名言DB

9429 人 / 110879 名言

ウド鈴木の名言

twitter Facebook はてブ

ウド鈴木のプロフィール

ウド鈴木、うど・すずき。日本のお笑い芸人。山形県出身。高校卒業後上京。事務所の後輩・天野ひろゆきとともにお笑いコンビ「キャイ~ン」を結成。バラエティ番組、映画、テレビドラマなどで活躍。

ウド鈴木の名言 一覧

最近、僕は年をとるのか楽しみなんですよ。「キャイ~ン」ってポーズをした時に、関節がポキーンと鳴るようになって「天野くん、最近、キャイ~ンの時に膝が伸びないんだよね」って。それでも「やろうよ、ウドちゃん」「そうだね。やることに意義があるんだよね」という感じのコンビになりたい。ケセラセラかなと思います……どういう意味でしたっけ? ケセラセラ。とにかく軟骨が擦り切れてもキャイ~ンでいたいですね。


思っていても、行動にできるかどうか。天野くん(相方)がすごかったのは、仕事を頑張りながらすぐに自分のマンションを買ってしまったこと。いまの生活をする上で、毎月6万5000円の賃貸住宅でいいのか。同じ家賃で買ったほうがいいのか。僕らは芸人になってこの先どうなるかわからない。水商売で、不動産を購入なんて考えもしなかったんですけど、いち早く具現化したのが天野くんでした。しかも、きちんと完済していてびっくりです。僕も天野くんと同じタイミングで、不動産を買っていたら、貯金をしていたらって……。この年になるとますます思います。本当にうらやましいっす。


僕は天野くんにおんぶにだっこにねんねなんですよ。だってね、天野くんは出会った時から本当に冷静沈着で、将来設計もしっかり考えていましたから。コンビを組んだ20歳の頃、僕や他の若手たちはバイトをしながらの貧乏暮らしなわけです。でも、大学生だった天野くんはきちんとお金を貯めていて。それだけじゃなく、大学を卒業する時、所属事務所の浅井企画の社長に「浅井企画にお世話になるにあたり、僕は給料をちゃんと頂きたい」「卒業した4月から給料制でお願いしたい」と。普通直談判する芸人なんてないですよ。だけど、社長や副社長も「天野がそう言うんだったら」と認めてくれた。


ウド鈴木の経歴・略歴

ウド鈴木、うど・すずき。日本のお笑い芸人。山形県出身。高校卒業後上京。事務所の後輩・天野ひろゆきとともにお笑いコンビ「キャイ~ン」を結成。バラエティ番組、映画、テレビドラマなどで活躍。

他の記事も読んでみる

佐藤優

ケンカする際に大事なのは嘘をつかないこと。嘘をついたことが明らかになると、一気に不利になります。外交の世界では嘘をつかない範囲で相手の話をけむに巻く、ごまかしたりするテクニックが用いられます。


井村荒喜

私が長ずるに及んで、ことに人のことなどについても、どうやら私心を去ってそれに対処することができるようになったのも、こうした学びの中の孔孟の教えと母のしつけによるものだと思われる。


津田大介

昔は周囲と呼吸が合わない人は孤立するしかありませんでした。でもネット時代は、「このコミュニティではダメだけれど、あっちはよさそうだ」とマッチングができる。能力がなくてあぶれる人はどうするのかという話があるけれど、ネット時代ならそういう人も自分が輝ける場所や呼吸の合う場所を見つけやすい。


津谷正明

タイヤや自動車とはまったく関係がない業界から積極的に人材を採用するようにしています。これが結構効くんですよ。


山崎元

「銀行や証券会社が勧める商品を買うのが確実」と思われた方もいるかもしれませんが、じつはこれも最悪のコース。私自身、いくつもの金融機関で働いてきたから良くわかりますが、銀行マンや証券マンはいかに多く手数料を得るかが1番の関心事。とくに銀行は、あなたの貯蓄額も生活費も把握した手強い存在です。「お客様ならこれがオススメですよ」といかにも親身な顔をして、最も手数料が効率的にとれる商品を売ろうとしているのです。いかに手数料とリスクが低い金融商品に投資するかを考えることが大切。


岡田武史

イマジネーションとディシプリン(規律)のバランスをとるのが監督だと思っています。


篠原欣子

私はあまり怒ったりすることはありません。但し、どうしても人に伝えなくてはいけないときには動きます。「サンドイッチの法則」と呼ぶ方法を使って伝えています。サンドイッチはパンとパンの間に具が挟まっています。「こうやってはいけない」とか「こうしたほうがいい」というアドバイスはストレートに伝えても、感情的には素直に受けいれてくれないものです。そこで、最初に「よくやってくれているね」という労いの言葉などをパンとしてもっていきます。その後「こうすべきだ」と伝えたい中身を話します。そして最後に「でも大変だけど、いつもよくやっているね」とまたパンを出して、サンドイッチにして話をします。最初と最後に褒められたり、認められたりしていますので、たいていの人はそのこと自体はうれしいと思ってくれます。すると、素直な気持ちになり、指摘された部分も受け入れて「やってみよう」と頑張ってくれます。


青野慶久

会社の仕事と家事育児は、両方とも仕事ととらえるべきです。だから仕事と家事は何対何で取り組む、なんて考えないほうがいい。


石川善樹

「人間が一日に使える意思決定の量は限られている」。これは心理学の定説です。朝、何を着るか、何を食べるかと検討する。いちいちそんなことをやっていたら、決める作業の連続で心はすっかりすり減ります一日に許された意思決定の総量を使い果たすと、あとは理性ではなく欲望に支配されてしまいます。ちょっとしたことでイライラし、生産性を著しく損なうことも多いのです。


石川祝男

長く愛され続けるためには、小さい頃に好きになってもらえるかどうかにかかっている。そのうえで年齢層を広げていくことも重要。