ウッドロウ・ウィルソンの名言

ウッドロウ・ウィルソンのプロフィール

トーマス・ウッドロウ・ウィルソン。第28代アメリカ大統領、政治学者。ニューフリーダムと呼ばれる国内改革を行った。第一次世界大戦末期に「14ヶ条平和原則」を発表し、国際連盟の結成につながった。

ウッドロウ・ウィルソンの名言 一覧

運命の中に偶然はない。人間はある運命に出会う前に、自分がそれをつくっている。


次の心得を守れば、十中八九、誰でも成功する。自信を持つこと。そして、仕事に全力を尽くすことだ。


ウッドロウ・ウィルソンの経歴・略歴

トーマス・ウッドロウ・ウィルソン。第28代アメリカ大統領、政治学者。ニューフリーダムと呼ばれる国内改革を行った。第一次世界大戦末期に「14ヶ条平和原則」を発表し、国際連盟の結成につながった。

他の記事も読んでみる

石田宏樹

ずるをしない人は、困難な状況でも課題に正面から取り組む。そして着実に成長していきます。


稲葉裕幸

せこいと思われるかもしれませんが、1円でも落ちていたら無視できません。マネーゲームみたいな感じでお金をとらえられたらカッコイイと思いますが、僕らは日銭商売なんで、お客様が差し出すシワシワになったお札を、両手を差し出して受け取るのが商売の基本なんです。


中原淳

上司は、権限移譲されたという実感を部下に持たせることが大切です。やっつけ仕事ではなく、まとまった仕事を任されたという実感、自分の仕事に対するオーナーシップを持たせることです。


本城武則

辞書で調べる前に、まず意味を推測してみましょう。これはスピーキングの訓練に通じることですが、会話中にはわからない単語がよく出てきます。その際、調べている時間などありません。流れを止めずに、文脈から意味を想像してみましょう。


森川亮

日本の企業は「強みを生かそう、差別化しよう」として、かえってユーザーが欲しがっていないものを提供しているところがある。僕たちはデザインにこだわり、使い勝手を重視し、ユーザーが求めるものを提供することに全力を注いでいる。


戸塚隆将

メール返信のタイミングは、自分の名刺と一緒と考えたほうがいい。相手にとっては、どんな人間なのかを想像できる情報のひとつ。返信が遅れるほど、相手は不安になり、自分に対する評価も下がる。


渡辺謙

若いころから大きな夢を語ることも大切だけど、目の前のことを地に這いつくばって必死にやることも大切です。映画界でも、演出でも脚本でもない裏方の仕事を血眼になってやっていた若い人が、メキメキと力をつけて監督に出世することがあるんです。目の前の仕事を一心不乱にやっていると、きっといろんなことに興味が出てきて自然に育っていくんですう。


匠英一

私自身の体験ですが、日本ビジネス心理学会という組織で資格の認定試験の教材を作ろうと提案したら、50名ほどの会員のほとんどから「ムリだ」と言われました。しかし、教材作りに参画することのメリットを示して説得したら、みんな協力してくれて、わずか半年ですべての教材を完成させることができたんです。


吉村元久

大企業や投資ファンドもM&Aを重視しますが、当社の競合にはなりません。買う企業は中小の食品メーカーに絞ってますが、こうした企業は大企業やファンドの投資案件にはならないのです。当社の場合、買収した企業をどこかに売却するのではなく、長期で育てるというのもポイントです。この点で買収・再生ファンドとは大きく異なります。だからこそ、後継行難の企業が信頼して経営を任せてくれるという面もあるのです。競争相手がいない、参入障壁が高いビジネスだからこそ、収益を伸ばせる余地は大きいと思います。


越智直正

経営者は困らないといけません。困らない経営者に進歩はない。困ったことを解決する、それが経営だとぼくは思っています。


太田和伸

計画ありきの行動は意味がありません。自分ができることから始めていくと、次の可能性が見えてくる。私も最初から「店舗をやりたい」なんて言ってたらムリでしたね。


姜尚中

グローバリズムが進み、先が読めない世の中になった。高度成長期のように皆が同じ方向を見ていた時代が終わり、皆がバラバラの価値観を抱くようになったわけです。「悩む」こと自体が、そんな時代の生きるチカラになる。悩んでください。悩むことが大事だから。


樋渡啓祐

関心を持ってくださることはとても良いことだと思います。地方にとって、無関心は最大の悪。


虚淵玄

別に大袈裟なことをやりたいとは思いませんが、未経験の領域には行ってみたい。やったことがないことを今後はやってみたい。


林武志(経営者)

最初に取り付けた状態を20年後まで保つのは困難ですが、自分たちがお約束した機能だけは最後まで保障しようと社員にもいつも言っています。それが、朝日ソーラーという小さい会社を支援してくださるお客様に対して自分たちが出来る小さな恩返しだと思っています。


ページの先頭へ