名言DB

9425 人 / 110833 名言

ウルリッヒ・シュピースホーファーの名言

twitter Facebook はてブ

ウルリッヒ・シュピースホーファーのプロフィール

ウルリッヒ・シュピースホーファー。ドイツ人経営者。スイスの電力機器・重工業メーカー「ABB」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・シュツットガルト大学で経済学博士号を取得。A.T.カーニー、ローランド・ベルガーなどを経てABBに入社。同社CEOを務めた。

ウルリッヒ・シュピースホーファーの名言 一覧

広くて浅い経営は大変危険。


人材が権限を与えられ、一定の計算の中でリスクを取ることが許されると、徐々に強いリーダーが成長していく。


企業が成長するにはまず、お客様のニーズに常に目を向けなければいけません。そのうえでどのような能力、技術が必要なのか見極めます。


私が求める組織のリーダーとは、適切な知識を持ち、必要に応じて適切な相手に相談することができ、適切な決定を下すことができる人物です。


ABBの核となる強みは何なのか、突き詰めて考えました。その結果、ABBにない強みを持つ企業とパートナーシップを組むことの重要性を理解しました。


当社はアウトソーシングを増やしていくことで、より弾力性のある、そして敏捷性に富んだ組織に進化してきました。


人材を育成するには早い段階で、責任を持たせるのが重要です。その過程で、あまりに多くの判断ミスを犯すのは許されませんが、間違いを犯せる自由を与える、それを成長の糧にすることは大切です。


経営環境の変化に対応するにはスピードが不可欠です。ヒエラルキーや複雑性を抱えていては、遅れてしまいます。組織をフラットにすると同時に、実際にラインにいる幹部に権限を委譲し、現場で決定できるようにしました。


私はABBという巨大な組織から複雑性を取り除く努力を続けてきました。CEOに就任した際、経営陣は14人もいました。今では半減させました。マネジメント階層も、14ありましたが、見直して8に削減しました。私が目指しているのはより迅速に、より敏捷に動くことができる組織です。


ABBの核となる領域はプラットフォームの部分です。そこはABBが徹底して、それ以外のところはうまくパートナーと助け合います。あらゆるお客様のためにあらゆる業務を自社でやるのではなく、自分たちの中核的な強みを磨きます。


誇り自体は良いことですが、それゆえに様々なトラブルに見舞われた過去があります。例えば、パワーシステム事業がそうでした。誇りが高すぎて、自分たちで何でもできると過信していました。北海で手掛けた洋上風力発電がうまくいかなかったのはそれが原因です。施工管理で失敗し、多額の損失を出して、そこで初めて私たちはやり方を変えなければいけないと悟り、ビジネスモデルの改革に踏み出しました。


破壊的な競合に関しては、自分たちも破壊的であろうと常に意識しています。異業種からの参入も想定しながら、お客様の要求や市場の先行きに対処するには何が必要か、事業領域を考えた時にABBの中に既に強みがあるものについては、自社で手掛けますし、他社でその事業領域をやっているところが全くなければ、ABBが投資して一からつくることもあるでしょう。しかし適切な能力を保有する企業が既にあった場合、チームを組むのも選択肢として視野に入れています。


現在、3つの柱からなる「ネクストレベル戦略」を推進しています。1つ目が自力での成長、2つ目がM&A(合併・買収)、3つ目がパートナーシップです。パートナーシップはABBでは比較的新しいコンセプトですが、世界がこれだけ急速に変わる中、お客様に付加価値を提供できるよう新たに異なる能力を手に入れるのは大変重要です。


現在の市場で求められるのは、デジタルと従来型の産業を組み合わせた価値提案です。例えば、クラウドサービスが必要となった際、我々がクラウドをすべて一から構築しようとしても、他社に遅れてしまうかもしれません。既に大きな処理能力を持っている企業と組むことで、成功率が上がります。


パートナーシップを組む際には、自分だけのエゴで動くのではなく、オープンな思考を持つトップの存在が必要。強いトップがお互いに目標を合致させながら、目標に対してコミットしていくという姿勢が必要です。


