名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ウォーレン・ベニスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ウォーレン・ベニスのプロフィール

ウォーレン・ベニス。米国の経済学者。南カリフォルニア大学リーダーシップ研究所創立者、同大学教授、経営学者。マサチューセッツ工科大学で博士号を取得。マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学、ボストン大学などで教鞭をとった。また、レーガン、カーターなどの政権で大統領顧問を務めた。27冊の著書と2000の論文を書き上げた。著書『リーダーになる』は21か国で翻訳され、大ベストセラーになった。

ウォーレン・ベニスの名言 一覧

情熱は別の言い方をすれば、関心を傾ける集中度が高いということです。ウェルチ氏の場合これが、まるでレーザー光線のよう。その傾注ぶりが並外れて強いという点に特徴があるのです。ゴルファーならわかるでしょうが、彼はその職業人生で、一度としてボールから目を離すことがなかった。


もしあなたが良い教師と悪い教師を直感的に見抜けるのだとしたら、その勘は指導者にも適用できます。


ジャック・ウェルチ並みとはいかなくても、良い指導者には心がけ次第でなれます。たまたま私がいま相談に乗っているハイテク企業の経営者は、見識・人格とも素晴らしい。しかし他者を巻き込む要素にかけています。技術者だからついキーボードを叩いて、部下にメールで指示しているんです。だから、「おいどうだい。受話器を取って話そうよ」と私は言いました。


偉大な経営者とは、偉大な教師に似てくる。事実、ウェルチ氏は教師をさせたら素晴らしい先生になったでしょう。実際、GEにおいても彼は比類のない教師だったといっていい。優れた指導者と教師には、ひとつ欠かせない共通点があるからです。自分の関心を相手に傾け、相手の気持ちを高めて巻き込む能力。愛、です。


いまでは有名になったあの手書きメモというものを、ウェルチ氏が伊達や酔狂で何百何千と書いたと思いますか?相手にぐっと自分を傾ける。それによって相手をこっちへ巻き込もうとする。その思いの強さが電話でもEメールでもなく、彼に手書きのメモを書かせたのです。


将来20世紀の経営史が書かれて、GEのウェルチ時代に触れるとして、私は彼が取った戦略、一位か二位になれない事業からは撤退して売り払うといった手法が、興味を集めるとは思いません。ウェルチ氏は何よりも、放送からプラスチックといった考えられる広範な事業分野で、何十万人という従業員を元気にし、盛り立て、前向きにし、動機づけをした。それができた指導者として記憶されるでしょう。


ウェルチ氏は情熱の権化なんです。情熱というより愛といってもいい。私自身、大学の学長を長くやって、あるときハーバードビジネススクールでリーダーシップについて講演したあと、「それであなた自身、大学の学長であることを愛しているのか」と聞かれて思わずたじろいだことがありますが、同じことを聞かれてもウェルチ氏はおそらく間髪入れず、イエスと答えたでしょう。


GEのCEOのジャック・ウェルチ氏を「中性子ジャック」と呼んだのは米フォーチュン誌です。中性子爆弾は建物に被害を与えず、人間だけを殺すでしょう。彼の合理化でGEから人が去り、組織だけ残ったからだというわけです。しかし、このあだ名にウェルチその人が深く傷ついたのをご存知でしょうか。いまでもその傷が癒えていないことは、会話の端々にうかがえます。経営学者として長い間彼を追いかけてきた私ですが、昨年6月、久しぶりにウェルチ氏とじっくり話した帰り際、自分のこの人に対する尊敬の念が一層深まっているのに気付いたものでした。


ウォーレン・ベニスの経歴・略歴

ウォーレン・ベニス。米国の経済学者。南カリフォルニア大学リーダーシップ研究所創立者、同大学教授、経営学者。マサチューセッツ工科大学で博士号を取得。マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学、ボストン大学などで教鞭をとった。また、レーガン、カーターなどの政権で大統領顧問を務めた。27冊の著書と2000の論文を書き上げた。著書『リーダーになる』は21か国で翻訳され、大ベストセラーになった。

他の記事も読んでみる

熊谷正寿

インターネットなので、直接現地に行かなくてもいいのではないか、という人もいますが、やはり行かないと始まらないことがある。


ムーター・ケント

私が常に語るのは、ステークホルダーへの価値創造です。決して、株主価値の最大化を否定しているわけではありません。それでも、私たちは株主に加えて、従業員、顧客、市民社会という、全てのステークホルダーに価値を提供できるビジネスモデルに進化する必要があると考えています。それができなければ、株主に対しても持続的に価値を提供することはできない。


小阪裕司

仕事力をつける近道は、自分の仕事だけでなく、先輩や上司の仕事を率先して手伝うこと。そこで上の人間がどういう風に仕事をしているのか、生の現場を見るのが一番の勉強。


長谷川穂積

努力しない人には運も味方しない。一生懸命に練習するとか、そういう努力は必要でしょうね。


早河洋

最近は、ヒットを生む馬力というか、エネルギーが弱まっている、若者のテレビ離れが進んでいるとも言われていますが、そういうタイミングでインターネットテレビ(AbemaTV)という、全く新しいことに関われたというのは、一企業としても、一メディアとしても、大変、幸運だと思っています。その意味でも、何としても成功させたい事業です。


斉藤徹

お客様に断られたときが、イエスをいただく本当の勝負の始まり。営業の現場でメンタルが相当鍛えられました。自分の性格を変えてくれる職に出会え、自分の可能性を自身で見つけることができた。


小林栄三

どんな事業にも失敗は付きもの。しかし、成功が幸運や偶然によってもたらされることがあるのと違い、失敗には必ず理由がある。だから敗因を正しく分析すれば、それは次のチャレンジにつながる。


津曲孝

甲陽園は高級住宅地で、世界を股に掛けて仕事をしている方たちがたくさん住んでおられるので、美味しいお菓子を作ると反応が返ってきます。逆にいえば、いいものを作らないと買ってもらえないので、商売をするには厳しい場所ですが、そのお客様たちに育てられました。


小宮山宏

これからの教育の目的は人間力と学力の向上だと思っています。人間力は、やはり少子化や都市化の影響でどんどん落ちてくる。これはもう避けようがない現実です。でも、インターネットが、人と人との脳みそが連結するツールとなってくれるのなら、それはひとつの救いですね。


平松守彦

「一村一品運動」を始めたのは、地域に誇りを持たせるためです。それぞれの地域の文化・特産品、何でもいいから自分の地域の「顔」となる産業をつくろう、と。


ブッダ(釈迦)

忍耐は煩悩の炎を焼き尽くす最高の力である。


川島永嗣

昔は本やDVDなど勉強する教材が限られていたけど、いまは様々な教材が世の中にあふれています。自宅にいながら「スカイプ」で先生と会話できるし、「ネットフリックス」などで洋画を楽しみながら気軽に学べる。スキマ時間に手軽に勉強できる時代なので、これを利用しない手はないと思います。フランスに住む僕も、移動時間などを利用して映画を観るなど、退化しないように、毎日30分でも英語に触れるようにしています。