名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

エズラ・ヴォーゲルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エズラ・ヴォーゲルのプロフィール

エズラ・ヴォーゲル。アメリカの社会学者。専門は東アジア史。ハーバード大学教授。オハイオ州出身。オハイオ・ウェスリアン大学卒業、ハーバード大学社会関係学科で博士号を取得。イェール大学精神医学部助教授、ハーバード大学講師などを経てハーバード大学教授に就任。そのほか、東アジア研究評議会議長、CIA国家情報会議国家情報官東アジア担当などを務めた。著書に『ジャパン・アズ・ナンバーワン』。

エズラ・ヴォーゲルの名言 一覧

鄧小平、チャーチル、ド・ゴール、リンカーンといった大政治家も失脚した経験を持っています。彼らは失脚期間に将来の方向性についてじっくりと考え、頭の中を整理することができました。


日本は、あらゆる国といい関係を築ける可能性を持っている数少ない国です。ぜひその強みを生かしてほしい。


マイホームが快適なのはいいことです。でも、部屋の中でぬくぬく過ごすだけで、全世界での競争が激化する時代を生きていけるのでしょうか。日本人は、もっと外国に出るべきです。ファイトを持つべきです。


中国は日本と異なる背景を持って発達してきました。中国の「いま」を語るときは、まずこれらの違いを頭に入れておくことが大切。


エズラ・ヴォーゲルの経歴・略歴

エズラ・ヴォーゲル。アメリカの社会学者。専門は東アジア史。ハーバード大学教授。オハイオ州出身。オハイオ・ウェスリアン大学卒業、ハーバード大学社会関係学科で博士号を取得。イェール大学精神医学部助教授、ハーバード大学講師などを経てハーバード大学教授に就任。そのほか、東アジア研究評議会議長、CIA国家情報会議国家情報官東アジア担当などを務めた。著書に『ジャパン・アズ・ナンバーワン』。

他の記事も読んでみる

フランソワ・ノーカット

サービスの目的は同じでも、手段は国や文化によって異なります。西洋と東洋、あるいは同じアジアでも中国、日本、韓国ではそれぞれ求められる気遣いのあり方は違います。そこに我々は気を付けなくてはなりません。


李登輝

政治家とは民衆という水の上に浮かぶ船のようなもの。


磯崎功典

私たちの商品、サービス、そして長年蓄積してきたR&D(研究開発)の力、技術力をフルに活用して、社会が抱えている課題を解決すると同時に企業もそこで成長していく。


荒井裕樹

ひとつの仕事を進めながら、あるいは休憩を取りながら、頭の隅では常に次に手を付ける仕事のことを考えます。まとまった仕事に取り掛かるときは、その2時間くらい前から仕事の手順やイメージを頭の中で思い描いています。日曜夜も、自宅で土日の間にたまったメールを頭の中で思い描いています。日曜夜も、自宅で土日の間にたまったメールの返事を書きながら、漠然と明日からの仕事を考えていたりします。その準備期間がないと、スッと切り替わらないんです。


高島宏平(髙島宏平)

特定の選択肢が誰の目にも明らかに優れている場合、決断はさほど難しくありません。しかし、そんなことはほとんどありません。選択肢には一長一短があり、迷いに迷いながら、99%以上の可能性を切り捨てることが求められます。


プレム・ラワット

私は、自分ができることをやっているだけです。言い訳はしたくないし、どうせ無理だと努力することを投げ出したくもない。できることを、まずやる。そんな仲間が増えれば力はもっと強く、声はもっと大きくなりますよね。私は過去に4度、「平和の大使」に任命されましたが、その式典の場でこう言いました。「私だけじゃない、あなたも、あなたも、あなたも、ここにいる全員が平和の大使なんです」と。


カンニング竹山

ずっと仕事がなかったから、必死でした。テレビのオーディションに通り始めたとき、嬉しかったなぁ。仕事がくるって、楽しいですよ。


津賀一宏

どんな目標も信じないと始まらない。


田中和彦

私はコピーライターを志望して入った会社で、人事や広報の仕事に忙殺される20代を送りました。ふてくされた時期もありましたが、会社説明用のビデオ制作を「やります!」と手をあげたのが変化のきっかけだったように思います。少しでも制作職に近い仕事をと思ってのことでしたが、そこから能動的に動けるようになり道が開けました。50歳を過ぎたいまも、チャンスがあればどんどん手をあげたいと思っています。


山極寿一(山極壽一)

イノベーションは、諦めないところに生まれる。新しい発想をするためには、世の中の動きを頭に入れながら、一見アホなことでも大きな夢を持って取り組むことが大事です。私自身、いつもアホなことを考えていますよ(笑)。


北橋健治

北九州市はもともと人口が100万人いたため、人口減少の数が3年連続で日本最大となっています。現在の人口は95万人台で、高齢化率は29%に上っており、政令市でその速度が最も速い。その意味ではピンチという見方もありますが、自分としてはむしろ「課題先進地」と捉え、ひとつひとつ壁を乗り越える機会だと思っています。


吉田尚記

コミュニケーションは「ゲーム」だと考えればいい。このゲームのルールは、「敵味方に分かれた対戦型ゲームではなく、参加者全員による協力プレーである」「敵は気まずさである」ということ。目の前にいる人は対戦相手ではなく、一緒にプレーするチームメイトだと考えてください。「相手を言い負かそう」とか「面白いことを言って笑わせてやろう」と考える必要はありません。相手と協力して気まずさという敵を回避し、互いに気持ちよくなればこのゲームは勝ちです。