エディ夫人の名言

エディ夫人のプロフィール

メリー・ベーカー・エディ。エディ夫人。アメリカ。キリスト教系新宗教クリスチャン・サイエンス教会の創立者。日刊新聞(現在はオンライン新聞)クリスチャン・サイエンス・モニターの創始者。同紙は宗教団体の広報紙という形ではなく通常のニュース新聞として発行され、ピューリッツァー賞を7度受けており、世界で最も古いオンライン新聞の一つとされている。

エディ夫人の名言 一覧

真理は不滅である。過失は致命である。


健康は体のコンディションの問題ではなく、心の問題である。


エディ夫人の経歴・略歴

メリー・ベーカー・エディ。エディ夫人。アメリカ。キリスト教系新宗教クリスチャン・サイエンス教会の創立者。日刊新聞(現在はオンライン新聞)クリスチャン・サイエンス・モニターの創始者。同紙は宗教団体の広報紙という形ではなく通常のニュース新聞として発行され、ピューリッツァー賞を7度受けており、世界で最も古いオンライン新聞の一つとされている。

他の記事も読んでみる

ジャック・ドーシー

私は肩書に大した興味はない。むしろ日々の生活の中で今後これがしたい、あれがしたいというものを見つけ、それを具現化することに興味がある。


生瀬勝久

演じる役に理想を作らないからって、決して事前に何も準備をしないわけではありません。稽古場に入ってから、いろんな要望に応えられるように、表現方法はいくつか用意していきます。あとは、初稽古で第一声を出して、演出家の反応をうかがえばいい。


柵山正樹

私は地味でいいと思っています。地味でも着実にやっていく会社でありたい。
【覚え書き|「三菱電機は地味な会社」と言われていることについてのコメント】


三ツ井創太郎

よくある間違いは、業績悪化の要因分析をせずに行動するパターン。指標とすべき数字を把握せず、見当違いをしているケースが多い。


井村荒喜

創立当時の苦心は誠に言語を絶したものであった。技術面ももとよりだが、ことに金融面ではひどく困難した。設立早々ではあり、舶来万能の時代に国産化という事業に対して銀行融資は不可能である。年末が来た、ボーナスを出す金がない。一晩中思案に暮れた。打つ手がない。家内が見かねて、ものを売って、シャツと下駄を買ってボーナス代わりにしたこともある。


佐藤公平

どこも同じですが、どうしても目先の利益、お店にどうお客を呼ぶかが優先されがちです。ですが、それだけでは企業の発展はありません。業界の将来をどうしていくかを考えなければいけない。


森川亮

経営者の立場から見ても、やり切らないまま部署を異動してばかりいる人は、信用できない。不本意な部署で、やりたくない仕事をしていても、「とことんやり切ること」で、道は拓けます。


佐藤公平

チェーンストア経営について、幹部社員にはしっかり教育しています。教育といっても難しいものではなくて、先輩企業や成功企業に学ぼう、ということです。ダイエーやセブンイレブン、イオンや最近ではユニクロなどですね。社員同士、切碓琢磨しながらの勉強です。


和田裕美

メールを書くときに大切なのは、ポジション・ライティング。自分と相手の立ち位置を考えてから打ち始めることです。自分自身の立ち位置を考えて、お客さまや上司、同僚の立場を上げる書き方をする。これをすることで非常識な文面で相手をムッとさせることはなくなります。


石田退三

誰もやり手がなければやってもいい。ただし、私に任せる以上は、はたからクチバシを入れるのは一切差し控えてもらいたい。知ったかぶりでゴチャゴチャ言われるのが、一番経営を誤らせる元だから。
【覚書き|トヨタ自動車の経営再建のため社長になることを依頼されたときの返答】


徳岡邦夫

あざとい演出はむしろ逆効果です。あくまでも誠実に演出すれば、それがお客様にとっての非日常になるのです。


大前研一

同じ意見の人といくらつるんだところで何も生まれない。自分の意見に対して、「それ、違うんじゃない?」と指摘してくれる人こそが重要。


西村克己

一番効果的なトレーニングは、常に「もしも」を自分に問いかけること。即断即決できないのは、何か問題が起きたときにその場で考えているから。あらかじめ準備しておくことが大切。日頃から「もし、こうなったらどうする?」を問い続けて、起こりうる問題にそなえる先読みを鍛えることが、ひいては即断即決力を養う良いトレーニングになるわけです。


大野直竹

お客さまは、嘘をつかれます。よく話すのが、夕飯時に奥さんが料理をしている。そこへ、大和ハウスの営業マンが電話をする。料理がまだ途中ですから、「うちは家のことは全然考えていません」と電話を切る。そうすると、営業マンのレポートは、Aさんは考えていない、となる。だけど、お客さまがその状況で発した言葉であって、心を言ってるわけじゃないんです。


山田雅裕

「初めてのミス」と「同じミス(の繰り返し)」では全く違う。何度ミスをしても構いませんが、「同じミス」は繰り返してはいけません。「同じミス」を繰り返すと、周りは「またかよ」「成長していないな」などと不満を持ち、職場の雰囲気が悪くなる。


ページの先頭へ