エスティ・ローダーの名言

エスティ・ローダーのプロフィール

エスティ・ローダー(ジョーゼフィーン・エスター・メンツァー)。米国の女性経営者。高級化粧品ブランド「エスティ・ローダー」創業者。ニューヨーク出身。皮膚科学の専門家であった伯父の開発したクリームを商材に「エスティ・ローダー」を創業。晩年まで店頭に立ち続けた。「タイム誌が選ぶ20世紀の100人」に選出された。

エスティ・ローダーの名言 一覧

最も幸せな瞬間は、店頭でのデモンストレーションや顧客とふれあうこと。
【覚え書き|晩年に語った言葉】


エスティ・ローダーの経歴・略歴

エスティ・ローダー(ジョーゼフィーン・エスター・メンツァー)。米国の女性経営者。高級化粧品ブランド「エスティ・ローダー」創業者。ニューヨーク出身。皮膚科学の専門家であった伯父の開発したクリームを商材に「エスティ・ローダー」を創業。晩年まで店頭に立ち続けた。「タイム誌が選ぶ20世紀の100人」に選出された。

他の記事も読んでみる

佐藤卓(グラフィックデザイナー)

企業のみなさんも、言いたいことをほとんどすべて、10のうちの「9」までをデザイナーに聞いてもらえたら、最後にこちらがふと提案する「1」の話を聞いてもくださるんですね。


吉永泰之

何事も期限を切って、責任者を明確にし、期限が来たら決断するのが私の方針です。


佐藤文男(人材コンサルタント)

会社に不満があるという理由で、安易に転職や起業を考えるのは危険。不満を払拭するには、今の会社でできることをやり尽くすことが鉄則。


新将命

それまでより一回り大きな仕事で成果を出そうとすると、1人で頑張ってもどうにもなりません。上司や部下の協力を仰いだり、社内外のパートナーと連携したりするなど、「周囲の力」を借りながら仕事を進めていく必要があります。その時に、「この人と仕事がしたい」「この人のためなら」と思ってもらえるかどうかが、成果を大きく左右します。


中村信仁

営業活動で大切なことは、お客様についての記憶を呼び起こすことです。お客様は、自分のことを知っていてくれる人を信頼するからです。「お母様の具合が悪いということでしたが、今はいかがですか」「勧めてくださった本を読みました。本当に勉強になりました」といった言葉をかけることで、お客様は驚き、「自分のことをそこまで覚えていてくれたのか」と感激するのです。


猪子寿之

いろいろな専門家が集まって、共に考えて、それぞれの専門性を出し合い、共に作る。そのプロセスで様々な発見があり、1人では生み出せないような発想が生まれる。


宗次徳二

人生をマイナスから出発したと考えれば、あとは右肩上がりのプラスで行くしかない。


桑原豊(経営者)

誠実さは仕事で発揮することが大事です。人間関係を築くために飲みニケーションを積極的にやる人もいますが、飲みの席は、あくまでもプラスアルファのもの。人間性は普段の仕事の中で垣間見えるものですから、まずは仕事をしっかりやらないとダメ。そこができていなくて、飲みのときだけいい顔をしても、周りには見透かされるでしょう。


阿部雅行

私が考える「健康」とは体、脳、心の健康。実現するためには食事と睡眠、運動の3つの要素をバランス良く掛け合わせることが重要です。また、十分な動機と知識があっても行動できなければ、健康の維持・改善には繋がりません。


大前研一

参謀が戦略やアイデアを授けても、それを速やかに実行に移せる大将というのは、実はそうはいない。


古川裕倫

人は直ぐに育つものではない。時間をかけて教育をして、初めて重要なポジションへの登用が可能になる。だから、早くから着手する会社が勝ち残る。


大野裕

気持ちが動揺したときには、考え方が極端になりすぎていないか確認してみましょう。そうすれば、自分をより客観視できるようになります。


池田貴将

目標設定で大事なのは、「手が届きそう」「実現可能性がある」こと。実現のイメージが湧かない高すぎる目標もまた、人を無気力にしてしまうのです。モチベーションを上げるには、「難しそうだけどできること」を掲げることです。具体的な数値を出せば、「手が届きそう」かが判断できるのです。


レオナルド・ダ・ヴィンチ

●使わない鉄が錆びるように、たまった水が腐ったり凍ったりするように、我々の知性も使い続けなければ無駄になる。
●距離を置いて作品を見るのも良い方法だ。なぜなら、そうすると作品が小さく見える。そうなるとより多くのことが一目で把握できる。調和や均衡が欠けていないか、色合いはどうかといったことが良くわかるのだ。 ●真実においては、大いなる愛は愛する対象についての大いなる知識を生む。
●鳥が羽を使って天を舞うように、人も羽を使って天に近づく。すなわち、羽ペンで文字を書くことで。


今敏

いま、劇場大作って10億オーバーの規模ですよね。そういうのと比べると、とても対策なんて言えるようなものじゃない。予算をどう効率的に使って、限られた作画枚数の中でどう効率的に見せるかということを、常に考え続けなければならないんです。


ページの先頭へ