ウォーレ・ショインカの名言

ウォーレ・ショインカのプロフィール

ウォーレ・ショインカ。ナイジェリアの詩人、劇作家。ノーベル文学賞受賞者。オグン州出身。代表作に『死と王の先導者』。

ウォーレ・ショインカの名言 一覧

何とかなるだろうと思うのではなく、あらがい続けることで変革の可能性を見いだそうとするのが楽観主義。


ウォーレ・ショインカの経歴・略歴

ウォーレ・ショインカ。ナイジェリアの詩人、劇作家。ノーベル文学賞受賞者。オグン州出身。代表作に『死と王の先導者』。

他の記事も読んでみる

片山善博(政治家)

鳥取県知事に当選すると、前知事のときに決まっていた「砂丘博物館」とか「カニ博物館」といった100億規模の事業が目白押しだったんです。そんなハコものをつくっても県民の暮らしがよくならない。だから中止、縮小にしたんです。一つのビッグ・プロジェクトがあれば、いろんな利害が渦巻いているわけですよ。誰が請け負うか、下請けから資材納入まで決まっていたそうですから。そういう人たちにとっては許し難いことでしょうけど、心を鬼にしてやったら、脅迫状まできました(笑)。でも、そういうブラックメールがくるというのは、表では言えないいろんなことがあるんだろうし……、そういう悪弊を断ち切るためにも「正しい選択なんだ」と自信を深め、ファイトがわきました。


岡本太郎

みんなどうしても安全な道の方を採りたがるものだけれど、それが駄目なんだ。人間、自分を大切にして、安全を望むんだったら、何もできなくなってしまう。計算づくでない人生を体験することだ。


原田泳幸

私はメモを原則的に取りません。資料類もファイルはしない。ファイルというのは多分、何十年も開かれることがないものだからです。資料は見たらすぐ捨てる。私のデスクの横には捨てるためのバスケットが置いてあります。捨ててしまっても数字を覚えるのは得意な方なので、自然と頭に残ります。


井村雅代

叱るときに心がけていることは「叱る絶対三点セット」を厳守することです。まず、相手の「悪いところをハッキリ指摘し」、次に「直す方法を指導する」。最後に「それでいいかどうか、直ったかどうか、OKかNGかをきちんと伝える」。叱るだけで直す方法を言わなかったら、選手は自信を無くすだけです。テレビは、私が叱っているところしか映さないですけど(笑)。


吉田勝彦

同い年でも向こう(岩崎良蔵)は18歳にして花形、僕はぺーぺー。一緒に風呂に入ったときに「俺も岩ちゃんみたいな騎手になれたらな」と冗談半分にこぼしたら「お前しゃべるために来たんやろ、ならしゃべりで騎手を男前にしてくれたらいいやんか」と言われた。それで実況アナウンサーとしての覚悟が決まりました。馬と競馬を知るために厩舎を手伝い始め、師匠や厩務員の会話を盗み聞きして馬のことを学びました。


新井正明

選り好みをせずに愛憎などの私心を捨てて部下を用いる。自分流儀の者ばかりを取り立てるのは水に水を差すようなもので調理にならず味もそっけない。日ごろ嫌いな人を良く用いることこそ腕前。部下の意見を十分に発表させ、採決は公平にする。自分に部下より良い考えがあっても、あまり支障のない場合は部下の考えを採用するのがよい。


中山讓治(中山譲治)

リーダーというのは、考えの深さや広さで相手を凌駕できる範囲でしか務まらないものなのです。相手に凌駕されてしまったら、リーダーを交代するしかない。現在の肩書が上だとか下だとかいうことは関係ありません。私も毎日が勉強ですよ。


長崎忠雄(経営者)

新機能・新サービスを提供する際には、自分たちが獲得したスキルによって新たに実現できるサービスをリリースしていくのではなく、お客様やパートナー企業の声を聞く機会を設け、何を提供していくかを意思決定しています。


澤田秀雄

問題には必ず原因があります。また、数字は正直です。原因や数字を現実と踏まえることで、必ず対策が見えてきます。


木村皓一

小さいころ出来なかった分を取り戻す勢いで野球に熱中していますが、野球で体も心も少年に戻ることが健康の秘訣かもしれません。


古川武士

夜7時に退社するには、容赦なく7時に家に帰る、と心に決めることが大切です。そうなると当然、それまでの仕事の効率化をさらに高めようと工夫します。


似鳥昭雄

不景気の一番の利点は、社員が成長できることです。経済が上向きのときは、人間は成長しません。でも不況になれば、何とかしようと努力します。むしろ一番困るのは、好景気が長続きすることです。社員が成長しませんから。不況、大いに結構です。


理央周

私は、「TO DO(やること)リスト」より、「DON’T DO(やらないこと)」リストをつくるべきではないかと思います。


藤田晋

漠然とした不安を抱えて悩んでいる人もいます。例えば、何らかの病気を抱えていると不安に思っているにもかかわらず、検査にいかない人。1日でいいから時間を取って検査を受ければ、重大な病気が見つかろうが問題なかろうが、ひとまず当初の不安はなくなります。当然ですが、次にすべき行動も明確になります。


山極清子

ダメな上司は「自分よりできない人」を集める傾向があります。優秀な人材、多様な人材を使いこなせなければ、組織は縮小するしかありません。


ページの先頭へ