名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)のプロフィール

エディー・ジョーンズ。オーストラリア人ラグビー選手、指導者。オーストラリア・タスマニア州出身。シドニー大学卒業後、高校の体育教師になる。その後、ラグビーコーチになり、ブランビーズ、オーストラリア代表チーム、サラセンズ、サントリーサンゴリアス、日本代表チーム、イングランド代表チームなどでヘッドコーチを務めた。

エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)の名言 一覧

チームに最も大切なのは、チームとしてのアイデンティティやカルチャーをつくることだ。


日本代表でのルールはシンプルで、「時間厳守」「5分前行動」でした。強いチームをつくるときには、こういった一見些細に思われるようなことが一番大切。


人間というのは誰もが、なにか特別なこと、サムシングスペシャルに関わりたい、という願望を持っている。


一番大切なのは、なんといっても準備です。スポーツの世界では、身体面での準備は不可欠ですが、メンタル面の準備も重要です。


死ぬまで戦え!
【覚え書き|選手への激励の言葉】


最後に、今までのプライド、自分たちのプライドをかけてしっかりと仕事をしよう!


教師はすばらしい仕事です。嫌だったからではなく、変化を求めて違うことをしたいと思ってラグビーのコーチの仕事に就きました。


飛び抜けたスキルや才能を持っていることも重要ですが、それ以上に「成長したい」という意欲を持っていて、つらい練習も耐えられるかどうかを重視します。別な言い方をすれば、成功を求めることに強烈な飢餓感を持っている人。底力のある、ハングリーな人ですね。


勝利目前という場面でも、負け癖がついていると「ミスをするかも」といった考えが頭に浮かび、それが体を硬くさせ、ミスにつながってしまう。


「勝って日本のラグビーの歴史を変えよう」という目標は、個々人が能力の限界を超えた力を引き出す、大きな動機づけとなった。何か特別なことに関わることは、自分が変われるということだから。


「これから何をしようとしているのか」「どうやってやろうとしているのか」「どんな形で勝ちにいこうとしているのか」を全員に理解させる。その中で、チームメンバー個々に「どんな役割を果たすのか」まで落とし込ませることが非常に重要。それらを行うのがリーダーの役割。


勝つためには、まず自分自身をよく知らなければいけないし、相手はどういう存在かを知らなければなりません。また自分が置かれている環境についてもよく知らなければならない。これらすべての準備を整える、これはビジネスも同じだと思います。


私が成し遂げたかった最大の目標は、日本代表が代表のジャージーに誇りを取り戻し、ファンが誇りを持って応援することだった。それを成し遂げた選手たちを誇りに思う。


エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)の経歴・略歴

エディー・ジョーンズ。オーストラリア人ラグビー選手、指導者。オーストラリア・タスマニア州出身。シドニー大学卒業後、高校の体育教師になる。その後、ラグビーコーチになり、ブランビーズ、オーストラリア代表チーム、サラセンズ、サントリーサンゴリアス、日本代表チーム、イングランド代表チームなどでヘッドコーチを務めた。

他の記事も読んでみる

山崎種二

私は金儲けのために算盤を外したことのない男であるが、ただひとつ、営利を離れ算盤を外してやっているものに育英事業がある。私の教育方針としては、生徒に将来社会人となるための教育を完全にしなければならぬということである。戦前の女学校は花嫁学校的色彩が強かったが、現在は女性もどしどし社会へ進出しているので、邦文はもちろん英文タイプや、私のモットーとする算盤などの習得も生徒にすすめ、いまでは全生徒がやるようになっている。おかげで就職率も非常にいい。
【覚書き|練馬の富士見女学校(のちの富士見高等学校・中学校)を経営していることについて語った言葉】


藤井孝一

作業効率が上がる時間帯とはいえ、面倒な仕事だとなかなか手を付ける気にならず後回しにしてしまったり、気が散って目の前のことに集中できなかったりということは起こるものです。そういうとき自分なりのエンジンのかけ方を知っていると、貴重な時間を無駄にせずに済みます。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

相手に隙を突かれない、すなわち「説得力のある仕事」ができれば、無用な争いをすることなく、仕事で勝つことだってできるんだ。これは戦わずに逃げる人生とは正反対。たとえ仕事で誰かと対立することがあっても、笑って相手を巻き込んでしまえるようになる。これもホントの話。グッドファイトができた相手は、自分にとって貴重な人脈に変わるんだ。


久住昌之

時間をかけるからこそ、面白いものが見つかるのです。店探しにしても、あちこち探し歩いていい店を見つけるのは時間がかかるけれど、その分当たったときの喜びも大きいし、失敗しても笑い話になる。「食べログ」で調べれば早いけど、ただ確認するだけでしょう?


鈴木与平(8代目)

常に地域社会から必要とされる存在であったから。
【覚え書き|鈴与が200年以上続いている秘訣を問われて】


木村眞琴

大手企業からなかなかイノベーションが生まれてきません。革新的だった企業も大きくなると、過去の延長戦上で物事を考えるようになり、社員は効率のいい歯車になる。まったく新しい製品やビジネスは既存の顧客との関係を壊しかねないから、あえてイノベーションが起きないようにしていると言ってもいい。


出口治明

「知ることは楽しいことだ」と思える人は、さらに伸びる。自分は賢い、何でも知っていると思ったら、学ばなくなる。


小林陽太郎

客観的に自分をふり返り、少し別の視点から自分自身を見る機会を意識して持つようになったのは、アメリカでの2年間の留学を終えたころで、年齢でいえば23、4歳でした。思うに、同質のものや同質の人としかふれない社会の中にいるかぎり、自己観照の必要性はあまり生じないし、かりに自己観照をするつもりでいても、結果的にそうはならないことが多い。日本が均一社会もしくは同質社会だと言うつもりはありませんが、私の場合は明らかに、海外で2年間を過ごすなかで、異質なものに数多くふれたことが、自分自身を客観的に見るきっかけになったと思う。


白澤卓二

楽観的な人のほうがストレスは少なく、作り笑いでも笑顔でいたほうが、ボケないという研究報告があります。逆に、皮肉っぽく人生を捉える人は認知症の発生率が3倍というデータもあります。ただし、楽観的すぎる人は事故などに遭いやすいので、短命傾向にあるという研究もあるので、ご用心を。


ビル・ゲイツ

研究所に関していえば、「今後3年のうちに、彼らは次にあげる10の発明を行います」などと記者会見で発表するようなことはしたくない。研究所の素晴らしいところは、偉大な頭脳を集めて、デッドライン(締め切り)を気にせずに仕事に打ち込めることだ。


高野登

人は普通、他人の話を聞くよりも、自分の話をするほうが楽しく感じるものです。しかし、他者への興味に溢れ、「聞く欲求」でいっぱいの人もいるのです。生まれたときからそうだったはずはないので、きっとどこかで「スイッチ」が入ったのでしょう。私も、そのスイッチが入っています。スイッチが入ったのは、お客様の心からの「ありがとう」をいただいたときでした。つまり、「人と接して幸福を感じたとき」がスイッチの入るチャンスです。その機会を得るためには、できるだけ人と会うことです。


岩下尚史

人生というものは、何事も思うようにはならないもので、何がどのように結びつくかもわからないもの。思わぬ人がチャンスをくれる一方で、身近な頼りになりそうな人ほど、頼りにならない。