名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウド鈴木の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウド鈴木のプロフィール

ウド鈴木、うど・すずき。日本のお笑い芸人。山形県出身。高校卒業後上京。事務所の後輩・天野ひろゆきとともにお笑いコンビ「キャイ~ン」を結成。バラエティ番組、映画、テレビドラマなどで活躍。

ウド鈴木の名言 一覧

最近、僕は年をとるのか楽しみなんですよ。「キャイ~ン」ってポーズをした時に、関節がポキーンと鳴るようになって「天野くん、最近、キャイ~ンの時に膝が伸びないんだよね」って。それでも「やろうよ、ウドちゃん」「そうだね。やることに意義があるんだよね」という感じのコンビになりたい。ケセラセラかなと思います……どういう意味でしたっけ? ケセラセラ。とにかく軟骨が擦り切れてもキャイ~ンでいたいですね。


思っていても、行動にできるかどうか。天野くん(相方)がすごかったのは、仕事を頑張りながらすぐに自分のマンションを買ってしまったこと。いまの生活をする上で、毎月6万5000円の賃貸住宅でいいのか。同じ家賃で買ったほうがいいのか。僕らは芸人になってこの先どうなるかわからない。水商売で、不動産を購入なんて考えもしなかったんですけど、いち早く具現化したのが天野くんでした。しかも、きちんと完済していてびっくりです。僕も天野くんと同じタイミングで、不動産を買っていたら、貯金をしていたらって……。この年になるとますます思います。本当にうらやましいっす。


僕は天野くんにおんぶにだっこにねんねなんですよ。だってね、天野くんは出会った時から本当に冷静沈着で、将来設計もしっかり考えていましたから。コンビを組んだ20歳の頃、僕や他の若手たちはバイトをしながらの貧乏暮らしなわけです。でも、大学生だった天野くんはきちんとお金を貯めていて。それだけじゃなく、大学を卒業する時、所属事務所の浅井企画の社長に「浅井企画にお世話になるにあたり、僕は給料をちゃんと頂きたい」「卒業した4月から給料制でお願いしたい」と。普通直談判する芸人なんてないですよ。だけど、社長や副社長も「天野がそう言うんだったら」と認めてくれた。


ウド鈴木の経歴・略歴

ウド鈴木、うど・すずき。日本のお笑い芸人。山形県出身。高校卒業後上京。事務所の後輩・天野ひろゆきとともにお笑いコンビ「キャイ~ン」を結成。バラエティ番組、映画、テレビドラマなどで活躍。

他の記事も読んでみる

中村獅童(二代目)

ハードな舞台を終えると体は疲れているのに、神経が高ぶって眠れないことがよくある。なかなか寝つけない日が続くと、それが気になってますます眠れなくなる。そんな時は、無理に眠ろうとせず、「眠たくなったらそのうち眠れるよ……」くらいに気楽に構えるのがいい。これは亡き母親からの教えでもあり、経験則からも言えます。


星野佳路

私たちはまた、スタッフが仕事にやりがいを感じているかを把握するために、年一回、社員満足度調査を実施しています。統計的な手法を取り入れた調査は、客観的に判断するうえで有効な手段です。一方、そこまでする必要のない場合は、できるだけ多くの人の意見を聞いたり、賛成と反対の両方の意見を聞いたりすることで、客観的な判断に近づけるようにしています。


市田清兵衛

奉公人は穏やかで謙譲なることを旨として、諸事倹約を心掛け、出入りの者は老若男女を問わず、丁寧に取り扱うこと。


内藤晴夫

野中郁次郎先生には当社の社外取締役第1号に就任していただいた。取締役会で先生はよく「この議論は面白くない」と言っていた。取締役会は理念や向かうべき方向性といったビッグピクチャーの規定を行うべきで、細かいところは経営陣に任せているんだと。取締役会は大きなことを語る場という雰囲気が醸成されたのは、野中先生のおかげだ。


島正博

頭は使うためにある。人間の頭のセンサーが一番なのに、頭を使わずAIと騒いでも無駄。人間が一番です。どこの学校を出たかではなく何を学んだかが大切。


熊本浩志

現場にいる人が報われない、夢を持てない仕事に未来はないでしょう?


江戸英雄

経営者としての肩書きを取り去ったあとの人間の中身を、部下の社員の目にさらしたとき、恥ないだけの自信があるかどうか。


関谷英里子

英語というのは、主語が何をしているのかさえわかれば意味がとれるし、通じる言語です。冠詞が「a」だろうが「the」だろうが、三単現の「s」が抜けていようが、そんなことは大した問題ではないのです。ですから教材も、初心者だからとやさしいものを選ばなくても大丈夫です。むしろ日本人の場合は、少し背伸びをした方がいいと思います。


守屋淳

古今東西の名勝負師や、ずば抜けたビジネスマンたちの足跡をたずねてみると、「彼を知り、己を知る」「天を知り、地を知る」という行為を、人並み外れて実践している姿が浮かび上がってくる。


メンタリストDaiGo

残業しないと終わらない仕事は、残業しても終わらないと考えたほうがいい。残業して仕事が終わるわけがないですよね。一番集中できない夜の時間帯に仕事をするわけですから。全然仕事は進まないし、ネットを見たり、スマホをいじったりといった余計なことに気を取られる時間も増えます。


金井誠太

少しずついろいろな人に頑張らせる。小さな努力も、積み上げたら大きな結果になる。イノベーションと呼ばれる大革新だって、こういうイモムシの歩みのような、小さな改善の積み重ねで達成できる。


林田英治

経理部長になったとき、指示を受けて数人のチームで(NKKと川崎製鉄の)統合の検討を始めた。具体的には、両社の財務内容をとことん精査した。それまで日本企業の統合には暗黙の了解で決まる部分があったが、私たちは外資系投資銀行を統合交渉に参加させて、お互いのデューデリジェンス(資産価値の算定)を徹底的にやった。事前に、お互いの財務上の問題などがすべてオープンになっていたからこそ、統合がうまくいった。