名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)のプロフィール

エディー・ジョーンズ。オーストラリア人ラグビー選手、指導者。オーストラリア・タスマニア州出身。シドニー大学卒業後、高校の体育教師になる。その後、ラグビーコーチになり、ブランビーズ、オーストラリア代表チーム、サラセンズ、サントリーサンゴリアス、日本代表チーム、イングランド代表チームなどでヘッドコーチを務めた。

エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)の名言 一覧

チームに最も大切なのは、チームとしてのアイデンティティやカルチャーをつくることだ。


日本代表でのルールはシンプルで、「時間厳守」「5分前行動」でした。強いチームをつくるときには、こういった一見些細に思われるようなことが一番大切。


人間というのは誰もが、なにか特別なこと、サムシングスペシャルに関わりたい、という願望を持っている。


一番大切なのは、なんといっても準備です。スポーツの世界では、身体面での準備は不可欠ですが、メンタル面の準備も重要です。


死ぬまで戦え!
【覚え書き|選手への激励の言葉】


最後に、今までのプライド、自分たちのプライドをかけてしっかりと仕事をしよう!


教師はすばらしい仕事です。嫌だったからではなく、変化を求めて違うことをしたいと思ってラグビーのコーチの仕事に就きました。


飛び抜けたスキルや才能を持っていることも重要ですが、それ以上に「成長したい」という意欲を持っていて、つらい練習も耐えられるかどうかを重視します。別な言い方をすれば、成功を求めることに強烈な飢餓感を持っている人。底力のある、ハングリーな人ですね。


勝利目前という場面でも、負け癖がついていると「ミスをするかも」といった考えが頭に浮かび、それが体を硬くさせ、ミスにつながってしまう。


「勝って日本のラグビーの歴史を変えよう」という目標は、個々人が能力の限界を超えた力を引き出す、大きな動機づけとなった。何か特別なことに関わることは、自分が変われるということだから。


「これから何をしようとしているのか」「どうやってやろうとしているのか」「どんな形で勝ちにいこうとしているのか」を全員に理解させる。その中で、チームメンバー個々に「どんな役割を果たすのか」まで落とし込ませることが非常に重要。それらを行うのがリーダーの役割。


勝つためには、まず自分自身をよく知らなければいけないし、相手はどういう存在かを知らなければなりません。また自分が置かれている環境についてもよく知らなければならない。これらすべての準備を整える、これはビジネスも同じだと思います。


私が成し遂げたかった最大の目標は、日本代表が代表のジャージーに誇りを取り戻し、ファンが誇りを持って応援することだった。それを成し遂げた選手たちを誇りに思う。


エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)の経歴・略歴

エディー・ジョーンズ。オーストラリア人ラグビー選手、指導者。オーストラリア・タスマニア州出身。シドニー大学卒業後、高校の体育教師になる。その後、ラグビーコーチになり、ブランビーズ、オーストラリア代表チーム、サラセンズ、サントリーサンゴリアス、日本代表チーム、イングランド代表チームなどでヘッドコーチを務めた。

他の記事も読んでみる

クリストフ・ウェバー

医薬の世界で武田ほど歴史があり、「誠実」を核にした価値観が明確な製薬会社は多くない。これは信頼を得る強いアドバンテージだ。社長就任を決意したのも、挑戦的な目標と価値観への共感からだった。


三枝匡

組織に継続性を求めるならば、人を切らない強さも必要。日本企業は人やノウハウを組織に貯めるなど、独自の強さを構築しなければならない。


小松永門

当社は最新技術にいち早く対応することができます。固定仕様のパソコンのような季節ごとの更新では技術革新に出遅れかねません。しかし当社なら、旬のパーツを機敏に採用できます。新技術を搭載したパーツなら、当然コストパフォーマンスも優れています。ハイスペックながらフェアな価格という当社に対する高い評価も、こうした独自の事業モデルから生まれたものなのです。


