名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

エドウィン・ランドの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エドウィン・ランドのプロフィール

エドウィン・ランド。アメリカの科学者、発明家。ポラロイドカメラ発明者。コネチカット州出身。ハーバード大学で1年間化学を学ぶ。その後、安価に製造できる偏光フィルターを発明し「ポラロイド」と命名。ポラロイドカメラを事業化し、ポラロイド社を創業。生涯で535の特許を取得した。

エドウィン・ランドの名言 一覧

失敗とは、その価値がまだ現実されていない将来の財産である。


エドウィン・ランドの経歴・略歴

エドウィン・ランド。アメリカの科学者、発明家。ポラロイドカメラ発明者。コネチカット州出身。ハーバード大学で1年間化学を学ぶ。その後、安価に製造できる偏光フィルターを発明し「ポラロイド」と命名。ポラロイドカメラを事業化し、ポラロイド社を創業。生涯で535の特許を取得した。

他の記事も読んでみる

加賀見俊夫

課題を乗り越えるために必要なのは、「もう、やるしかない」という想いではないでしょうか。そのビジネスにどれだけ心を打ち込めるかです。


柳井正

従業員の表情が暗い、売り場が汚いといった問題が起きる最大の理由は、店舗運営がマンネリに陥っているから。マンネリと傲慢は、店長の大敵です。店長の仕事は同じことの繰り返しでもあるので、いったん、「オレはできる店長だ」と思った瞬間に、小さいけれど大切なことに気づかなくなる。


竹中宣雄

私も失敗をたくさんやっています。初めて20棟ぐらいの団地を任されたときのことですが、上司から損益の積算をやれと命じられたのです。これが見事に間違っていまして、全棟売り切ったときに利益がゼロになってしまったのです。会社に損をさせたに等しいのですが、なんと、上司からはこの件についてひと言も叱られませんでした。こういうことがあると、なんとかして会社に恩返しがしたいという気持ちになり、なるべく早くしたいと思うものです。


三谷宏治

報連相はやり方を間違えると思考を停止してしまうので、注意が必要です。問題は「相談」です。上司としては部下の仕事をサポートするために報連相を徹底させようとしますが、部下が自分で考えることなく上司に相談してしまうと、思考しなくなってしまうのです。それを新入社員のころから続けていくと、上司の手足となって働く人間が増えるだけです。


サム・ウォルトン

過去数年間、私が本当に気にかかっているのは株価ではない。いつか、わが社がお客を大切にすることを忘れたり、幹部が従業員のことを気にかけなくなる日が来るのではないか、ということである。また、成長するにつれて、チームワークの精神が失われたり、わが社独特の家族主義が働く人々にとって実感を伴わない、空疎なものになるかもしれない、という心配もある。こうした試練のほうが、ウォルマートは方向性を間違っている、と指摘する評論家の言葉よりはるかに重大である。


マイケル・ゲルブ

音楽家は、音と音の間の沈黙が音楽を言気付かせると言う。彫刻家は、作品を取り巻く空間が彫像の力強さを生み出すという。同じように、あなたの意識的な努力と努力の間が、創造的人生や問題解決のカギとなる。この時間が、知覚したこと、アイデア、感情などの孵化を助ける。


宮嶋宏幸

八百屋さんは、果物や野菜をひな壇に積んで、空間を上手く使ってボリューム感を出しているところや、小さい山と大きい山をつくってそれぞれに値札を差し、大きい山の方が割安だと視覚的に理解させているところなどを学びました。肉屋さんの場合は、天井から下がっている短冊状の正札。こういう工夫を発見しては、自分のところの売り場に採りいれてきました。


税所篤快

大学二年生のころにバングラデシュのグラミン銀行についての本を読み、いたく感銘を受けました。どうしても創設者のムハマド・ユヌスさんに会いたくなり、休学してインターンで働くことにしました。グラミン銀行はマイクロファイナンス(少額融資)だけではなく、ソーラーパネルを使った発電を京セラと行ったり、ヨーグルトをダノンとつくるなど、貧困解決に向けてあくなきイノベーションを続けています。銀行というより、ひとつの巨大商社。その話を聞いて、いてもたってもいられなくなりました。


安藤哲也

小さなことからでいいので「いつもと違うこと」を常にやってみる。たとえば、通勤電車は乗る車両や乗車時刻を変える。日頃見かける人たちとは違う顔ぶれや混み具合になるといった些細な変化を受け入れ、楽しむのです。職場でちょっとした提案をして、小さな成功体験を積むのもいいでしょう。


増田宗昭

立ち読み? 全然いいじゃないですか。人が集まってくることが大切。売り上げはお客さんの数に比例します。


三品和広

本来、戦略なんて一握りの人間がやればいいものを、それを大衆化するのがいけない。本当はやりもしない人たちが戦略が重要だなんて言い出すと、おかしくなってしまうんです。それよりも製品や製品を通じてやりたいことに対する強烈な情熱が大事だということです。


中村信仁

商談ではこちらから無理に情報提供をするよりも、「教えていただく」という姿勢で臨んだほうが、スムーズに商談が進むことも多いのです。とくに若手の営業マンであれば、「自分は勉強中なので、ぜひ教えてください」という態度のほうが、好感をもたれるものです。