エドウィン・ランドの名言

エドウィン・ランドのプロフィール

エドウィン・ランド。アメリカの科学者、発明家。ポラロイドカメラ発明者。コネチカット州出身。ハーバード大学で1年間化学を学ぶ。その後、安価に製造できる偏光フィルターを発明し「ポラロイド」と命名。ポラロイドカメラを事業化し、ポラロイド社を創業。生涯で535の特許を取得した。

エドウィン・ランドの名言 一覧

失敗とは、その価値がまだ現実されていない将来の財産である。


エドウィン・ランドの経歴・略歴

エドウィン・ランド。アメリカの科学者、発明家。ポラロイドカメラ発明者。コネチカット州出身。ハーバード大学で1年間化学を学ぶ。その後、安価に製造できる偏光フィルターを発明し「ポラロイド」と命名。ポラロイドカメラを事業化し、ポラロイド社を創業。生涯で535の特許を取得した。

他の記事も読んでみる

山本義隆

専門のことであろうが、専門外のことであろうが、要するにものごとを自分の頭で考え、自分の言葉で自分の意見を表明できるようになるため。たったそれだけのことです。そのために勉強するのです。


ジョセフ・キャンベル

生きる喜びに従え。そうすれば壁しかなかったところに世界は扉を開いてくれる。


ポール・シーリィ

新しいアイデアを導入する人は、最初は一匹狼、異端者の扱いを受ける覚悟が必要。


大串ノリコ

その人がなぜそう思うのか、深いところまで考えるのが好きなんです。だから、ただ占って終わりにしないで、相手によって答え方を変えることもできる。


水野哲也(経営者)

日本の優良な中小企業の商品を発掘して海外に輸出し、その結果、日本の地方経済の活性化に貢献できれば、日本人としてそれほど嬉しいことはありません。


中込賢次

一つのグループになっても我々はあえて3社を合併しませんでした。システム統合が難しいという業界特有の事情もあります。ですがそれ以上に、各社の強みを磨いた方がむしろ、いい結果が得られると考えたのです。


林真理子

人は意識的に「上」を目指していないと、「たまたま」とか「のんびり」では、満足感のある人生を生きていくことはできないと思うんです。自分の身の程を知ることも大切ですが、ちょっとでもいいから、身の程より上を目指してみる。富士山を目指す必要はないんです。谷川岳くらいでいい。最初から「高尾山でいい」とぼんやり歩いていたら、登山口の駐車場でウロウロする人生を送ることになってしまいます。


トム・ケリー(IDEO)

共感がなければ、「なぜこのプロジェクトを行うといいのか」というユーザーの本質的なニーズを見落としてしまう。さらに、共感という腹落ち感があれば、現場の社員と意思決定をするマネジメント層のズレも起こりにくくなる。


鈴木修

止まったら負け。この程度の働きで業績が上向くと考える社員がいたとしたら危険だ。


押井守

趣味は車などというオヤジの実態は、ローンを組んで外車を買ったとか、シートを替えたとか、しょせんその程度のことだろう。本当に車が好きだというなら、ガレージでエンジンから組み立てるぐらいのことをしてはどうだ。車が趣味とか、自分の個性などと主張するなら、せめてその程度には車に没頭してから言うべきだろう。単にカネを出しただけで手に入れたものは趣味とはとても言えないと思う。


上村光弼

エンパワーとは「力を与える」という意味で、「人を元気にする・やる気にする」ということです。一方で、人をディスパワーする人がいます。これは、「人の力を奪う人」です。どこの組織の管理職にも、この2つのタイプが必ずいます。その上司がどちらのタイプの人かによって、日々現場で働く人間の意欲は上がったり、下がったりするのです。この問題を無視して人や組織のモチベーションやモラルを論じることはできないというのが私の結論です。


楠正成

大将は知恵を持って肝要とす。知恵なき者は万事に惑いあるものなり。知恵には大小あり。知恵大なれば天下を治めて不足なく、知恵小さきなれば一国一城も治まりかねるものなり。


中林一樹

高齢社会で地震が起き、わが家での生活ができなくなったとき、次に警戒すべきは震災関連死です。慣れない避難所での暮らしは大きなストレスとなります。地震から命を守った後は、生活を守る工夫が必要です。在宅避難が可能なくらい家をしっかりしたつくりにして、いつも食べ慣れたものや処方薬の備蓄を十分にしておくことなども効果的でしょう。地震そのものは防げなくとも、事前の備え次第で災害の拡大は防げるのです。


益本康男

いまの数字には全く納得していません。新興国がこれだけ成長しているのに、売上(今3月期計画で1兆1500億円)が以前と変わっていない。2倍あってもおかしくない。食は間違いなく成長産業です。アジアが工業化すれば農業の人手がなくなるから、機械化が進む。今後が楽しみです。


和田秀樹

形式や秩序にとらわれやすい、頑固完全主義的などの傾向が強いとき、人は物事にのめり込みやすく、心に余裕がなくなりがちだ。すると、考え方の幅が狭くなるために、ほかの可能性が考えられなくなってしまう。こうした傾向を、心理学では心理的視野狭窄ともいう。


ページの先頭へ