エウリピデスの名言

エウリピデスのプロフィール

エウリピデス。古代アテナイの三大悲劇詩人のひとり。『メデイア』『アンドロマケ』『ヘラクレスの子供たち』『ヒッポリュトス』『トロイアの女』『フェニキアの女たち』などの名作を書き残した。現代作家にも大きな影響を残した人物

エウリピデスの名言 一覧

1 / 11

逆境にあったとしても、道理に耳を傾けることは賢明なことだ。


自制心は、神々の最高で高貴な贈り物である。


良い習慣は、法律よりも確かなものだ。


とるに足りないことも、新しいものであれば烏合の衆を喜ばせる。


危険は、勇者の目には太陽のごとく光り輝く。



女たるものは、つねに男たちの運の行く手に立ちふさがり、かつ不幸なほうへと導く。


幸せに恵まれていると思われている人も、死ぬのを見届けないうちは羨むべからず。運はその日限りなのだから。


私に若い時代が2回、年老いた時代が2回あったならば、私の過ちを改められるだろう。


エウリピデスの経歴・略歴

エウリピデス。古代アテナイの三大悲劇詩人のひとり。『メデイア』『アンドロマケ』『ヘラクレスの子供たち』『ヒッポリュトス』『トロイアの女』『フェニキアの女たち』などの名作を書き残した。現代作家にも大きな影響を残した人物

おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

1 / 11

ページの先頭へ