名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウルリッヒ・シュピースホーファーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウルリッヒ・シュピースホーファーのプロフィール

ウルリッヒ・シュピースホーファー。ドイツ人経営者。スイスの電力機器・重工業メーカー「ABB」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・シュツットガルト大学で経済学博士号を取得。A.T.カーニー、ローランド・ベルガーなどを経てABBに入社。同社CEOを務めた。

ウルリッヒ・シュピースホーファーの名言 一覧

広くて浅い経営は大変危険。


人材が権限を与えられ、一定の計算の中でリスクを取ることが許されると、徐々に強いリーダーが成長していく。


企業が成長するにはまず、お客様のニーズに常に目を向けなければいけません。そのうえでどのような能力、技術が必要なのか見極めます。


私が求める組織のリーダーとは、適切な知識を持ち、必要に応じて適切な相手に相談することができ、適切な決定を下すことができる人物です。


ABBの核となる強みは何なのか、突き詰めて考えました。その結果、ABBにない強みを持つ企業とパートナーシップを組むことの重要性を理解しました。


当社はアウトソーシングを増やしていくことで、より弾力性のある、そして敏捷性に富んだ組織に進化してきました。


人材を育成するには早い段階で、責任を持たせるのが重要です。その過程で、あまりに多くの判断ミスを犯すのは許されませんが、間違いを犯せる自由を与える、それを成長の糧にすることは大切です。


経営環境の変化に対応するにはスピードが不可欠です。ヒエラルキーや複雑性を抱えていては、遅れてしまいます。組織をフラットにすると同時に、実際にラインにいる幹部に権限を委譲し、現場で決定できるようにしました。


私はABBという巨大な組織から複雑性を取り除く努力を続けてきました。CEOに就任した際、経営陣は14人もいました。今では半減させました。マネジメント階層も、14ありましたが、見直して8に削減しました。私が目指しているのはより迅速に、より敏捷に動くことができる組織です。


ABBの核となる領域はプラットフォームの部分です。そこはABBが徹底して、それ以外のところはうまくパートナーと助け合います。あらゆるお客様のためにあらゆる業務を自社でやるのではなく、自分たちの中核的な強みを磨きます。


誇り自体は良いことですが、それゆえに様々なトラブルに見舞われた過去があります。例えば、パワーシステム事業がそうでした。誇りが高すぎて、自分たちで何でもできると過信していました。北海で手掛けた洋上風力発電がうまくいかなかったのはそれが原因です。施工管理で失敗し、多額の損失を出して、そこで初めて私たちはやり方を変えなければいけないと悟り、ビジネスモデルの改革に踏み出しました。


破壊的な競合に関しては、自分たちも破壊的であろうと常に意識しています。異業種からの参入も想定しながら、お客様の要求や市場の先行きに対処するには何が必要か、事業領域を考えた時にABBの中に既に強みがあるものについては、自社で手掛けますし、他社でその事業領域をやっているところが全くなければ、ABBが投資して一からつくることもあるでしょう。しかし適切な能力を保有する企業が既にあった場合、チームを組むのも選択肢として視野に入れています。


現在、3つの柱からなる「ネクストレベル戦略」を推進しています。1つ目が自力での成長、2つ目がM&A(合併・買収)、3つ目がパートナーシップです。パートナーシップはABBでは比較的新しいコンセプトですが、世界がこれだけ急速に変わる中、お客様に付加価値を提供できるよう新たに異なる能力を手に入れるのは大変重要です。


現在の市場で求められるのは、デジタルと従来型の産業を組み合わせた価値提案です。例えば、クラウドサービスが必要となった際、我々がクラウドをすべて一から構築しようとしても、他社に遅れてしまうかもしれません。既に大きな処理能力を持っている企業と組むことで、成功率が上がります。


パートナーシップを組む際には、自分だけのエゴで動くのではなく、オープンな思考を持つトップの存在が必要。強いトップがお互いに目標を合致させながら、目標に対してコミットしていくという姿勢が必要です。


ウルリッヒ・シュピースホーファーの経歴・略歴

ウルリッヒ・シュピースホーファー。ドイツ人経営者。スイスの電力機器・重工業メーカー「ABB」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・シュツットガルト大学で経済学博士号を取得。A.T.カーニー、ローランド・ベルガーなどを経てABBに入社。同社CEOを務めた。

