ウルリッヒ・シュピースホーファーの名言

ウルリッヒ・シュピースホーファーのプロフィール

ウルリッヒ・シュピースホーファー。ドイツ人経営者。スイスの電力機器・重工業メーカー「ABB」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・シュツットガルト大学で経済学博士号を取得。A.T.カーニー、ローランド・ベルガーなどを経てABBに入社。同社CEOを務めた。

ウルリッヒ・シュピースホーファーの名言 一覧

広くて浅い経営は大変危険。


人材が権限を与えられ、一定の計算の中でリスクを取ることが許されると、徐々に強いリーダーが成長していく。


企業が成長するにはまず、お客様のニーズに常に目を向けなければいけません。そのうえでどのような能力、技術が必要なのか見極めます。


私が求める組織のリーダーとは、適切な知識を持ち、必要に応じて適切な相手に相談することができ、適切な決定を下すことができる人物です。


ABBの核となる強みは何なのか、突き詰めて考えました。その結果、ABBにない強みを持つ企業とパートナーシップを組むことの重要性を理解しました。


当社はアウトソーシングを増やしていくことで、より弾力性のある、そして敏捷性に富んだ組織に進化してきました。


私はABBという巨大な組織から複雑性を取り除く努力を続けてきました。CEOに就任した際、経営陣は14人もいました。今では半減させました。マネジメント階層も、14ありましたが、見直して8に削減しました。私が目指しているのはより迅速に、より敏捷に動くことができる組織です。


人材を育成するには早い段階で、責任を持たせるのが重要です。その過程で、あまりに多くの判断ミスを犯すのは許されませんが、間違いを犯せる自由を与える、それを成長の糧にすることは大切です。


経営環境の変化に対応するにはスピードが不可欠です。ヒエラルキーや複雑性を抱えていては、遅れてしまいます。組織をフラットにすると同時に、実際にラインにいる幹部に権限を委譲し、現場で決定できるようにしました。


ABBの核となる領域はプラットフォームの部分です。そこはABBが徹底して、それ以外のところはうまくパートナーと助け合います。あらゆるお客様のためにあらゆる業務を自社でやるのではなく、自分たちの中核的な強みを磨きます。


誇り自体は良いことですが、それゆえに様々なトラブルに見舞われた過去があります。例えば、パワーシステム事業がそうでした。誇りが高すぎて、自分たちで何でもできると過信していました。北海で手掛けた洋上風力発電がうまくいかなかったのはそれが原因です。施工管理で失敗し、多額の損失を出して、そこで初めて私たちはやり方を変えなければいけないと悟り、ビジネスモデルの改革に踏み出しました。


破壊的な競合に関しては、自分たちも破壊的であろうと常に意識しています。異業種からの参入も想定しながら、お客様の要求や市場の先行きに対処するには何が必要か、事業領域を考えた時にABBの中に既に強みがあるものについては、自社で手掛けますし、他社でその事業領域をやっているところが全くなければ、ABBが投資して一からつくることもあるでしょう。しかし適切な能力を保有する企業が既にあった場合、チームを組むのも選択肢として視野に入れています。


現在、3つの柱からなる「ネクストレベル戦略」を推進しています。1つ目が自力での成長、2つ目がM&A(合併・買収)、3つ目がパートナーシップです。パートナーシップはABBでは比較的新しいコンセプトですが、世界がこれだけ急速に変わる中、お客様に付加価値を提供できるよう新たに異なる能力を手に入れるのは大変重要です。


現在の市場で求められるのは、デジタルと従来型の産業を組み合わせた価値提案です。例えば、クラウドサービスが必要となった際、我々がクラウドをすべて一から構築しようとしても、他社に遅れてしまうかもしれません。既に大きな処理能力を持っている企業と組むことで、成功率が上がります。


パートナーシップを組む際には、自分だけのエゴで動くのではなく、オープンな思考を持つトップの存在が必要。強いトップがお互いに目標を合致させながら、目標に対してコミットしていくという姿勢が必要です。


ウルリッヒ・シュピースホーファーの経歴・略歴

ウルリッヒ・シュピースホーファー。ドイツ人経営者。スイスの電力機器・重工業メーカー「ABB」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・シュツットガルト大学で経済学博士号を取得。A.T.カーニー、ローランド・ベルガーなどを経てABBに入社。同社CEOを務めた。

他の記事も読んでみる

松本晃(経営者)

