名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

エッカード・ファイファーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エッカード・ファイファーのプロフィール

エッカード・ファイファー。コンパック・コンピュータ社長兼CEO。コンパックの経営危機に際し、会長のベンジャミン・ローゼンから社長を任される。生産・販売工程を再構成し、全部門が設計時から製品に係わる開発方式を編み出し、50%の大幅コスト削減に成功した。個人向けパソコン業界初の3年間保証を導入した。

エッカード・ファイファーの名言 一覧

最初から目標を高く設定する。そうなるとまったく新しい方法を編み出すことができる。


エッカード・ファイファーの経歴・略歴

エッカード・ファイファー。コンパック・コンピュータ社長兼CEO。コンパックの経営危機に際し、会長のベンジャミン・ローゼンから社長を任される。生産・販売工程を再構成し、全部門が設計時から製品に係わる開発方式を編み出し、50%の大幅コスト削減に成功した。個人向けパソコン業界初の3年間保証を導入した。

他の記事も読んでみる

水谷克己

シンガポールに来た当初は金融関係のコンサルティングで食べていこうと考えていました。ただ、金融の時代はもう終わる。人のお金を右から左に流して、レバレッジによって一部の勝者と多数の敗者が生まれていく。そういう世界で生きていくのではなく、後悔しないお金の儲け方をしたい。そう考えたとき、自分の中に残ったのがレストラン経営でした。


川鍋一朗

ウーバーも日本のタクシー業界も同じ山を登っているわけですが、登り方が違う。ウーバーが労務管理を覚えるのが速いのか、タクシーがITを身に付けるのが速いか。ただ、目指すべき山は一緒だということです。


竹内謙礼

副業とはいえ、本業と同じくらい本気でやらないと絶対に成功しない。そもそも副業という名前が間違っている。副業だと思うから、途中でやめちゃうんです。


ウィリアム・オッカム

必要もないのに存在の数を増やしてはいけない。


林野宏

諦めてしまうのは「ロジカルシンキング」で物事を考えているからでしょう。逆境の時は、理論を立てて、数字に当てはめていけば、対応不能という結論しか出ません。順風満帆のときはロジカルシンキングでもいいのです。ところが法律で前提条件が崩されたり、新しい競争相手が出てきたり、企業の生死が問われるような状況では、行き詰ってしまいます。


志村けん

20代のころは「早く歳を取りたいな」という思いはありました。いい歳した大人がバカをやるからカッコいい、いい笑いになるんでね。50歳はまだまだで60歳を過ぎたいま頃からがそろそろかなと。と言いつつ、実際にそうなると、実感がわかないんですよ。酒量もあまり減らないし(笑)。やってることも、若いころと何一つ変わってないですからね。


鳥居勝幸

理想を言えば、営業戦略は3年くらいの長期計画を立て、それを1年ごとの目標、1か月ごとの目標へと細分化し、達成に向けた日々の具体的な行動に落とし込んでいくことが望まれます。


東田大志

パズルで鍛えられる論理的思考は次の3つ。物事を順序立てて考える「演繹法」、繰り返される事実から法則を見つけ出す「帰納法」、仮説を立てて答えを導き出す「アブダクション(仮説的推論)」。ロジカルシンキングでも度々登場するこれらは、ビジネスマンが仕事をするうえで必須の能力です。アブダクションは経験則に基づかなくても、結果を仮定することで法則を導き出す思考法です。革新的な商品やサービスは、アブダクション的な発想によるところが大きいでしょう。


茂木友三郎

石油危機では相当なショックを受けました。しかし、アメリカでの事業は経済状況が正常に戻れば必ず軌道に乗るという確信があったので、それほど落ち込むことはありませんでした。確信がなければ工場建設なんてしませんから。事実、比較的早期に赤字を脱出することができました。
【覚書き|キッコーマン初の海外工場を稼働させた3か月後に石油危機が発生した当時を振り返っての発言】


古森重隆

100メートルを11秒台で走れる潜在能力があるにもかかわらず、いつも力を余して13秒台でしか走っていない人は、ここは11秒台で走らないと勝てないという大勝負に、足がすくんでしまう。そういう人は使いものにならないのだ。


大島武(学者)

ある大学で授業に関する不満についてアンケートをとった結果、断トツで多かったのが、「教授の話し方が速すぎる」でした。1割の学生が教授の話すスピードに不満を持っていたのです。逆に、「教授の話し方がゆっくりすぎてイライラする」という回答は、ほぼなし。つまり、自分で「今日は気持ちよく話せたな~」と感じたら、聞いている側は「速すぎて記憶に残らない」となっている可能性大。自分よがりの話すスピードは要注意。


吉村久夫

インターネットの登場で情報が氾濫し、人々が溺死しかねないネット社会が訪れたいま、メディアが果たすべき役割はむしろ増大しているといっていい。メディアはジャーナリズム本来の志を取り戻し、人々がより正しい情報判断ができるような選択肢を示すべきです。