名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ウォーレ・ショインカの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウォーレ・ショインカのプロフィール

ウォーレ・ショインカ。ナイジェリアの詩人、劇作家。ノーベル文学賞受賞者。オグン州出身。代表作に『死と王の先導者』。

ウォーレ・ショインカの名言 一覧

何とかなるだろうと思うのではなく、あらがい続けることで変革の可能性を見いだそうとするのが楽観主義。


ウォーレ・ショインカの経歴・略歴

ウォーレ・ショインカ。ナイジェリアの詩人、劇作家。ノーベル文学賞受賞者。オグン州出身。代表作に『死と王の先導者』。

他の記事も読んでみる

津田大介

結局、興味のあることをいろいろやってみて、そのなかからいくつかが残り、また変化しながら続いていくんだと思います。


山下勝(経営学者)

望む仕事に偶然に出会ったとき、チャンスとしてそれを見逃さず取り込むための条件は、(1)事前に計画をしておくこと。(2)偶然の多い場にいること。(3)偶然を好機に変える能力を持っていることです。しっかりとしたキャリアデザインをした後は、この3つの条件を意識しながら、キャリア・ドリフト(漂流)を前向きに実行することが、やりたい仕事をするための近道です。


アルバート・アインシュタイン

私たちはいつか、いまより少しはものごとを知っているようになるかもしれない。しかし、自然の真の本質を知ることは永遠にないだろう。


大西賢

組織の規模を常に考えなければなりません。業績が改善して仕事が忙しくなれば、当然、人手が欲しくなるわけですが、人を増やす手前で、本当にもう一人増やして食わせていけるのかを考え抜かなくてはなりません。


小林稔(経営者)

中小型株市場の特徴としては、情報が行き届かず、割安に放置されている有望成長企業が多いことが魅力。


山口周

世の中はグローバル化が進んでいると言いますが、世界の貿易統計を見ると明らかにローカル化が進んでいる。併せて、「ポピュリズム」「保護主義」「人種差別」も台頭している。こうしたことに気づくことが教養であり、「グローバル化が必要だ」と言っている発信源に対して、検証や批判が必要になる。そのためには「1人で学ぶ力」をつけることが大切だと思うのです。


サンキュータツオ

研究は本人がやりたいからやるもの。周囲から大バカ野郎と言われても、調べずにはいられない。営利目的とは対極にあるんですよね。


織畠潤一

コミュニケーションというのは、一度伝えたから、すぐに通じるものではないんです。どの国のどんな組織のリーダーたちも、みんな手を変え品を変え、必死で取り組んでいるんです。


鷹取真一

英語を身につけた恩恵を強く受けています。実家がホストファミリーとして海外からの留学生を受け入れていたこともあって、「自己投資」とことさら意識して英語習得に取り組んだわけではないのですが。学生時代から「英語を学ぶ」のではなく、「英語で学ぶ」ことは意識していました。有用な語学力を自然と身につけられたのは、そのおかげかもしれません。仕事では英語の1次情報に当たれますし、プライベートでは旅行の選択肢も増える(笑)。時間とお金をかけてよかったと感じています。


畑中好彦

当社は合併当初から、社内外において可能な限り透明性の確保、価値の明確化に努めてきました。「我々はどういう社会的価値を創造していくのか」「患者さんにどんな価値をお届けするのか」。だからこそ、研究開発の現場でも、グローバル会議でも、各地でのタウンホールミーティングでも、同じ目線で議論ができる。これがアステラス製薬の強さの一つではないかと思っています。


佐々木常夫

他人を気にしてストレスを溜めていたら、決してその人は幸せになれません。他人が何を言おうと気にせずに粛々と仕事をこなしていくほうが、結果的に社内での評価も高まるし、自分の幸せにもつながるのは明らかです。


宮田孝一

グローバル化が進む中で、自分の国の歴史や文化、価値観を理解できていなければ、異文化の人々の立場を的確に認識できないと思います。