ウォーレン・リヒテンシュタインの名言

ウォーレン・リヒテンシュタインのプロフィール

ウォーレン・リヒテンシュタイン、米国、株式投資家、ヘッジファンドのスティールパートナーズ代表、タックス・ヘイブン(租税回避地)ケイマン諸島にて多数の投資ファンドを設立し財を成す、必要なときは株主の権利を行使して経営に口を出す株主本来の仕事をすることでも有名

ウォーレン・リヒテンシュタインの名言 一覧

(日本では)現金が潤沢な企業、複合企業、成熟産業で安定的な収益を上げている大企業に注目している。日本市場での調査対象は4000社だ。経営者には時間を与え必要なら協力する。責任はとってもらうが、実績を上げれば見返りを与える


日本の事前警告型の買収防衛策は世界の中で最悪。他の国なら違法行為にあたる。私は芸能人ではなく投資家だ。私の写真がメディアに出たら、プライバシーが保障されない。私はプライバシーを大事にするが、もう少し日本を啓蒙したいと思って公の場に出てきた。


オーナーになることとマネジャーになることは別。経営陣はオーナーから経営を委譲されて経営にあたる。われわれは経営陣に委譲して、成果があがったときは彼らに報いる


我々は(株を取得する企業との)関係を重視する行動的な投資家だ。短期的利益のために(取得した株式を)売り切ると言われるのはうわさだけで、実態は違う。今までもこれからも長期的な投資家として株式保有する


ウォーレン・リヒテンシュタインの経歴・略歴

ウォーレン・リヒテンシュタイン、米国、株式投資家、ヘッジファンドのスティールパートナーズ代表、タックス・ヘイブン(租税回避地)ケイマン諸島にて多数の投資ファンドを設立し財を成す、必要なときは株主の権利を行使して経営に口を出す株主本来の仕事をすることでも有名

他の記事も読んでみる

ピーター・ドラッカー

定年の必要は実際のところ、年老いたということではない。おもな理由は、若者たちに道をあけなければならないということにある。


鈴木みゆき(経営者)

何を成し遂げたいのか、その目標が曖昧なままではPDCA(計画・実行・評価・改善)は上手く機能しません。目標を掲げたら、その目標をスタッフ全員と共有し、常に効果検証します。ここでの「常に」とは1週間ごとのようなスパンではなく、1時間ごとの超短期スパンです。


マーク・ハード

ぞっとするようなひどい戦略の下では成功などあり得ません。


大西実(大西實)

ニクソンショックによる円高、石油ショック、フィルムの主要原料となる銀価格の急騰、フィルム関税の撤廃プレッシャー、振り返ってみますと、富士写真フィルムは1970から80年代に様々な危機の局面に遭遇しつつもこれを乗り越えて、創業以来の目標だったイーストマン・コダックと肩を並べる規模まで、事業を拡大することができました。これは創業以来の経営陣が持った、経営ターゲットに対する鋭い目測の力に負うところが大きかったのではないでしょうか。


三國連太郎

自分という容器の中で、自分の体や感情の中にある役柄との共通点を取り出して、そこを原点に精一杯演じていく。その方法しかないと思っています。


ビル・ゲイツ

自分が出したアイデアを、少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、独創的な発想をしているとは言えない。会社の価値観や報奨のシステムもこの考えを反映すべきである。


桃山透

書類を捨てる3つのルール。

  1. 【データ化されているものは捨てる】必要になった場合も、プリントアウトすればOK。
  2. 【一年以上使っていないものは捨てる】期間は仕事内容によって変更しても構いません。
  3. 【上司や先輩に尋ねる】自分だけの判断で迷う場合でも、適切な判断ができます。また、上の人の了解をとっておけば、あとで「なぜ捨てたのか」と言われることもありません。

森川亮

失敗しないで会社を成長させるためには、とにかくユーザーのニーズを精緻に把握し、それに応えるしかありません。


高野登

鍛えるべきは想像力。「お客様はどう感じるか」ということを常日頃から意識して行動する習慣をつけることでそれは身につく。腕時計をちらっと見るお客様を相手に、ダラダラと話を続けるような営業マンはダメ。「お急ぎだな」と想像しないと。


宗次徳二

一人一人、求めるものは違います。だから、とにかくがむしゃらに仕事をしたいという人には、年俸制を採用して高給で働いてもらう。プライベートを大切にしたいという人には時短勤務を適用するなど、可能な限り、「その人にとってのナンバーワン」の待遇を実現したいと思って取り組んできました。


大橋正教

いろいろ背負っているかもしれないけど、自分のために頑張れよ。
【覚書き|選手によく投げかける言葉】


寺坂史明

現状の問題点なども挙げ、厳しいことも指摘しなくてはいけません。クタクタになって頑張っているのに結果が出ないのはなぜだろう。そんな営業マンの本音も返ってきます。自分自身が徹底的しきれてないことだって、トップとしては言わなくてはなりません。社員の本音を浴びるうちに精神的に参ってしまって、血尿が9日間出ました。でもそこまでやって、見えてくることがあります。やっぱり社長は頭を使って一所懸命に考えることです。
【覚書き|社長就任後、全国を回り社員たちと8か月で150回以上ミーティングを行い、真剣に議論したことについて語った言葉】


乙武洋匡

僕自身、事務所のスタッフがミスをしても、「何をやっているんだ!」と責め立てたりはしないんです。「なぜそうなったのか、それが次に起こらないようにするためにどんな方策があるか、考えてみて」と伝えています。このときは、「困った状態を解決しないと」という気持ちで書いています。その姿勢が文章に表われれば、相手も受け入れやすくなると思うんですよね。


山本晴義

メンタルヘルスで大切なのは、たとえやる気の出ないときがあったとしても、その状態を長引かせないことです。長引かせば長引かせるほど、うつ病につながっていきます。


織田大蔵

事業家は政治家などになるものではない。政治家を使う立場になることだ。


ページの先頭へ