エドウィン・ブリスの名言

エドウィン・ブリスのプロフィール

エドウィン・ブリス。米国のビジネストレーナー。主な著書に『タイムマネジメント グズグズ時間を追放する方法』ほか。

エドウィン・ブリスの名言 一覧

望ましい速さで行動できないのは、その業務が極端に難しいからではなく、むしろ、可能なときには必ず先延ばしをするのが習慣になっているからである。先延ばしという言葉が単一のものを指すことはまずない。たいていは、身にしみついた行動パターンのことである。


エドウィン・ブリスの経歴・略歴

エドウィン・ブリス。米国のビジネストレーナー。主な著書に『タイムマネジメント グズグズ時間を追放する方法』ほか。

他の記事も読んでみる

イチロー(鈴木一朗)

先輩たちを超えることが後輩の使命。


西任暁子(西任白鵠)

来客があるときは、事前に家を片づけたいですね。話をまとめられない人は残念ながら、「散らかったままの部屋にお客を入れ、一緒に片づけてもらう」ことを「会話」の中でやっています。


ケリー・マクゴニガル

悪い判断というのは、心理的な要素と社会的な要素が組み合わさった結果、起こるものなのです。「倫理的に正しく業務を遂行しよう」と、しっかりと心に決めている私たちのような人間でさえも、そうした要素の影響を受けやすいのです。こうした事実を意識することは、倫理観や価値観に反する誘惑に抵抗する助けとなります。


小池百合子

仕事の進め方が「前例踏襲」にはなっていないでしょうか。組織のなかにいれば、仕事は上から振られるものです。だからといって、当事者意識を欠いてはいけません。「自分事」と捉え直すことができれば、大胆に発想を転換できるはずです。


加治敬通

仕事で何が一番面白いかといえば、自分が考え、思ったことが表現できること。決められたことを、効率を上げてやるだけの仕事は、面白くないと思います。


萩本欽一

僕だって、最初からお笑いが好きだったわけじゃない。まして才能に恵まれていたわけでもない。自分はダメだと自覚したから、努力もした。普通の人より一歩、いや「二歩下がったところから頑張ろう」と決めたんです。


大崎洋(大﨑洋)

こういう、業際というか、業界と業界の境目がなくなりつつあるような時代ですから、きちんと線を引こうとするのではなく、むしろいろんなものを放り込んで、雑多なものが竜巻のようにこんがらがりながら昇っていくイメージ。そういうものが、企業にしろ、組織にしろ、劇場にしろ、映画祭のようなイベントにしろ、場の在り方として一番いいのだと思います。そういう場から、楽しくて、面白くて、いままで想像もできなかった新しいものが生まれてくるんです。


田原総一朗

成功するには、いい意味での鈍感さ、愚直さが必要。私は滋賀県の出身。近江商人の言葉で「運・鈍・根」という言葉があります。不器用にひとつのことを根気よく続ける。愚鈍に見えるかもしれないが、そういう人に運が向いてくる。


鎌田富久

海外の企業が作るロボットもカッコいいのですが、あまり可愛らしい製品は多くないですよね。少し首を振るとか、しっぽを揺らすといった、ちょっとした可愛さの感覚は、日本人の得意分野でしょう。


渡邊剛

留学から帰ってくる頃、ドイツの恩師に、僕は言葉をくださいと言ってノートを出したことがありました。すると、先生が書いてくれたのはドイツ語で「人に頼るな」。これ、当時32歳の僕には「孤独に頑張れってことかな」としか思えなかった。でも、今ならこの言葉の意味がわかります。味のある言葉でね、これは「自分の中にしか結論はない」ということなんですよ。


進藤隆富

一緒に作る感覚が大事。


木部智之

出張帰りの移動中には、出張中の仕事をすることをお勧めします。たとえば私は帰りの移動時間で、出張先での会議の議事録作成などを行なっています。なるべく早く片づけることで翌日に持ち越したくない、ということもありますが、何より、時間が経てば経つほど、出張先で話した内容を思い出せなくなるからです。「鉄は熱いうちに打て」です。もちろん、仕事が終わった直後にカフェやホテルなどに飛び込み、必要な作業をすべて済ませてから新幹線や飛行機に乗るというのも一つの手。移動中にのんびりと過ごす時間を確保できます。


ドナルド・トランプ

どんな業界であろうと、誰にでもターゲット市場というものがあり、対象がどんな層かは重要である。


外山滋比古

だいたい、勉強といえば本を読むことだと思っていること自体が大間違い。知的な活動の根本は記憶によって得られる知識ではありません。習得した知識が役立つのはせいぜい30代まで。40代ともなれば知識だけではダメです。知性を働かせなくては。


西田厚聰

守りも必要です。でも、守ってばかりいては先に進めません。失敗することがあるかもしれませんが、そのときはそこから学べばいいのです。


ページの先頭へ