名言DB

9413 人 / 110706 名言

エドガー・ケイシーの名言

twitter Facebook はてブ

エドガー・ケイシーのプロフィール

エドガー・ケイシー。アメリカの霊能者・預言者。アメリカ合衆国ケンタッキー州ホプキンスビル出身。自ら催眠状態になり、相談者の問題解決の方法を探るリーディングという手法を得意とした人物。日本でも多くの著作が翻訳出版されている

エドガー・ケイシーの名言 一覧

人間はすべて例外なく、自分が気付いている以上の大きな力を持っている。


あなたがどのような状況にあろうと、それは今のあなたにとって最も望ましい状況であることを忘れてはならない。


あなたの自分の中に奥深く秘められている、内なる創造の花火を外から覆っているものを引き裂きなさい。


夢はその人が肉体で活動するためのパイロットのようなものです。心と体の状態に照合させて正しく解釈し、導かれるようにしなさい。


毎日の生活が大切です。昨日、行い考えたことが、今日の自分だからです。一つ一つの思いが、あなたの中に新しい性質を作っていきます。今日のあなたは、それらの集積された性質の総計なのです。


他人の中に見だす欠点は、あなた自身の中にあるものの反映である。


意思とは人間が生まれながらに所有しているものであり、人間一人一人を個性的な魂にするものである。


魂は神のものであります。我々が神を愛し、我々が神を愛し、神のごとく行為するなら、魂の力を十分発揮できます。


エドガー・ケイシーの経歴・略歴

エドガー・ケイシー。アメリカの霊能者・預言者。アメリカ合衆国ケンタッキー州ホプキンスビル出身。自ら催眠状態になり、相談者の問題解決の方法を探るリーディングという手法を得意とした人物。日本でも多くの著作が翻訳出版されている

他の記事も読んでみる

水島広子

体を動かすことはストレス解消に効果的。ランニングのように他のことを考える余裕をなくし、走ることに集中する運動がお勧め。ぐっすり眠れるというメリットもあります。


松坂晃太郎

急遽会社を継ぐことになり、まずは社員たちと顔を合わせたいと思い、毎朝、玄関の掃除を始めました。最初は、誰も私にあいさつしてくれませんでした。でも、続けているうちに、次第に社員たちと顔見知りになり、絆が深まっていったのです。「会社って、私が思っている以上に人間的で温かいところなんだ」と実感しました。


大坪清

希望とは、与えられるものではなく、いろいろなことを学びつつ、成長し変わっていく新たな自分を発見することだ。そのためには、理想を胸にいつまでも若々しい感性を持ち、何事からも学びとろうという姿勢が大事だ。


樋口武男

自分は住宅の営業なんかやったことがない。部下が飛び込み営業に出かけると、私自身も公団住宅の飛び込み営業をしましたが、いきなり飛び込みで営業しろと命令されても無理があるとつくづく感じました。ですから営業のシステムを構築しなければと思い、外部の方を呼んで新入社員と一緒に私も勉強しました。そこで住宅のことを覚えました。


マダム・ホー

親の介護で一時帰国したことをきっかけに勤めていた病院をクビになり、収入が激減しました。当時は結婚したばかりで、初めて迎えた夫の誕生日もレストランでお祝いができず、おにぎりをつくってサンタバーバラのビーチにピクニックにいくしかありませんでした。初めて経験した貧乏に、私はみじめな気持ちでいっぱいでした。でも、そのとき夫がおにぎりを頬張りながら言った一言に救われました。「日本のお米は冷めてもおいしいね!」。夫がこう言うのを聞いて、クヨクヨしている自分が馬鹿らしくなりました。仕事はないけれど、おにぎりはおいしいし、海は青くてきれい。それでいいじゃないかと、ふと思えたのです。不思議なもので、ケセラセラの心境になって肩の力が抜けた途端、運も向いてきました。知人の紹介ですぐに仕事も見つかったし、さらに社長秘書や同時通訳といった仕事をするチャンスが訪れ、収入はどんどんと増えていきました。


西脇俊二

無駄な思い込みを手放すだけで、相当気分がラクになるはず。無駄な感情を動かさなくて済むでしょう。


中込賢次

リストラをして士気を落とすくらいなら、前向きな効率化をしたほうがいい。


森中謙介

上司の評価エラーは些細なことをきっかけに起きるので、戦略的に意識して実践・改善を積み重ねればいい。一例ですが、字を丁寧に書いたり、大きな声で挨拶したりすることも、評価エラーを逆手に取った立派な方法です。上司にとって好ましく、社内でできていない人が多いほど目立てるから、効果があります。身構えなくても大丈夫。気楽に取り組んでみれば、効果は案外すぐに現れると思います。


安宅和人

「問題解決に取りかかる前に勝負はついている」と私がビジネスパーソンに話すと驚かれます。私の持論は「問題解決は、イシューの見極めから始まる」。イシューとは、「今の局面でケリをつける必要がある課題」のこと。「答えを出すと次のステップに大きな影響を与える問い」ほど解決に取り組む価値があり、それにまず手をつけるべきです。


枡野俊明

「最近の若者は、飲みに誘っても断る」会社でも年配社員の方はよくこう嘆きます。上司からすれば、本当に予定があるのか、ただ飲みに行くのが嫌で断られたのかはわかりません。ところが、若手社員のほうにも言い分があります。急に「今日、飲みに行こう」と誘われても、上司から重要な話があるのか、単なる憂さ晴らしの相手をさせられるのかわかりません。もし重要な話だと知っていたら断らないでしょうし、先約があれば「明日ではどうですか?」と打診されるはずです。つまり、飲みに誘うところからコミュニケーション不足の弊害が表れているのです。「どうしても伝えたい話があるんだが、今夜飲みに行かないか。仕事のヒントになると思うんだ」そのように言って誘ってみるのはどうでしょうか。若手社員も仕事に役立つ話が聞けるなら、上司や先輩と飲みに行きたいはずです。


藤井孝一

タスクリストには、やるべきことを漏れなく書き出しておくだけではなく、タスクの締め切りも書き込んでおくこと。そうしないとひとつひとつのタスクに時間をかけすぎて、その日のうちに終わらないということが起こりかねません。


美輪明宏

自分一人が暮らすのなら、そこそこあればいいではないですか。それを、もっと増やそう、もっと増やそうと利益を増やして、死んでしまったらあの世にどうやって持っていくのでしょうか。


吉野真由美

コミュニケーションの目的はただ一つ。人を動かすことです。駆け引きの達人は、言葉の使い方ひとつで自分の主張を通し、嫌な仕事を断り、お客様やスタッフを動かし、成果を出しています。無理強いせず、好感度を保ちつつ、自分の要求をすんなりと通す。一見矛盾しているように見える複数の課題も、実は言葉の選び方次第で、誰にでも現実可能になるのです。


井口尊仁

相手に伝えるには、自分で全部説明するのではなく、相手の想像力を喚起し、考えてもらう。シンプルにすべき理由はここにある。


森本貴義

「野球道」を歩く人が、野球を仕事にしているとは限りません。プロ野球の世界から退いても、草野球チームでコーチをしたり、マネジメントの勉強をしてリトルリーグの監督をしたりする人もいますが、彼らはさまざまな形で自分なりの「野球道」を究めているのだと思います。このように自身が選んだ「道」を突き進むことができる点が、日本人の優位性だと思うのです。