エズラ・ヴォーゲルの名言

エズラ・ヴォーゲルのプロフィール

エズラ・ヴォーゲル。アメリカの社会学者。専門は東アジア史。ハーバード大学教授。オハイオ州出身。オハイオ・ウェスリアン大学卒業、ハーバード大学社会関係学科で博士号を取得。イェール大学精神医学部助教授、ハーバード大学講師などを経てハーバード大学教授に就任。そのほか、東アジア研究評議会議長、CIA国家情報会議国家情報官東アジア担当などを務めた。著書に『ジャパン・アズ・ナンバーワン』。

エズラ・ヴォーゲルの名言 一覧

鄧小平、チャーチル、ド・ゴール、リンカーンといった大政治家も失脚した経験を持っています。彼らは失脚期間に将来の方向性についてじっくりと考え、頭の中を整理することができました。


日本は、あらゆる国といい関係を築ける可能性を持っている数少ない国です。ぜひその強みを生かしてほしい。


マイホームが快適なのはいいことです。でも、部屋の中でぬくぬく過ごすだけで、全世界での競争が激化する時代を生きていけるのでしょうか。日本人は、もっと外国に出るべきです。ファイトを持つべきです。


中国は日本と異なる背景を持って発達してきました。中国の「いま」を語るときは、まずこれらの違いを頭に入れておくことが大切。


エズラ・ヴォーゲルの経歴・略歴

エズラ・ヴォーゲル。アメリカの社会学者。専門は東アジア史。ハーバード大学教授。オハイオ州出身。オハイオ・ウェスリアン大学卒業、ハーバード大学社会関係学科で博士号を取得。イェール大学精神医学部助教授、ハーバード大学講師などを経てハーバード大学教授に就任。そのほか、東アジア研究評議会議長、CIA国家情報会議国家情報官東アジア担当などを務めた。著書に『ジャパン・アズ・ナンバーワン』。

他の記事も読んでみる

高橋がなり

僕の挫折人生で学んだことだけど、ものごとが思うように進まないときは焦りが一番よくない。我慢だよ。我慢をしなきゃいけないんだ。でも我慢をしていると思うとまた辛くなって焦り始めちゃうんで、いったん死んだふりをして現状から逃避しちゃうといいんだ。そしてしばらくすれば、エライ大変なことだと思っていたことが、結構たいしたことではないことに気づく。そうしたらしめたもので、毎日楽しいことを妄想するんだよ。妄想できるようになれば、そのうち運が回ってくるよ。


藤森義明

謙虚であることはリーダーの大切な条件です。


大橋洋治

たいていのことには耐えられると思っていましたね。あれよりも辛いことなんてない、と。
【覚え書き|第二次世界大戦中、満州から命からがら引き揚げた経験について】


佐藤一斎

少年のときはまさに老成の工夫を著すべし、老成のときはまさに少年の志気を存すべし。


ショーンK

たとえばスケジュール管理や書類提出、簡単な報告といった雑用は、もし秘書がいればやってくれますよね。ならばこれらはマニュアルワークなので、テクノロジーを駆使してなるべく楽にこなすべきです。


出雲充

ミドリムシも100種類ぐらいありますから、健康に良いミドリムシはビタミンやミネラルなどの栄養分が豊富ですし、燃料にするほうについては油を抽出・精製しやすいミドリムシを育てることになります。ですから品種も違うし、培養方法も違う技術なんです。それらとは外れる領域に手を伸ばし過ぎないようにするということが重要だと考えています。


伊集院静

もし、いまの自分を改革したいと思う人間がいたら、何をしたらいいか。毎朝、いまより3時間早く起きることを1年間続けてみろ。必ず変わる。どこがどう変わるか? そんなものいちいち、君たちに教える必要はない。しかし、1年後には、何かきちんとしたものが手に入っているはずだ。


岸見一郎

自分を認めることができ、自分の人生を生きていれば、ストレスは疲れの原因ではなく、自分を高めるために必要な試練だと捉えることができるようになります。


大山健太郎

経営者にとって一番難しいのは、取捨選択でしょう。変化の波を読み、限られた資源をどこに投入するか。何が必要で、どこが無駄かという判断は、その後の会社の生死を分けると言っても過言ではありません。


星野佳路

散歩をしていると、デスクに座っているときには思いつかないような、いいアイデアがひらめくことがあります。これは、散歩することで脳が活性化されるからだと聞いたことがあります。また、私は毎日違うルートを歩きますから、視覚的な刺激があるのも発想にはいいのかもしれません。パソコンを入れたリュックを背負って歩くので、途中でいいアイデアを思いついたときは、通り道のワインバーに寄り、忘れないうちにパソコンに打ち込むこともあります。アイデアや発想を生むには、散歩が向いていると思います。


朝倉千恵子

人間ですから勘違いもする、迷いもある。違うんじゃないかと気づいたら、潔く撤退するのも経営者の大事な責任でしょうね。


関本文博

やる気が出ないときは、まず楽しいと思うことや、達成感を得られることから手をつけてみてください。心の赴くまま充分に活動すると、ほかのことへのやる気も高まります。


長谷川和廣

今日でこそ、外資系企業を渡り歩く生き方は珍しくなくなりました。しかし終身雇用が当たり前の当時は、私のような生き方モデルは皆無でした。まさに手本がない状態でした。そんな私が着実にステップアップしていくことができたと思うのは、常に自分の1年後の姿をイメージしながら仕事をしてきたからです。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

将来を予測しない人に破産の危機が訪れるのは当たり前。たしかに未来は誰にもわかりません。でも、あらかじめ予測を立てていた人は、その前提が狂っても、修正することができる。


山本憲明

大切なのは交通費や経費の精算、業務報告書などをルーティンワークを「溜めずに処理する」こと。そんな単純なこと……と思うかもしれませんが、意外とこれができておらず「週末にまとめてやろう」などと溜めてしまっている人が多いように思います。しかし、溜めると領収書をなくしたり、いつの経費かわからなくなったり、忘れてしまったりするものです。すると結果的に、溜めずに処理する場合よりも作業に時間がかかり、無駄が発生するのです。これらはこれらは発生したその日にすぐ入力するよう、習慣づけましょう。デスクトップから該当ページを一発で立ち上げられるようショートカットを作っておいたり、「退勤前の5分間」など経費精算の時間を設けておくと、習慣化できると思います。


ページの先頭へ