名言DB

9425 人 / 110833 名言

エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)の名言

twitter Facebook はてブ

エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)のプロフィール

エディー・ジョーンズ。オーストラリア人ラグビー選手、指導者。オーストラリア・タスマニア州出身。シドニー大学卒業後、高校の体育教師になる。その後、ラグビーコーチになり、ブランビーズ、オーストラリア代表チーム、サラセンズ、サントリーサンゴリアス、日本代表チーム、イングランド代表チームなどでヘッドコーチを務めた。

エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)の名言 一覧

チームに最も大切なのは、チームとしてのアイデンティティやカルチャーをつくることだ。


日本代表でのルールはシンプルで、「時間厳守」「5分前行動」でした。強いチームをつくるときには、こういった一見些細に思われるようなことが一番大切。


人間というのは誰もが、なにか特別なこと、サムシングスペシャルに関わりたい、という願望を持っている。


一番大切なのは、なんといっても準備です。スポーツの世界では、身体面での準備は不可欠ですが、メンタル面の準備も重要です。


死ぬまで戦え!
【覚え書き|選手への激励の言葉】


最後に、今までのプライド、自分たちのプライドをかけてしっかりと仕事をしよう!


教師はすばらしい仕事です。嫌だったからではなく、変化を求めて違うことをしたいと思ってラグビーのコーチの仕事に就きました。


飛び抜けたスキルや才能を持っていることも重要ですが、それ以上に「成長したい」という意欲を持っていて、つらい練習も耐えられるかどうかを重視します。別な言い方をすれば、成功を求めることに強烈な飢餓感を持っている人。底力のある、ハングリーな人ですね。


勝利目前という場面でも、負け癖がついていると「ミスをするかも」といった考えが頭に浮かび、それが体を硬くさせ、ミスにつながってしまう。


「勝って日本のラグビーの歴史を変えよう」という目標は、個々人が能力の限界を超えた力を引き出す、大きな動機づけとなった。何か特別なことに関わることは、自分が変われるということだから。


「これから何をしようとしているのか」「どうやってやろうとしているのか」「どんな形で勝ちにいこうとしているのか」を全員に理解させる。その中で、チームメンバー個々に「どんな役割を果たすのか」まで落とし込ませることが非常に重要。それらを行うのがリーダーの役割。


勝つためには、まず自分自身をよく知らなければいけないし、相手はどういう存在かを知らなければなりません。また自分が置かれている環境についてもよく知らなければならない。これらすべての準備を整える、これはビジネスも同じだと思います。


私が成し遂げたかった最大の目標は、日本代表が代表のジャージーに誇りを取り戻し、ファンが誇りを持って応援することだった。それを成し遂げた選手たちを誇りに思う。


エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)の経歴・略歴

エディー・ジョーンズ。オーストラリア人ラグビー選手、指導者。オーストラリア・タスマニア州出身。シドニー大学卒業後、高校の体育教師になる。その後、ラグビーコーチになり、ブランビーズ、オーストラリア代表チーム、サラセンズ、サントリーサンゴリアス、日本代表チーム、イングランド代表チームなどでヘッドコーチを務めた。

他の記事も読んでみる

田中ちひろ

「机が散らかっている」と状況を指摘されたら、すぐに片づけて状況を変える行動をすればいいだけ。いちいち悩む必要はありません。机手の行動や思考レベルがわかっていないから、人間関係で傷つくのです。


カーリー・フィオリーナ

目標は組織を一つにする役割を果たす。メンバーがバラバラに動くチームよりも一丸となったチームの方が強いのは誰もが知っている。ただし目標が壁に貼るスローガンで終わってはいけない。全員に理解され支持されて初めて、全員の行動を導く羅針盤になる。目標、戦略、使命がはっきりしていれば、メンバーのエネルギーは同じ方向に向かうので、リーダーの指示は不要となる。


古川武士

お金に一生苦労しない人は、自分に投資ができる人。たとえば毎月1万円を積み立てるよりも、その1万円で勉強会や語学学校に通って勉強する。専門のスキルを身につける。最初はすぐに利益にならなくても5年後10年後に大きく収入アップも可能になる。


佐々木隆(経営者)

私が社長時代重視したのはふたつ。ひとつは「JTBというブランドを大切にする」ということ。もうひとつは「社員を株主と捉え、敬意を払う」ことです。結局、社員の努力がJTBのすべてなんです。ですから、当社の最大の投資者は「自分の時間と未来を当社に投資している社員」だと思っています。


大嶋祥誉

最も重要なのは、最初に話す「結論」が短い言葉でわかりやすく、具体的にまとまっていることです。そうすれば、根拠が多少長くても、上司は話を聞いてくれるものです。


向谷匡史

本当の意味での説得とは言葉で言いくるめることではなく、納得させること。相手に働きかけて「腑に落ちさせる」こと。


高橋俊介

業績が悪い企業ほど社風が生産性を低下させている傾向が読み取れる。会社や上司の命令に忠実に従っていることが評価される企業風土では、意味のない仕事に時間が費やされ、つきあい残業もせざるをえない雰囲気が醸成されやすい。そのような社風から脱却して、限られた時間に主体的にアウトプットを出していくという風土を作り上げることが必要なのである。


佐藤尚之

以前は文化、流行、消費などの情報は、新聞、テレビ、ラジオ、雑誌の4大マスメディアによってトップダウンの形で伝えられていました。ところが、いまではネット上で消費者同士が「ホントかな」「私はこう思うよ」などと批評し合い、情報がボトムアップされるようになりました。その結果、作り手がどんなにいいことを言っても、消費者は素直に信じなくなってしまいました。


江上治

稼げない人たちはひどく疲れた表情をしている。一方、とてつもなく稼ぐ人は1日3時間しか眠らずに全国、全世界を飛び回っている人もいるが疲れた顔を見せない。疲れた顔を見せないばかりでなく、毎日が楽しそうなのだ。この違いは何か。簡単な話だった。「目的」を持ち、それを達成しようとしている人と、毎日、「目標」に追いまくられているだけの人との差。これだったのである。言うまでもなく稼ぐ人が前者、稼げない人が後者だ。


宮田亮平

芸術はときめきです。僕だっていつも不安だし、この先自分がどうなるかなんてわかりません。しかし、初めからゴールのわかっているものなんて、仕事にせよ何にせよ面白くないでしょう?サバイバルの中にアンビリーバブルなことがあるからこそ、ときめきがあるし夢中になって前へ前へと走ります。そして時々立ち止まり、葛藤する。いいじゃないですか。