名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

エドウィン・ランドの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エドウィン・ランドのプロフィール

エドウィン・ランド。アメリカの科学者、発明家。ポラロイドカメラ発明者。コネチカット州出身。ハーバード大学で1年間化学を学ぶ。その後、安価に製造できる偏光フィルターを発明し「ポラロイド」と命名。ポラロイドカメラを事業化し、ポラロイド社を創業。生涯で535の特許を取得した。

エドウィン・ランドの名言 一覧

失敗とは、その価値がまだ現実されていない将来の財産である。


エドウィン・ランドの経歴・略歴

エドウィン・ランド。アメリカの科学者、発明家。ポラロイドカメラ発明者。コネチカット州出身。ハーバード大学で1年間化学を学ぶ。その後、安価に製造できる偏光フィルターを発明し「ポラロイド」と命名。ポラロイドカメラを事業化し、ポラロイド社を創業。生涯で535の特許を取得した。

他の記事も読んでみる

星野佳路

現在の我々の競合は誰かというと、明らかに外資系の運営会社です。星野リゾートはいま国内に27拠点ありますが、そのスケールメリットは、外資系に比べれば大したことはない。我々の弱点というのはそこで、運営面や予約獲得面においてスケールメリットが効いていないし、ブランド力が低い。ですから、競合に勝つためにはそれらを強化しなければなりません。運営施設をもっと増やしたいし、世界的な知名度を持つ彼らに負けないブランドになる必要があります。


高須克弥

僕はお金儲けをしようと思ったことはない。やりたいことをやったらお金が入ってきた。


長谷川誠

大型製品や大量ロットの商品は既存の輸送方法で、中小ロットや輸送条件の厳しい商品は「JITBOXチャーター便」でと使い分けることがお客様の利益と便利につながります。そして分散していた流通在庫を集約しても欠品の心配がなく、必要なものを必要な量だけJIT納入できるから、さらにお客様のSCMが進化します。
【覚書き|JIT=ジャストインタイムの略。SCM=サプライチェーン・マネジメント、供給連鎖管理。】


森喜朗

政治などの重要な話をする前に役人が書いた原稿ではなく、まず信頼関係を築いておく。そのためには、最初に一番疑問に思っていること、前から訊きたいと思っていることをずばり聞く。そうすることで胸襟を開くことができる。


寺町彰博

THK製品の良さを多くの人に伝えていくには、IoTが大きな武器になります。IoT対応にすることで機械の状況を常に把握できるため、予防保全が可能になります。異変の兆候をつかんだ段階で部品交換することで、故障によるラインストップを起こさないですみます。あるいは機械の寿命もデジタルデータとして示すことができます。つまりIoTによって、THK製品の優秀さを「見える化」できるのです。


江幡哲也

ビジネスの現場では、最初に要件と結論を伝えることが鉄則です。これは報告書や企画書をはじめとするビジネス文書全般に言えることですが、とくにメールは注意したほうがいいですね。というのも、最後まで読まないと内容がわからないメールは、相手の仕事リズムを乱してしまうからです。


白石達

すべての職員が企画提案力を身につける必要があると思っています。管理業務を担っている職員も例外ではありません。管理する業務はできるだけコンピューターに任せて、職員自身は動きながら事業を組み立てていく意識を持つことが大切です。


吉田和正

上司がキレるのは別に悪いことではないと思います。キレるとき、そこにはキレた人の期待値とキレられた人の成果に、明確なギャップがあるからです。


野口敏(話し方)

話を広げたいときに大切なのは、「ささやかな気持ちを加える」ことです。たとえば「もう12月ですね」という事実(共通のこと)に、「早いですねぇ」という自分の気持ちを添える。そして、「そうですねぇ」と言われたら、「うちの家族は、もうクリスマス気分ですよ」など、自分の話をして「そちらはどう?」などと聞けば、相手も答えやすくなります。自分の手の内を明かして相手を話しやすくさせるのです。そして個人的な話になると、話はさらに膨らんでいきます。


武田双雲

僕は、がっつり主張し合う方法を選んでいます。ただし、真正面からぶつかってしまうとこじれます。「ノー」なら「ノー」で、お互いの主張を机の上に出し合って、もう一度話し合う。そんなイメージです。すると、それぞれの主張がつながって、混ざり合い、「わお!」って感じの意外な解決策になっていく。トラブルも絶妙なスパイスに変わるんです。


伊本貴士

私たちが持つべきものは、何より「危機感」なんです。それがあれば、自然と学びのスタート地点に立つようになると思います。


古森重隆

今の学校教育では、答えのある問題を解く方法は教えますが、企業経営でリーダーが直面するのは、答えのない問題です。そういう問題を解くには、歴史、哲学、文学、美術といったリベラルアーツを学び、大局観や人間としての厚みを身に付ける必要があります。