名言DB

9413 人 / 110706 名言

ウォーレン・リヒテンシュタインの名言

twitter Facebook はてブ

ウォーレン・リヒテンシュタインのプロフィール

ウォーレン・リヒテンシュタイン、米国、株式投資家、ヘッジファンドのスティールパートナーズ代表、タックス・ヘイブン(租税回避地)ケイマン諸島にて多数の投資ファンドを設立し財を成す、必要なときは株主の権利を行使して経営に口を出す株主本来の仕事をすることでも有名

ウォーレン・リヒテンシュタインの名言 一覧

(日本では)現金が潤沢な企業、複合企業、成熟産業で安定的な収益を上げている大企業に注目している。日本市場での調査対象は4000社だ。経営者には時間を与え必要なら協力する。責任はとってもらうが、実績を上げれば見返りを与える


日本の事前警告型の買収防衛策は世界の中で最悪。他の国なら違法行為にあたる。私は芸能人ではなく投資家だ。私の写真がメディアに出たら、プライバシーが保障されない。私はプライバシーを大事にするが、もう少し日本を啓蒙したいと思って公の場に出てきた。


オーナーになることとマネジャーになることは別。経営陣はオーナーから経営を委譲されて経営にあたる。われわれは経営陣に委譲して、成果があがったときは彼らに報いる


我々は(株を取得する企業との)関係を重視する行動的な投資家だ。短期的利益のために(取得した株式を)売り切ると言われるのはうわさだけで、実態は違う。今までもこれからも長期的な投資家として株式保有する


ウォーレン・リヒテンシュタインの経歴・略歴

ウォーレン・リヒテンシュタイン、米国、株式投資家、ヘッジファンドのスティールパートナーズ代表、タックス・ヘイブン(租税回避地)ケイマン諸島にて多数の投資ファンドを設立し財を成す、必要なときは株主の権利を行使して経営に口を出す株主本来の仕事をすることでも有名

他の記事も読んでみる

芦田昭充

現代のように環境変化のスピードが速く、しかも世界を相手に仕事をしなければならない時代には、少なくとも、マネジャー・クラスは、部下に向かって、トップと同じ内容の話ができなくてはなりません。そのために、マネジャー・クラスと直接話す機会を設けているのです。


井上和幸(ヘッドハンター)

リクルート社の新人時代、人事で採用を担当していました。そのとき、あるクリエーティブ部門の先輩に教えてもらった、いまも印象に残っている言葉があります。「メジャー志向」です。当時、私はクリエーターの採用も担当していました。先輩いわく「現場で活躍しているトップクリエーターの共通項はメジャー志向のあるやつだ」。メジャー志向の人とは、節操のない人とも言えます。たとえば朝の連ドラ、「あまちゃん」が流行ったら「じぇじぇじぇ」を連発、いつやるんですか、と聞かれたら「いまでしょ!」。多くの人は大衆向けに商品をつくっているのだから、流行りものをポジティブに受け止められないと大衆の心がつかめない、ということでした。


瀬戸欣哉

会社で一番大切なのは、そこで働く人たちが楽しんで誇りを持てることです。しかし、もう一つ大切なことは、生き残ること。会社が生き延びることを考えたとき、僕(創業者)が長くいることがいいとは言えません。会社の持続性を考えた際、創業社長というのは非常に危険な存在です。現場のことをよくわかっているから、ものすごく万能感があるんですよね。だけど、会社が大きくなってくると、その万能感が間違っていることが増えていきます。社長が知っている現場は過去の現場で、いまは違うことが起きている場合があるからです。


松井道夫

私はこんなに努力しています。一生懸命働いています。というのは本人の勝手な思い込みです。肝心なのは働いた結果として、どれだけ商売ができたのかということです。


堀場雅夫

もし、あなたのビジネスプランが「論理的に正しく、企業哲学に合致し、商売になる」という3条件に合致した正しいものであったら、必ず応援してくれる人が出てくるだろう。僕自身、何度も失敗をしているが、土俵際まで追い詰められ、それでも頑張ろうとしていると「それは面白い。やってみろ」と言ってくれる人が現れた。


