エドモンド・バーグの名言

エドモンド・バーグのプロフィール

エドモンド・バーグ。イギリスの政治家、哲学者。ダブリン出身。下院議員(ホイッグ党)。著書に『フランス革命の省察』『崇高と美の観念の起源』ほか。

エドモンド・バーグの名言 一覧

すべての進歩は「収入以上の生活がしたい」というあらゆる有機的組織体に共通する本能に基づくものだ。


エドモンド・バーグの経歴・略歴

エドモンド・バーグ。イギリスの政治家、哲学者。ダブリン出身。下院議員(ホイッグ党)。著書に『フランス革命の省察』『崇高と美の観念の起源』ほか。

他の記事も読んでみる

細谷英二

後継者育成は企業風土を変える経営戦略作成よりも大事だと考えています。後継者の指名を間違えて衰退した企業もたくさんあるわけで、どう選抜するかが大きな焦点なのです。


菊原智明

日々のちょっとした「とほほ話」をさりげなく自己開示していくことで、人間味が増して相手との距離がグッと縮まる。どんな優秀な人でも、意識してみれば小さな失敗は毎日必ずしているもの。それをノートに記録すればいい。ネタ帳になる上、反省点を振り返るきっかけにもなる。


田代五男

医師の先を行くぐらいに、社員はみんな勉強しなければらない。「社員は、色々な専門分野に分かれて、自ら毎日勉強しています。また、その勉強が仕事のひとつだとも言っております。


浜田宏

世界のトップレベルのエリートは、たいていの場合、何社かを渡り歩いて、何十万人と競争をしながら、激しい戦いに勝って勝って勝ち抜いてきたサラブレッドです。そうした人は自己管理も徹底しているし、身体も丈夫。心技体のバランスがとれています。集中力だって並大抵じゃないですよ。


江崎利一

下から石を一つずつ積み上げて山頂に達するより、山頂から石を転がした方が早い。


小笹芳央

統計は母集団の規模や性質など、数字の背景を考えながら読むことが重要。数字は物事の一面しか示していません。このことを肝に銘じて、数字と上手につき合ってください。


阿川佐和子

聞き手が興味のなさそうな顔をしたら、もう話すのやめとこうかな、と思うじゃないですか。でも逆に、「それって何ですか?」「面白いですねえ」と乗ってくれたら、もうちょっと話そうかなという気になります。「ちゃんと聞いてますよ」というシグナルを相手に送り、面白い時には素直に面白いと反応することが大事な気がします。


水城せとな

マンガって、一度描きはじめたら完結するまでに数年はかかるじゃないですか。自分が本当に描きたいと思ってるものを描くだけで精一杯なので、自分から提案することが多いです。


近藤太香巳

社長というのは、知識・経験・勘という3つの能力を備えておかなければなりません。このうち経験と勘は自分で磨かなければならないものですが、知識は他の経営者から学ぶのが一番です。


本田宗一郎

人真似をするな。楽をしたければ人真似をするのも自由だが、そうなると企業は転落と崩壊の道をたどり始める。


村田昭治

企業は目標としての企業ビジョンを高く掲げ、それにチャレンジしつづける企業姿勢づくりに真っ正面から取り組むかどうかが、今後の企業の優劣を峻別することになるだろう。


布施一樹

いまは、一日がパーソナルデバイスによるメディアへの接触活動でスタートする時代。デジタルデバイスの発達によって、人が接触するメディアの種類が非常に細分化されている時代です。生活者の個々で接触活動が異なるため、企業側は非常に細かくマーケティングをしなければ自分たちのメッセージを伝えることができない。


ダン・ケネディー

問題なのは「与える」という発想が奨励されすぎていることだ。専門技能や時間やサービスをタダで与えれば、いつの日か自分に恩恵が返ってくると思いたがる人は多い。たしかに、有意義な団体や個人に労力や金を提供するのは悪いことではない。それは慈善行為だからだ。しかし、ビジネスの場では「与える」という態度をとれば、たいていバカを見るだけだ。


永田豊志

図解思考では、単に聞いたことを箇条書きする場合と比べて、使う脳の部位が圧倒的に多いのです。脳全体を使って覚えた情報は非常に深く刷り込まれて、いつでも必要に応じて取り出せる強い記憶になります。図解思考が、ビジネスでのメモにかぎらず、資格試験などの勉強にも威力を発揮するのは、こうした理由があるからです。


川本隆一

経営者にとって、自らの命(めい)、すなわち社会に対する役割を強く意識するようになりました。仕事を通じて社会貢献することを、人生の一部として歩んでいこうと思っています。


ページの先頭へ