ウルリッヒ・シュピースホーファーの経歴・略歴

ウルリッヒ・シュピースホーファー。ドイツ人経営者。スイスの電力機器・重工業メーカー「ABB」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・シュツットガルト大学で経済学博士号を取得。A.T.カーニー、ローランド・ベルガーなどを経てABBに入社。同社CEOを務めた。

他の記事も読んでみる

白井一幸

プロ野球の指導者の中には、自分の成功談を語り、選手にも同じようにやれと指導する人がいます。それは、名選手が指導者になるケースが多いためでもあるのですが、これも正しい指導法とはいえません。なぜなら、選手は、やり方は理解しているけれど、それができないがゆえに悩んでいるからです。成功談というのは、自分主体の発想であり、選手の立場に立っていません。それを聞いた選手は、「自分はあなたとは違う」「自分にはできない」と思うだけです。ただ、成功談そのものが悪いわけではなく、それを活かすには失敗談も一緒に伝えることが大切なのです。


西川世一

世に数多くの総合ブランディング支援企業は存在するが、お菓子という極めて身近で、さらに評価の厳しい商材から始めた企業はない。お菓子は顧客の企業メッセージを極めて具体的に表現できる商材だ。顧客が抱える課題、伝えたいメッセージを引き出し、無形のイメージを具現化していく作業がひたすら続く。まさにコンサルティング業に近い。それだけにひとつひとつ手間はかかるが、同時に様々なメッセージを具現化していく力が磨かれてきた。


佐々木常夫

40歳で課長になったのとほぼ同時に、妻が病気で入退院を繰り返すようになり、二人の子供の面倒や家事は私が一手に引き受けることになりました。朝は5時半に起きて朝食と子供のお弁当を作り、他の人より1時間早く出社して仕事をこなし、夕方6時には退社して、夕食作りや家事をこなす毎日が続いたのです。もちろん最初のうちは、周囲からあれこれ言われました。長時間残業が当たり前の時代でしたから、課長の立場にいる人間が定時で帰るなんてとんでもないというわけです。しかし、私が他の誰よりも高い成果を出すことがわかると、文句を言う人はいなくなりました。そして私自身も、家事や子育てを言い訳にするつもりは毛頭ありませんでした。あったのは、課長としての責務を全うしようとする覚悟のみです。


山田ズーニー

企画書を書き終えたら、ぜひ提出する前に、もう一度確認してください。果たしてこの企画書は、自分しか書けないものなのか、それとも誰でも書けるものなのか。いまの自分だから書けたのだと胸を張っていえたら、あなたの想いは、きっと読み手にも通じているのではないでしょうか。


小池百合子

まずは発想を変えましょう。長く職場にいればいいんだという感覚を早く変えたい。ライフスタイルが変わることによって、仕事も効率も、そして人生も社会も変わってくる。


徳岡邦夫

私はここで満足して歩みを止めるつもりは毛頭ありません。料理でも経営でも、現状に満足して手を休めれば、現状維持どころか退化してしまうからです。


大八木成男

構造改革に終わりはない。夢の創造も同じ。企業の一生は構造改革と夢の創造だと言える。


神田昌典

半年後のあなたは、いまこの瞬間に決まっている。半年後の計画がどれだけ具体的に決まっているかで、その人物の成長度がかわる。具体的な目標を掲げることができれば、半年前とは見違えるほど成長している。石の上にも三年。これは石器時代の話である。3ヶ月間、懸命にやってダメな場合は、3年ダラダラやっても同じことだ。


大山敬義

最後くらいは楽しむために自分の人生を生きたらいい。地元の祭りなどで世話役をするとか、社会のため、家族・奥さんのため、ということでもいいでしょう。


清宮克幸

学生たちには、「早稲田のラグビー部に入ってよかった」という思いをさせてあげたい。それには、ドラマチックな経験が必要だ。最高に盛り上がる戦いを演出するのが自分の役目だと考えた。