名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)のプロフィール

エディー・ジョーンズ。オーストラリア人ラグビー選手、指導者。オーストラリア・タスマニア州出身。シドニー大学卒業後、高校の体育教師になる。その後、ラグビーコーチになり、ブランビーズ、オーストラリア代表チーム、サラセンズ、サントリーサンゴリアス、日本代表チーム、イングランド代表チームなどでヘッドコーチを務めた。

エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)の名言 一覧

チームに最も大切なのは、チームとしてのアイデンティティやカルチャーをつくることだ。


日本代表でのルールはシンプルで、「時間厳守」「5分前行動」でした。強いチームをつくるときには、こういった一見些細に思われるようなことが一番大切。


人間というのは誰もが、なにか特別なこと、サムシングスペシャルに関わりたい、という願望を持っている。


一番大切なのは、なんといっても準備です。スポーツの世界では、身体面での準備は不可欠ですが、メンタル面の準備も重要です。


死ぬまで戦え!
【覚え書き|選手への激励の言葉】


最後に、今までのプライド、自分たちのプライドをかけてしっかりと仕事をしよう!


教師はすばらしい仕事です。嫌だったからではなく、変化を求めて違うことをしたいと思ってラグビーのコーチの仕事に就きました。


飛び抜けたスキルや才能を持っていることも重要ですが、それ以上に「成長したい」という意欲を持っていて、つらい練習も耐えられるかどうかを重視します。別な言い方をすれば、成功を求めることに強烈な飢餓感を持っている人。底力のある、ハングリーな人ですね。


勝利目前という場面でも、負け癖がついていると「ミスをするかも」といった考えが頭に浮かび、それが体を硬くさせ、ミスにつながってしまう。


「勝って日本のラグビーの歴史を変えよう」という目標は、個々人が能力の限界を超えた力を引き出す、大きな動機づけとなった。何か特別なことに関わることは、自分が変われるということだから。


「これから何をしようとしているのか」「どうやってやろうとしているのか」「どんな形で勝ちにいこうとしているのか」を全員に理解させる。その中で、チームメンバー個々に「どんな役割を果たすのか」まで落とし込ませることが非常に重要。それらを行うのがリーダーの役割。


勝つためには、まず自分自身をよく知らなければいけないし、相手はどういう存在かを知らなければなりません。また自分が置かれている環境についてもよく知らなければならない。これらすべての準備を整える、これはビジネスも同じだと思います。


私が成し遂げたかった最大の目標は、日本代表が代表のジャージーに誇りを取り戻し、ファンが誇りを持って応援することだった。それを成し遂げた選手たちを誇りに思う。


エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)の経歴・略歴

エディー・ジョーンズ。オーストラリア人ラグビー選手、指導者。オーストラリア・タスマニア州出身。シドニー大学卒業後、高校の体育教師になる。その後、ラグビーコーチになり、ブランビーズ、オーストラリア代表チーム、サラセンズ、サントリーサンゴリアス、日本代表チーム、イングランド代表チームなどでヘッドコーチを務めた。

他の記事も読んでみる

ウィンストン・チャーチル

欧州の各国が倒され去らんとしても、我々は戦い抜くであろう。海浜において戦い、上陸地点において戦い、野原において戦い、断じて降伏しない。そして万一、本土の大部分が征服されても、その時は海のかなたの我が帝国で戦い、新世界(アメリカ)が、その権力と武力のすべてをもって旧世界(欧州)の救済と解放のために進み来る日まで戦い抜くであろう。


原田まりる

自分の気持ちに嘘をつかず誠実でいることが何よりも大切。


藤森義明

即断即決を実現するには、日ごろの周到な準備が必要だ。私はふだん、案件の処理に迷うことはほとんどない。それは常に自社の戦略を思い描き、その枠組みの中で何をどう判断すればいいかを考え抜いているからだ。その場で即興的に決めるのではなく、あらかじめ思考訓練を行っているのである。


後田良輔

忙しい現場でミスをされたら、ついカッとなって怒ることもあるでしょう。ただ、10回のうち2~3回は「相手のため」を意識した声かけをするべきです。それだけで、印象が大きく変わるものです。


ダン・ケネディー

私はこれまで、それが何であっても「やり方がわからないから、はじめるのをよそう」と思ったことは一度もない。そして、「誰だって、何でもできるようになる。プロにだってなれるのだ」と確信するにいたった。


夏野剛

日本人だけで日本向けのものを作るから、どこまでが基本原理でどこからが応用なのか区別がつかなくなってしまう。


鳥居祐一

億万長者がとくにお金を惜しまないのは人脈づくり。人助けには出費を惜しみませんし、高級住宅街に住むのも、資産家人脈をつなぐため。人脈=金脈とよくわかっているんですね。


スティーブン・コヴィー

成長という自然のプロセスにおいて近道をしようとすればどうするだろうか。たとえば、テニスの初心者であるにも関わらず、人に格好良く見せるために上級者のように振舞ったらどうなるだろうか。答えは明白である。こうした成長のプロセスを無視したり、近道したりすることは絶対に不可能なのだ。近道を探すことは結局、落胆とフラストレーションをもたらすだけである。


米村でんじろう(米村傳治郎)

世間から「でんじろう先生」がどう見えるかわからないですけど、実際には先のしれない不安を抱えています。科学を楽しく見せるという現在の手法の将来性、イベント、番組出演が今後も続くのだろうか。お客さんは喜んでくれているだろうか、と。また、先端科学の世界で活躍している研究者、技術者から見れば、僕らがやっていることは、何の役にも立たないと言われちゃうかもしれないな……とも思っている。だけど、そうした不安の一方で、誇りもあるわけです。これは一般の人に科学への門戸を開く一種のアートなんだ、と。児童の理科離れ、科学離れが指摘される中で、実験という表現活動を行う。それは映像作りや絵画、音楽と同じように意味のあることのはずで。実験だからこそ、伝わる不思議さ、驚き、キレがあり、見ている人へ感動を与えることができる。一種の創作活動なんだと胸を張る気持ちもあります。


窪山哲雄

ホスピタリティーは相手に合わせることが基本です。これはつまり、お客様一人一人に合わせたオーダーメイドのサービスです。かつてはクリスマスが最大のイベントでした。でもいまはそれ以上に、誕生日や結婚記念日といった個人の催事がより重要になっています。ホテルのイベントにお客様を引き込むのではなく、お客様のイベントや個々の嗜好、カルチャーにホテルが合わせるのです。


和佐見勝

細かい経費見直しの積み重ねによって収益を押し上げることができる。


山口真由

勉強は、その方法が自分に合っているか否かで大きく結果が変わります。苦手な方法を無理に実践しても成果が挙がらず、疲労度も大きく、苦手意識が増幅してしまいます。