名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウディ・アレンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウディ・アレンのプロフィール

ウディ・アレン、アメリカの映画監督、喜劇役者、映画俳優、小説家。シニカルでユーモアに富んだ作風で知られる。ジャズのクラリネット奏者としての一面もある。

ウディ・アレンの名言 一覧

成功の80%は、人を出し抜いた結果だ。


神様はもっとわかりやすい啓示を与えてくれるべきだ。例えばスイス銀行にぼく宛てにお金を振り込んでおくとかさ。


株式ブローカーってやつは他人の金を投資につぎ込み続けるんだ。すっからかんになるまでね。


ウディ・アレンの経歴・略歴

ウディ・アレン、アメリカの映画監督、喜劇役者、映画俳優、小説家。シニカルでユーモアに富んだ作風で知られる。ジャズのクラリネット奏者としての一面もある。

他の記事も読んでみる

和地孝

どの業界でも、国内ナンバーワンの企業は危機感を持っています。それは、世界を視野に入れているからです。しかし、ナンバーツー以下の企業は自分より一つ上の企業しか見ていない。一つ上の企業に追いつこう、追い越そうということにどうしても意識が向いてしまう。その先のより広範囲を見渡せば、本当はもっとたくさんの敵が存在するのにもかかわらず、目の前しか見えない。あまり危機感がないのです。


奥田務

日本の企業を見てみると、自動車や電機などの製造業は、緻密に生産工程を管理して生産性を高めています。しかし一方で、サービス業などの第3次産業は各職務が明確でないケースが多いように感じます。特に百貨店業界は各職務の業務内容が曖昧なうえ、同じバイヤーという職務でも企業によって求められる業務内容が全く違う。これが人材を滞らせ、成果主義力根づかない原因となっています。漠然と社員を働かせても、生産性が上がるわけがありません。


堀公俊

会社によっては、前に出てペンを握るだけで「出しゃばり」と非難されてしまうこともあるでしょう。そんな場合は、「私が議事録を取りましょうか」と申し出ます。議事録は一般的に若手がとるものとされているので、重宝はされても反感を買うことはありません。そして、「議事録をとるためにひとつ確認させていただきたいのですが……」と、質問を差し挟んでいけば、進行をひそかに仕切ることができます。


瀬戸内寂聴

この世は変化するものだと思っていれば、どんな事態に直面しても度胸が据わります。孤独の問題も同じです。お釈迦様は人間は一人で生まれてきて、一人で死んでいくとおっしゃいました。最初から人間は孤独だと思っていれば、たとえひとちぼっちになったとしても、うろたえることはありません。


辻範明

今後はサービス関連事業を伸ばしていく。分譲マンションには、買い替え、仲介、リフォームの需要があり、今後は介護の必要性も出てくる。お客様の人生全体の住まいに対するサポートができるような会社にしたい。


酒巻久

「仕事を手取り足取り教えてやろう」という考えが間違い。上司は方向性だけ示して、部下に自分で考えるクセをつけさせるべき。いつまでも上司が助けないと何もできないチームより、各自が主体的に動くチームのほうがムダなく速やかに成果が出るのは当然です。仕事が速い人は例外なく、人をうまく動かす人です。


西野裕

社員の納得を得るには経営層、人事が一枚岩となって人員削減をする必要があります。面談では質疑応答のマニュアルをつくり、ロールプレーをして何を聞かれても同じように答えられるようにすること。部下を前にすると、上司も長く一緒に働いてきた人間を無下にはできないものです。社員も人によってさまざまな事情を抱えています。だからといって面談する上司が情に流されていては会社の再生はできません。


内藤誼人

もしあなたが普段「すみません」と言っているならいますぐ「ごめんなさい」に変えましょう。「すみません」が理性の言葉なのに対し、「ごめんなさい」は感情の言葉。謝罪においてはビジネス的であるよりも、反省の気持ちが伝わりやすいのです。また立場の弱さを強調し、相手の同情心を引き出すことで、怒りが増長するのを防ぐ効果も。結果、真摯な態度をアピールでき、最初のマイナスイメージもプラスに。そして最後に、ゆっくりと45度の深いおじぎをして上司の前から立ち去る。これであなたの申し訳ない気持ちは十分に伝わるはず。


植村甲午郎

23年余の官僚生活と戦後の経団連を通じて私が痛感したのは、一億同胞の資質が優秀でしかも勤勉なこと、貯蓄性向が高いこと、自由経済性のもとで創意工夫と自由活発な活動ができること、この三本柱こそが明治以来日本経済を今日まで発展させた原動力であったということである。この三本柱が揺るがない限り、日本経済の前途は洋々たるものと信ずる。


窪田健一(経営者)

20年間、創業者と一緒に働いてきましたが、言われた事をオウム返しにそのまま実行しているだけでは駄目で、自分でやってみて初めて色々な事が腹に落ちて来る。


宋文洲

人の話を聞かないと、自分で考える癖がつきます。聞くのは判断力がついてからでいい。若い時はないんだから、とりあえず全部は聞かない。苦労も後悔もします。でも、それでいい。それで大きくなると思う。


出雲充

パナソニックも、ホンダも、ソニーも、はじめはベンチャー企業でした。世間に冷たくされても、本気で好きなことを追求したからこそ、理解者・協力者が現れて、世界的企業にまで発展したのです。