他の記事も読んでみる

井阪隆一

実はセブンのコーヒーの歴史は、失敗の連続なのです。現在のコーヒーマシンは、4世代目のものです。当初はペーパードリップでコーヒーを淹れていましたが、淹れたてはおいしくても、時間が経過するとどうしても味が落ちてしまう。現場での鮮度管理が非常に難しかったんです。その後も「1杯取り」のカセットタイプ式、圧力抽出のエスプレッソの提供など試行錯誤を繰り返しましたが、なかなか結果が出なかった。しかし、諦めませんでした。節目節目で見直しを続けてきたある日、「またコーヒーに挑戦したい」と言ってきた社員がいたんです。


谷田千里

サービス業に進出すると宣言したとき、社員からは反対というか、「何?」という感じでしたね。でも、この会社の歴史を振り返れば一目瞭然なのですが、タニタという会社は業態転換で生き残ってきた会社なんですよ。これまでの流れから言えば、もしかしたら20年後にはレストランが本業になっているかもしれない。そんな会社なんです。


デビッド・テイラー(経営者)

どのカテゴリーでも、イノベーションを起こそうという意識はとても高い。「イノベーションの在庫」のようなものをどれだけ持っているか、ということが会社にとって重要。


大西洋

私は社長になったいまでも、店舗を見回る際に思わず、接客に夢中になってしまうことがあります。百貨店の仕事の面白さは、なんといっても目の前のお客様に喜んでいただけることに尽きます。どんなに疲れていても、店頭に立つと元気が出てくる。この気持ちは、業界に入ってから今日まで、変わらずに持ち続けてきました。


橋本真由美

スタッフも成長し、モチベーションを高めなければお店は成り立たないと思ったときに実感しました。「これは子育てと一緒かな」と。悪い点があれば怒ったり、たまにはおだててみたり、主婦だからこそできる育て方があるのではないかと気づいたんです。


林野宏

ビジネスを成功させるのに一番大事なのは情熱。2つ目に危機感。


堀公俊

理想の会議への3つの質問

  1. 限られた時間の中で、成果と参加者の満足感の両方を満たせたか。
  2. 問題を表面的にとらえず、本質についての深い議論ができたか。
  3. たんなる理想論に終わらず、実行につながる結論を出せたか。

野田一夫

僕はもちろん日本が大好きだが、この国では、いつまで経っても不合理な慣行がなくならないことだけは困ったものだ。たとえば、会議の席で誰かの批判めいたことをいうとする。あなたが年長者ならいいのだが、年が若いとか新参者であれば「生意気だ」と決めつけられ、陰口を叩かれ、足を引っ張られる。つまり大方の参加者にとっては、「何をいったか」ではなく「誰がいったか」が重要なのだ。本来、発言で大事なのは「理はどちらにあるか」。反発するなら、発言の内容に対してするべきだ。


一澤信三郎

信頼に助けられたことがありました。父が死去すると相続争いが起き、兄が持っていた遺言状が「偽造とまでは言い切れない」という理由で、20年以上も家業を手伝ってきた私は敗訴しました。私と妻は一澤帆布を追い出されることになりましたが、幸いにも職人すべてが私たちについてきてくれた。そこで、「一澤信三郎帆布」を立ち上げ独立しました。生地屋さん、お客さんも我々を支持してくれました。結局、再度起こした裁判で我々の主張が認められ、一澤帆布の屋号も含めて手元に戻ってきました。今では京都を代表するブランドの一つのように言っていただくこともあります。ただ、私どもができるのはいいかばんを作り続け、お客さんの信頼に応えることだけです。


大前研一

マッキンゼーにいた頃、コンサルティング料(フィー)は半年で大体1億5千万円くらいだった。コンサルタントでは世界イチだったんじゃないかな。なぜそれだけの額になるかって? まさに経営の世界には「答えが無い」からだよ。これだけのフィーを正当化するには重圧もあるね。マッキンゼーの看板を背負う以上は「フィーを1千万円に下げていいのでお手柔らかに……」なんて言えないからね(笑)。


鑄方貞了(鋳方貞了)

相手の長所を褒める時は、相手が素直に受け取ってくれる褒め方をすること。それには、相手が自信を持っているところを褒めるのが一番。


岩崎裕美子

会議は30分というルールにしています。そこで結論を出さないとまた集まらなければいけませんので、いやが応でも集中した議論になります。