経営者に絶対的に必要なのは倫理観です。倫理観がない人は21世紀には生き残れません。そして人を大事にする。ただし、「面白おかしく」だけでは会社はやっていけない。私の経営のやり方は、成果主義、結果主義です。よくやった人は報われますが、やっていない人はそれなりですよということです。


荻田伍

お客様からこういう商品が欲しかったと言われるような新しい商品を提供し続けること。それが我々の役目。


内藤大助

僕はいじめられっ子だったんですよ。無視されたりね。それで何にも目的を持てなくて、親にも反発して飛び出してきた。だからって何の当てもなく、都会に出てきただけ。そんなときにふと自分自身を変えられるかもと思って飛び込んだのがボクシングの世界でした。


上杉謙信

信玄の兵法に、のちの勝ちを大切にするのは、国を多くとりたいという気持ちからである。自分は国を取る考えはなく、のちの勝ちも考えない。さしあたっての一戦に勝つことを心掛けている。


前野隆司

イギリスの心理学者、ダニエル・ネトルは財には二つあると指摘しました。一つは、所得や社会的地位など、周囲との比較によって得られる「地位財」。もう一つが、社会への帰属意識や良質な環境、自由といった他人との比較とは関係なく得られる「非地位財」です。そして、非地位財によって得られる幸せの方が長続きするという特徴があります。


中山泰男

日本経済の活力を高めている主役は民間企業だと改めて思い「機会があれば民間企業でしかるべき役割を担いたい」と考えていた。

【覚え書き|日銀からセコムに転じたことについて】


豊田章一郎

販売店にしる工場にしろ、いい雰囲気とそうでないところというのは、一歩そこへ入ればすぐ分かる。


佐々木常夫

私はいつも、良い習慣は才能を超えると話しています。良い習慣を持つと、人は確実に成長していきます。ぜひそうなって、ビジネスマン人生で幸せをつかんでください。しかし、それには強い決意と、覚悟がいります。しかもそれは、根本の部分に存在しているものですから、習慣以上に大切といっていいでしょう。


鈴木茂晴

優秀な人には活躍してもらわないといけない。同じ世代の優秀な人が、同じ部署に固まっていることもありました。すると出世も順番待ちになる。だったら、早いうちに分散させて、それぞれ活躍してもらったほうがいい。


吉田鋼太郎

大学在学中に初舞台に立って以来、約40年間、ずっと芝居を続けてきました。そんな僕が常々思っているのは、役者の仕事って、すべて下準備が大事ということ。僕は、どの仕事も日々、納得がいくまで準備を欠かしたくありません。実際、自分の役作りが足りなかったり、演出家との意見の違いを埋められないままで本番を迎えると、まずダメ。


岡野雅行(岡野工業)

俺もまだ創作意欲はあってさ、最近、マグネシウムを加工して100万円のかばんを作ったんだよ。使い道? 知らないよ! 登山家と一緒だよ。山がそこにあるから登りたいんだよ。加工が難しいマグネシウムを俺ならここまで加工して「岡野健在」をアピールしたいの! 軽くて頑丈だから、航空機のシートやカメラのボディーとか応用範囲は広いと思うよ。


高橋淳(パイロット)

10機飛び立って、帰還するのはよくて5機だったね。同乗する仲間は絶対死なせないと誓っていた。意志の力が生死を分けた。だから精神力は強いよ。今の自衛隊員にも負けない自信がある。

【覚え書き|太平洋戦争従軍を振り返って】


澤田秀雄

万人に平等に与えられている1日24時間という時間をいかに過ごすかによって、成果が5倍、10倍、時には100倍にもなる。


津田純嗣

今の世の中、きつい仕事をしたいという人は少ない。若者は工場で汗水たらして働くような仕事から逃げたがっています。もともと「3K(きつい、汚い、危険)を社内からなくしたい」というのが安川電機のロボット開発の始まりです。「こんな仕事は人間がやっとるもんじゃない」というのと、品質的にも人間より速く良いものができるというのが重なって、ロボット事業は成長してきた。


高井英幸

お勧めしたいのは、自分よりもレベルの高い人と積極的に付き合うことです。付き合いやすい人ばかりと付き合っていると、楽だけれど進歩も何もしません。自分より頭がいい、能力が高いと感じる人と付き合っていくと、たくさんのいい刺激を受けることができます。その人の友人とも知り合えば、そこからまたいい刺激を受けることができます。


ページの先頭へ