エドワード・ギボンの名言

エドワード・ギボンのプロフィール

エドワード・ギボン。18世紀イギリスの歴史家。最も有名な著作は『ローマ帝国衰亡史』。イギリスの首相ウィンストン・チャーチル、インドの首相ネルー、経済学者アダム・スミス、哲学者バートランド・ラッセル、そのほか世界中のリーダーたちに大きな影響を与えた。オックスフォード大学卒。

エドワード・ギボンの名言 一覧

風波はつねに優秀な航海者に味方する。


歴史とは、そのほとんどが人類の犯罪・愚行・不運の登記簿に他ならない。


現在は移り変わる瞬間であり、すでに過去は存在せず、未来の見通しは暗く、疑わしい。


要塞を築くから攻撃される。


エドワード・ギボンの経歴・略歴

エドワード・ギボン。18世紀イギリスの歴史家。最も有名な著作は『ローマ帝国衰亡史』。イギリスの首相ウィンストン・チャーチル、インドの首相ネルー、経済学者アダム・スミス、哲学者バートランド・ラッセル、そのほか世界中のリーダーたちに大きな影響を与えた。オックスフォード大学卒。

他の記事も読んでみる

山内溥

異業種には絶対手を出すな。


出原洋三

従来の延長線上ではなく、業界を俯瞰的に眺めて、大胆に戦略を考える必要があります。


田中ウルヴェ京

意固地になっていても、目的は達成できません。冷静に、柔軟に、様々なアプローチをとらなければなりません。


荻原博子

金融商品を選ぶときは、預けたお金が減る可能性はあるのか、減るとすればどこまで減るのか、つまり元本割れの可能性があるのかどうかをチェックしましょう。また、増える場合は1年でどれくらい増えるのか、利率ではなく金額に直して判断しましょう。さらに中途解約ができるか、解約した場合どれくらい損をするのか、といった解約の条件なども確認しておくことが大切です。


孫正義

ビジネスプランは千通りつくってから来い。


柴山政行

企業努力による値下げはあるでしょう。しかし、それには限界があります。会計の見地から考えて「2割以上の値引きは何かあると疑え」と言っておきたい。粗利率は20から30%、営業利益は5%が適正であり、多くの企業はその水準に落ち着きます。2割以上の値下げは、その水準を覆すものであり、理論的に説明がつかないからです。


平野敦士カール

私は「目標を達成するに、道筋をきちんと決めて、準備も万端にする」というやり方はあまりしていません。達成できなかったとき悲しくなるので。ある程度方向性を決めたら行動してみます。すると、知らなかった世界や人に出会ったり、予想もしていなかった展開が起きます。そうやって世界が広がるほうが楽しいですよね。


ウォルター・スコット

喜びのない人生は、油のないランプである。


鈴木博毅

大東亜戦争当時の日本軍の組織的構造や日本人特有の思考は、現代も変わっていない。失敗の本質を理解しなければ、日本企業がこの低迷から脱することはないだろう。


白井一幸

選手に対して「怒る、教える、やらせる」という指導方法を改め、「選手自身に考えさせ、やる気を出させ、自ら練習に取り組む」ようにさせれば、指導者と選手の関係はよくなっていきますし、指導者としての力量も上がっていきます。選手にしても、ミスを恐れなくなって、のびのびプレーするようになります。


竹中平蔵

母からも影響を受けました。母は短い教訓を使って、いろいろなことを私に教えてくれた。中でも覚えているのは「遅いことなら、猫でもする」という言葉。「何事もテキパキやらないといけない」といった意味ですが、以来、物事に集中してテキパキとこなすことが自然と体に染みついています。「人のふり見て我がふり直せ」も、よく言われました。人の批判をする前に、自分の行動を正せ、と。世の中には悪口や陰口を言う人がいますが、母にこの言葉を教え込まれ、そうならないように努めてきました。


ウェンデル・ジョンソン

精神的に安定した人物を特徴づけるのは、主として、その人間が持っている特別な習慣ではなく、むしろ習慣を変えたり、環境の変化に対応したりするときの手際の良さである。融通のきかないひとりよがりで保守的な、何事もじっと傍観するタイプの人間とは反対に、変化に対する心積もりができている人間だ。


瀬戸内寂聴

この世は変化するものだと思っていれば、どんな事態に直面しても度胸が据わります。孤独の問題も同じです。お釈迦様は人間は一人で生まれてきて、一人で死んでいくとおっしゃいました。最初から人間は孤独だと思っていれば、たとえひとちぼっちになったとしても、うろたえることはありません。


竹島一彦

「競争なくして成長なし」。公取(公正取引委員会)委員長時代にこのフレーズをたびたび使いました。企業や個人の成長には競争による新陳代謝や優勝劣敗が欠かせないのです。


ハワード・シュルツ

スターバックスの創立者は、普通の経営者とは全く違っていた。大学で文学を専攻したジェリーは英語の教師をしたことがあり、ゴードンは作家だ。三人目の共同経営者ゼブ・シーゲルは歴史を教えていた。三人ともビジネス王国を築く野心など持たなかった。スターバックスを創立した理由はただ一つ。コーヒーや紅茶を愛し、シアトルの人々に最高のものを味わってもらいたかったのだ。


ページの先頭へ