岩佐大輝

新しい産業を育てたければ、知恵を再現性が高いものにして、誰でもできるようにしないといけない。


荘司雅彦

最近の行動心理学の研究によって、人は合理的な思考よりも感情的、感覚的に動くということがわかっています。人を動かすには、理屈ではなく感情を動かすこと。その感情を動かす力が説得力です。


冨山和彦

強い交渉者になる一つの方法は、交渉当事者に権限や裁量権をできるだけ渡すことです。権限も持たずに交渉に当たれば、いちいち「この話はいったん持ち帰って、上に聞いてみます」と言わなくてはならない。ここで切り札を出せば交渉は成立するという局面でも、権限がなければ持ち帰るしかない。すると、今度は社内で議論が始まったりして、「ここでその切り札を出すのはまずいんじゃないか」とか言う人が出てくる。こうなると、交渉担当者は相手と交渉している時間よりも、自分の会社と交渉している時間が長くなって、どっちに向かって戦っているのか分からなくなる。結局、時間切れでまとまらないというケースが結構、多いんですよ。


藤井博行

ITはドッグイヤーと言われますが、実はこれは周期の長い製品でも同じことなのです。特殊鋼が伸びない間を支えたのはブラウン管テレビ用のシャドーマスク材という部材でした。でもそれが今やゼロ。液晶テレビ用のスパッタリングターゲット材がそれに取って代わりました。周期が長いだけで、ぐっと縮めれば浮き沈みは同じ。むしろITの場合は「1回表」にやられても「1回裏」で返せばいいとなりますが、周期の長い製品は方向転換を間違えると後戻りが困難です。


佐藤康博

目先の収益、例えば1年ぐらいの目線で見た収益力ということになると、海外がかなりいいと思います。ただ、海外がずっと好調かというと、そうではない。アジアの資金需要は既に社債にシフトしており、貸し出しはやや落ちてきています。


工藤公康

一度でも苦手意識を持ってしまうと、打たれそうな気がしてしまうということもよくありました。けれども、実際に対戦成績を調べると、自分で意識しているほどには打たれていないことも多々ありました。苦手意識を払拭するために集中して投げている成果ともいえますし、こちらが苦手だと思っているほど、相手がこちらを得意だとは思っていないこともあります。こちらの意識の裏返しが、相手の意識だとは限らないということ。「思い込み」による苦手意識は膨らませず、なるべく冷静に見方や意識の持ち方に変えることで処理することも大切です。


石浦章一

慎重な性格の人は、変化に強いタイプの人とチームを組めば、アクセル役とブレーキ役がそろうので、相互に補完して大きな成果を生むこともできます。アクセル役の発案で成功したら、今度はブレーキ役がきちんとリスク管理をして成功を維持する。ひとたび状況が変われば、成功体験にしがみつかず、アクセル役に頑張ってもらうといった関係が期待できます。


嶋浩一郎

私は博報堂ケトルという会社で毎日、斬新なキャンペーンや広告のアイデアをひねり出していますが、そんな日々で気づいたのは、「斬新なアイデアは散らかった情報の中から突然変異的に生まれる」こと。ムダ(情報)を活かすには、集めたものを「整理しない」のが重要なんです。情報は、整理・分類してファイルに綴じたり、引き出しにしまったりした瞬間に死んでしまうからです。そもそもアイデアは既知の情報の組み合わせでしかなく、それは斬新なアイデアも同じ。そして1つの情報は「多面体」の性質を持っていて、各面がほかの情報のどこかの面とくっつく可能性を秘めている。それが意外性のある組み合わせになった時、斬新なアイデアが生まれるわけです。


砂山拡三郎(砂山擴三郎)

リストラに対し事前に正しい対処法を知っておくことが重要。とくに、「人員整理の必要性」「解雇回避努力義務の履行」「被解雇者選定の合理性」「手段の妥当性」の整理解雇の4要件を満たさない場合は「辞めない」と意思表示を。会社の言いなりになって自主退職に追い込まれるのが一番損。会社都合にさせるだけで失業保険はすぐにもらえますから。