名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウド鈴木の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウド鈴木のプロフィール

ウド鈴木、うど・すずき。日本のお笑い芸人。山形県出身。高校卒業後上京。事務所の後輩・天野ひろゆきとともにお笑いコンビ「キャイ~ン」を結成。バラエティ番組、映画、テレビドラマなどで活躍。

ウド鈴木の名言 一覧

最近、僕は年をとるのか楽しみなんですよ。「キャイ~ン」ってポーズをした時に、関節がポキーンと鳴るようになって「天野くん、最近、キャイ~ンの時に膝が伸びないんだよね」って。それでも「やろうよ、ウドちゃん」「そうだね。やることに意義があるんだよね」という感じのコンビになりたい。ケセラセラかなと思います……どういう意味でしたっけ? ケセラセラ。とにかく軟骨が擦り切れてもキャイ~ンでいたいですね。


思っていても、行動にできるかどうか。天野くん(相方)がすごかったのは、仕事を頑張りながらすぐに自分のマンションを買ってしまったこと。いまの生活をする上で、毎月6万5000円の賃貸住宅でいいのか。同じ家賃で買ったほうがいいのか。僕らは芸人になってこの先どうなるかわからない。水商売で、不動産を購入なんて考えもしなかったんですけど、いち早く具現化したのが天野くんでした。しかも、きちんと完済していてびっくりです。僕も天野くんと同じタイミングで、不動産を買っていたら、貯金をしていたらって……。この年になるとますます思います。本当にうらやましいっす。


僕は天野くんにおんぶにだっこにねんねなんですよ。だってね、天野くんは出会った時から本当に冷静沈着で、将来設計もしっかり考えていましたから。コンビを組んだ20歳の頃、僕や他の若手たちはバイトをしながらの貧乏暮らしなわけです。でも、大学生だった天野くんはきちんとお金を貯めていて。それだけじゃなく、大学を卒業する時、所属事務所の浅井企画の社長に「浅井企画にお世話になるにあたり、僕は給料をちゃんと頂きたい」「卒業した4月から給料制でお願いしたい」と。普通直談判する芸人なんてないですよ。だけど、社長や副社長も「天野がそう言うんだったら」と認めてくれた。


ウド鈴木の経歴・略歴

ウド鈴木、うど・すずき。日本のお笑い芸人。山形県出身。高校卒業後上京。事務所の後輩・天野ひろゆきとともにお笑いコンビ「キャイ~ン」を結成。バラエティ番組、映画、テレビドラマなどで活躍。

他の記事も読んでみる

真矢みき

未完成だから、新しいことにチャレンジできる。


ウェンデル・ジョンソン

精神的に安定した人物を特徴づけるのは、主として、その人間が持っている特別な習慣ではなく、むしろ習慣を変えたり、環境の変化に対応したりするときの手際の良さである。融通のきかないひとりよがりで保守的な、何事もじっと傍観するタイプの人間とは反対に、変化に対する心積もりができている人間だ。


阿部祐二

心も身体も疲れを感じることはまったくありません。いつでも元気でいられる理由は、「やりたい仕事をやれている」ことがあると思っています。


石渡美奈

商品に愛情を持ち、その魅力をきちんと伝えていく。そうしてもう一度自分の足元を、しっかり見つめ直してみる。そうした地道な毎日の積み重ねからしか、良い結果は生まれません。


ウィリアム・ラルフ・イング

心配は、それがやってくる前に支払われるトラブルの利子である。


楢原誠慈

単なる成長ではなく、従業員が働き甲斐があり、世の中に役に立つ、強い会社にしていくのが目的。


和田恒輔

要は人事を尽くし、そうすることが相互の利益であるということを繰り返し説明していると、そのうちにだんだんとわかってくる。交渉ごとで短気は禁物。真情を吐露して、しかも粘ることが肝要である。【覚書き:ドイツのシーメンス社との提携関係の中で起こった問題についてどう対処してきたかを語った言葉。富士電機とシーメンスは50年以上にわたる長期の提携関係を持っている】


小山昇

仕事で重要なのは完璧さより鮮度。どんなに時間をかけても完璧などあり得ないし、時間の経過とともに世の中が変わり、顧客のニーズも刻々と変化していく。だから、多少改善の余地が残っていたとしても、「求められているタイミング」に「その時点で最高のもの」を出すのが正解。


村上綾一

私は日頃から、パソコンやスマホに頼らず、なるべくメモを取るようにしています。パソコンで文字を打つとき、実は脳は活性化していません。いまの時代、文字を書くのは少々面倒かもしれませんが、その面倒が脳の活性化を促すのです。


織田大蔵

常に大きな夢、大きなことを考えて発言していると、いつの間にか気宇壮大になり、人間も大きく、大きな事業を成し遂げられるようになるものだ。


織田裕二

元気でいようと意識的に心がけています。それは自分が元々ネガティブなので、常に前向きでいようと。意識しないと、悩み始めたらどこまでもズルズル、ドロドロ考えかねないから(笑)。


松﨑晃一(松崎晃一)

「アンガーログ」をつけることをお勧めします。アンガーログではイラッとしたとき「日時・場所」「出来事」「思ったこと・感情」「怒りの強さを10段階で点数化」の4つに分けて整理・記録します。すると自分はどんな時に怒るかと「怒りのクセ=傾向」をつかめる。傾向が見えれば対策もできます。怒りに対する防御策を事前にたてれば、普段から「動じぬ自分」に生まれ変われます。