名言DB

9413 人 / 110706 名言

エドワード・チャンセラーの名言

twitter Facebook はてブ

エドワード・チャンセラーのプロフィール

エドワード・チャンセラー。米国の投資歴史家、米国のフリージャーナリスト。投資史の専門家。『バブルの歴史』は世界的ベストセラーとなり、多くの投資家のバイブルとなっている。

エドワード・チャンセラーの名言 一覧

アメリカ人が投機を好むのは、かなりの部分、植民活動に起因している。将来は明るいし、ますます明るくなっていくとの見方が、アメリカの夢の背景になっている。「アメリカ人は、将来が素晴らしいものになることを知っており、いつも将来を楽しみにしている点で、他国民と違っている」とロナルド・レーガンは語った。建国の父の多くは、土地投機家であった。


エドワード・チャンセラーの経歴・略歴

エドワード・チャンセラー。米国の投資歴史家、米国のフリージャーナリスト。投資史の専門家。『バブルの歴史』は世界的ベストセラーとなり、多くの投資家のバイブルとなっている。

他の記事も読んでみる

奥田陽一

簡潔な言葉を示すことは、トップと現場との有効なコミュニケーション手段になります。


利光達三

教育は上からやれ。


出口治明

私は人の頭の良し悪しに大差はないと思っています。みんな「チョボチョボ」ですよ。もともとの頭の出来で言えば、そんなに賢い人もいなければ、そんなにアホな人もいません。


ジャック・ウェルチ

企業の将来は、意欲的な従業員と満足した顧客を生み出せるか否かにかかっています。企業はこの両者の声に耳を傾けなければならない。また、企業はコミュニティにおけるよき隣人として、社会の責任ある一員として行動しなければいけません。


C・W・ニコル

森を買うにはお金が必要ですし、たくさんの壁があります。でも何かやりたいことがあれば、まずは心の中でやっているつもりになればいい。そうすれば心が先に行って、そのあと体がついていく。するとお金や人も自然とついてくるのではないでしょうか。


野部剛

営業では相手に配慮しないでとる行動は、小さなことでも避けるべきです。たとえばホームページで資料請求をしてくれた相手に、郵送ではなくいきなり直接押し掛けるなどはNGです。相手の関心がまだ熟していない中、こちらの押しの強さだけが際立ってしまいます。


北尾吉孝

自分に起きたことはみな天の配剤だと思って受け入れる。これは私の考え方の基本にあるものです。だからクヨクヨ悩んだりもしません。たとえば、ある会社を買収しようとして上手くいかなかった場合、「ああよかった。これはきっと天が買収しない方がいいからと、そう仕向けたんだ。買収したら何か問題が起こったに違いない。そんなことに資金を使わずに済んでよかった」と考えます。


小池龍之介(小池龍照)

仏教的に申しますと、「欲望」は「苦しみ」から生じます。ストレスは心に苦痛を与えるもの。一方、欲望はそれを抱いたときにも満たしたときにも、心に大きな刺激を与えます。ゆえにストレスがたまると、その苦痛を紛らわそうとして、刺激をくれる欲望がわいてくるのです。つまりストレスが大きくなればなるほど、欲望が増大することになります。


齋藤孝(教育学者)

最初の訪問では買ってもらえなくても、そこで相手といい関係ができたなら、次にまた営業に行くことができます。ところが、騙してでも売ってしまえという態度では、人間関係が築けるはずもなく、毎回出たとこ勝負ですから、効率が悪いことこのうえありません。ましてやいまは、悪評はツイッターなどですぐに拡散するので、そういう自分のことしか考えない営業パーソンは、遅かれ早かれ駆逐されざるをえないのです。


真角暁子

情報を発信する前にはメッセージの構築が必要です。新商品のプレスリリースを作るのであれば、まずは何をメッセージとして打ち出すのかを、その企業の方とディスカッションします。


上山信一

業界の解決すべき問題をスピーディーに把握したいときには、業界紙や過去の新聞記事が役に立ちます。記事になるというのは、そこに何か問題か工夫があるということですから。逆に、学術論文、専門書をいくら読んでも、改革すべき点は見えてきません。


寺尾玄

メーカーも顧客も「扇風機ってこんなもの」「トースターってこんなもの」と思い込んで進歩が止まっていた、言わば「寝ている」状態のときに、すごく良いモノを作って乗り込めば、「寝込みを襲った」のと同じですから、確実に勝てる。


須田将啓

ベンチャー企業ではパッションで物事が動くケースが多いと感じています。


加藤壹康

現場の人たちの心を動かし、共感してもらえるよう語りかけることこそ、リーダーの仕事ではないでしょうか。歴史上にその名を残す偉大なリーダーたちを見ても、それは明らかでしょう。


ウィンストン・チャーチル

欧州の各国が倒され去らんとしても、我々は戦い抜くであろう。海浜において戦い、上陸地点において戦い、野原において戦い、断じて降伏しない。そして万一、本土の大部分が征服されても、その時は海のかなたの我が帝国で戦い、新世界(アメリカ)が、その権力と武力のすべてをもって旧世界(欧州)の救済と解放のために進み来る日まで戦い抜くであろう。