エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)の名言

エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)のプロフィール

エディー・ジョーンズ。オーストラリア人ラグビー選手、指導者。オーストラリア・タスマニア州出身。シドニー大学卒業後、高校の体育教師になる。その後、ラグビーコーチになり、ブランビーズ、オーストラリア代表チーム、サラセンズ、サントリーサンゴリアス、日本代表チーム、イングランド代表チームなどでヘッドコーチを務めた。

エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)の名言 一覧

チームに最も大切なのは、チームとしてのアイデンティティやカルチャーをつくることだ。


日本代表でのルールはシンプルで、「時間厳守」「5分前行動」でした。強いチームをつくるときには、こういった一見些細に思われるようなことが一番大切。


人間というのは誰もが、なにか特別なこと、サムシングスペシャルに関わりたい、という願望を持っている。


一番大切なのは、なんといっても準備です。スポーツの世界では、身体面での準備は不可欠ですが、メンタル面の準備も重要です。


死ぬまで戦え!
【覚え書き|選手への激励の言葉】


最後に、今までのプライド、自分たちのプライドをかけてしっかりと仕事をしよう!


教師はすばらしい仕事です。嫌だったからではなく、変化を求めて違うことをしたいと思ってラグビーのコーチの仕事に就きました。


飛び抜けたスキルや才能を持っていることも重要ですが、それ以上に「成長したい」という意欲を持っていて、つらい練習も耐えられるかどうかを重視します。別な言い方をすれば、成功を求めることに強烈な飢餓感を持っている人。底力のある、ハングリーな人ですね。


勝利目前という場面でも、負け癖がついていると「ミスをするかも」といった考えが頭に浮かび、それが体を硬くさせ、ミスにつながってしまう。


「勝って日本のラグビーの歴史を変えよう」という目標は、個々人が能力の限界を超えた力を引き出す、大きな動機づけとなった。何か特別なことに関わることは、自分が変われるということだから。


「これから何をしようとしているのか」「どうやってやろうとしているのか」「どんな形で勝ちにいこうとしているのか」を全員に理解させる。その中で、チームメンバー個々に「どんな役割を果たすのか」まで落とし込ませることが非常に重要。それらを行うのがリーダーの役割。


勝つためには、まず自分自身をよく知らなければいけないし、相手はどういう存在かを知らなければなりません。また自分が置かれている環境についてもよく知らなければならない。これらすべての準備を整える、これはビジネスも同じだと思います。


私が成し遂げたかった最大の目標は、日本代表が代表のジャージーに誇りを取り戻し、ファンが誇りを持って応援することだった。それを成し遂げた選手たちを誇りに思う。


エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)の経歴・略歴

エディー・ジョーンズ。オーストラリア人ラグビー選手、指導者。オーストラリア・タスマニア州出身。シドニー大学卒業後、高校の体育教師になる。その後、ラグビーコーチになり、ブランビーズ、オーストラリア代表チーム、サラセンズ、サントリーサンゴリアス、日本代表チーム、イングランド代表チームなどでヘッドコーチを務めた。

他の記事も読んでみる

井出進一

「金持ちじいさん」は、現役引退後の人生設計も資産形成も、時間を味方につけて手に入れてきた人ばかりです。


山村輝治

経営では、お客様のお困り事を解決するだけでは足りず、お客様のその先を想像することが重要。


小林節太郎

本業がおろそかになる。やはり本業が大事だ。苦労しても品質をよくすることが必要だ。
【覚書き:映画会社にフィルムが売れず、富士フィルム自ら映画製作に乗り出すべしという意見にたった一人反対した時の言葉。】


下義生

1年間、トヨタに身を置いて感じたのは、トヨタは危機感の塊であるということだ。


安部修仁

吉野屋を支えてくださっているお客様はヘビーユーザー、常連客。いつもと違う味の牛丼を出せば、これは吉野家の味ではないと失望される。一口食べて、吉野家の味だとわかってくださるお客様がいることが我々の誇り。ここにダメージを与えることは、後々、ブランドへの信頼を損なってしまう。


ドナルド・N・サル

不況のときは長期的な視点に立った戦略をとりやすくなります。たとえば、企業が事業の選択と集中を進めれば、短期的には売上や利益が減少します。長期的には業績を向上させるものであっても、平時には投資家に歓迎されないでしょう。不況下であれば、投資家からも納得してもらえます。


吉野真由美

人間は「あなたはこういう人ですよ」とラベルを貼ると、その貼られたラベル通りの行動をせざるを得なくなります。忙しい上司に「相談に乗ってください」と言っても「忙しいからまたにしてくれ」と言われてしまいます。ところが「○○部長は本当に部下を大切にする人だってみんな言っています」と言うと、違うとも言えず「うん、そうか。わかってるじゃないか」と気分が良くなってしまうものです。忠実な部下を演じつつ突っ込むと、これまでの話の流れで、時間をとらざるを得なくなるのです。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

将来を予測しない人に破産の危機が訪れるのは当たり前。たしかに未来は誰にもわかりません。でも、あらかじめ予測を立てていた人は、その前提が狂っても、修正することができる。


岡野雅行(岡野工業)

若いうちはもっと遊ぶべき。学校で教えてくれないことがいろいろわかるからね。大きな声じゃ言えないけど、俺も人生で大切なことは遊郭で教わった。遊びは時間やお金のムダだと言う人もいるけど、そんなことはない。人とのつきあい方とか、いまも仕事で役立ってるよ。


宮内義彦

他社が成功しているからとりあえず当社もやってみよう、という考えでは成功する確率は低くなります。市場経済において「顧客から最も評価されるもの」しか生き残れないわけですから、他社に追従してそれを上回る価値を生み出すことは容易なことではありません。新規事業といえども、自らの持つノウハウや営業ネットワークなどの強みを活かせる分野のほうが、知識や経験を生かせるだけ間違いは小さいはずです。


小笹芳央

自分がやりたくない仕事や、不本意な人事異動の場合、「仕事の意味を抽象化できるか」がカギを握ります。「自分の仕事はどんな仕事か」「どういう筋力を発揮する仕事か」などと抽象化して再解釈すれば、急な異動にでも対応できるはずです。抽象化さえできれば、どんな業務でも高いモチベーションが維持できます。


片野坂真哉

ANAの強みはコンビネーションキャリアであるということです。フレーター(貨物専用機)と旅客機のお腹(ペリー)を使って貨物を運べる日本の会社は我々だけです。フレーターに載りきらなくても、定期路線で運ぶことができるのです。


加藤進(住友商事)

入社して十年やそこらは、人をかき分けてとか、人の上に立ってとか、考える必要はない。必要な知識を身につけ、アンテナを磨き、好奇心を深めてくれればいい。土台がないと人は伸びない。


馬英華

通信業界で起こったように、エレベーター業界でも、いずれメーカー系列が強い時代は終わる。隙間産業のときだからこそ会社を作ってノウハウを積んでおけば、いずれ競争になったときに優位に立てると考え東京エレベーターを設立しました。


大塚俊彦

大切にしたいのが、「分かりやすい会社」であることです。昔なら「EMCと言えばストレージ(外部記憶装置)」と答える人が多かったと思いますが、今はそれだけではありません。「よく分からないけど、ハードもサービスもある会社」といった印象になってしまわないよう、EMCのサービスで顧客はどんなメリットがあるのか、どんなビジネス課題を解決できるのか。ITがどんどん複雑になるからこそ、営業などのシーンでこの点を分かりやすく顧客に訴求していきたい。


ページの先頭へ