや技術を別の市場へソリューションとして提案することが可能です。ですから製品も、入出力のHMI(Human Machine Interface)、センサー、コネクティビティ(通信)と機能で分けていて、例えば家電で培ったHMI技術を自動車へ提供できますし、今度は産業機器やヘルスケア市場にも提供していきます。もちろん市場によってRight Spec(最適なスペック)は違いますがベースとなる技術は共通です。そこが部品メーカーの立ち位置だと思います。