松井賚夫

ペンシルバニア大学教授で、アメリカ心理学会会長の心理学者マーティン・セリグマン博士は、うつの改善に役立ち、しかも驚くほど簡単なプログラムを提唱しています。それは、スリー・グッド・シングスと言われるものです。「毎日就寝前に、その日にあった良いことを3つ書き出し、これを1週間続ける」というものです。この簡単な方法がうつの改善に驚異的な効果を発揮するのです。


築山節

記憶力を高めるには、出力の機会をなるべく多くつくることが大切です。出力の機会を増やしていけば、情報を入力するときにも「あの場面で話そう」という意識ができ、それが記憶の強化にもつながります。


中畑清

引退して解説者の仕事に就いたときは、「背広のプレーヤー」を名乗りました。ただ解説するのではなく、選手の立場に立って気持ちを代弁したいという思いからです。プレーのひとつひとつにどんな意図や思いが込められているのか、当然ですが選手自らが語ることはできません。それを私が選手に成り代わって視聴者に伝えようと力を注ぎました。


大竹のり子

「競争の激しいところに行くとお金がたくさん出ていく」というのは、経済の大原則。その裏を考えてみる必要があるでしょう。たとえば我が子を私立に通わせるぶんのお金で、若いうちから海外経験をさせるなど、別の教育方法があるかもしれません。


谷原誠

異業種の成功事例を応用したいい例はフォード社です。昔、自動車業界では、静止した状態で置かれた自動車の周りを作業員が取り囲み、組み立てる方法が一般的でした。あるとき、創業者のヘンリー・フォードが食肉工場を見学に訪れた際、食肉がベルトコンベアで室内を移動しているのを目撃したのです。自動車を大量生産できる仕組みをずっと考えていた彼は、そこでひらめいたといいます。食肉工場の肉のように、車ごとベルトコンベアに載せて工場内を移動させればいいのではないかと。ライン生産を導入した結果、作業員はライン上を次々と運ばれてくる自動車の一部分を組み立てればいいということになり、作業効率が飛躍的にアップしました。大量生産が実現したというわけです。


染谷和巳

いまの人は職場のコミュニケーションを取り過ぎてすり減ってるんです。もっと社内の人間関係は距離を取ればいい。コミュニケーションは潤滑油なんだから、適度にあれば気持ちよく仕事ができます。とはいえ、なければなくてもいい。むしろ潤滑油がありすぎるとツルツルと滑って逆効果。私が見てきた経験上、社内の人間関係がギクシャクしてる企業のほうが業績が上がってます。多少は上司と部下の仲が悪いくらいのほうが緊張感もあるし、見返してやろうと部下も仕事を頑張るものです。


深田和範

出世競争で出遅れを実感するのは35歳前後からです。一般的に、この年齢に達すると同期入社のトップクラスが管理職に登用されます。そして、この第一選抜に漏れると、その後の昇進・昇格は遅れ気味になります。


小林陽太郎

「モーレツからビューティフルへ」のキャンペーンも、「ゼロックスの複写機は性能はいいが高い」というイメージに対し、「高くない」と訴える泥臭い広告はあえてせず、「ゼロックス」という新進企業としてのイメージを発したものでした。


上村剛

裁判という選択肢を考えるとき、本人の納得感を得られるかどうかが非常に重要だ。だから、金銭的に見合わないとか、時間がかかるからといって、「争うだけムダ」ということではない。しかし、裁判の結果に後悔しないように、事前に費用や見通しに関する「リスク」をしっかり把握しておくことは肝要だろう。


矢野博丈

ダイソーはモンゴルにお店を出しました。有望な市場というわけではありません。でも、何か変化を社内に与え続けないと、組織は駄目になってしまうと思ってやってみた。